小田切(おたぎり)は長野市中西部の地区。本項ではかつて概ね同地域に所在した上水内郡小田切村(おたぎりむら)についても述べる。

小田切
おたぎり
日章旗 日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
自治体 長野市
旧自治体 小田切村
面積
18.42km²
総人口
1,060
住民基本台帳、2013年8月1日現在)
人口密度
57.55人/km²
隣接地区 安茂里地区芋井地区七二会地域戸隠地域篠ノ井地域
長野市役所小田切支所
長野市役所小田切支所
北緯36度38分40.1秒 東経138度7分8.5秒 / 北緯36.644472度 東経138.119028度 / 36.644472; 138.119028座標: 北緯36度38分40.1秒 東経138度7分8.5秒 / 北緯36.644472度 東経138.119028度 / 36.644472; 138.119028
所在地 〒380-0876
長野県長野市大字山田中2545
リンク 小田切支所公式ページ
小田切の位置(長野県内)
小田切
小田切
テンプレートを表示

地理編集

山岳編集

  • 富士ノ塔山

河川編集

歴史編集

おたぎりむら
小田切村
 
廃止日 1954年4月1日
廃止理由 編入合併
長野市、古里村柳原村浅川村大豆島村朝陽村若槻村長沼村安茂里村小田切村芋井村長野市
現在の自治体 長野市
廃止時点のデータ
  日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
上水内郡
総人口 2,906
国勢調査1950年
隣接自治体 上水内郡安茂里村、芋井村、七二会村柵村
更級郡共和村信里村
小田切村役場
所在地 長野県上水内郡小田切村
 表示 ウィキプロジェクト
  • 1875年明治8年) - 水内郡山田村・稲積村が合併して稲田村となる。
  • 1876年(明治9年)5月30日 - 水内郡山田中村・小鍋村が合併して繁木村、宮野尾村・吉窪村が合併して塩生村となる。
  • 1879年(明治12年)1月4日 - 郡区町村編制法の施行により、各村が上水内郡の所属となる。
  • 1883年(明治16年)9月17日 - 繁木村が分割して山田中村・小鍋村となる。
  • 1889年(明治22年)4月1日 - 町村制の施行により、上水内郡山田中村・塩生村・小鍋村の区域をもって小田切村が発足。
  • 1954年昭和29年)4月1日 - 小田切村が長野市に編入。同日小田切村廃止。大字山田中・塩生・小鍋となる。

大字・町丁編集

  • 小鍋
  • 塩生甲
  • 塩生乙
  • 山田中

交通編集

参考文献編集