メインメニューを開く

朝陽(あさひ)は長野市北東部の地域。本項ではかつて概ね同地域に所在した上水内郡朝陽村(あさひむら)についても述べる。

朝陽
あさひ
日章旗 日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
自治体 長野市
旧自治体 朝陽村
面積
6.60km²
総人口
15,111
住民基本台帳、2013年8月1日現在)
人口密度
2,289.55人/km²
隣接地区 吉田地区古牧地区古里地区柳原地区大豆島地区若穂地域
長野市役所朝陽支所
北緯36度39分15.8秒 東経138度14分26.1秒 / 北緯36.654389度 東経138.240583度 / 36.654389; 138.240583座標: 北緯36度39分15.8秒 東経138度14分26.1秒 / 北緯36.654389度 東経138.240583度 / 36.654389; 138.240583
所在地 〒381-0014
長野県長野市大字北尾張部226-9
リンク 朝陽支所公式ページ
朝陽の位置(長野県内)
朝陽
朝陽
テンプレートを表示

目次

地理編集

地域北部を長野電鉄長野線、中央部を国道18号、南部を長野県道58号長野須坂インター線が東西に走る。地域南西端を千曲川がかすめている。

周囲は以下の地区[1]と接する。

長野市街地から5kmほど離れており、駅周辺や幹線道路沿いは宅地・商業開発が進んでいるものの、特に東部においては依然として農地の多く残る地域である。

河川編集

歴史編集

あさひむら
朝陽村
廃止日 1954年4月1日
廃止理由 編入合併
長野市、古里村柳原村浅川村大豆島村朝陽村若槻村長沼村安茂里村小田切村芋井村長野市
現在の自治体 長野市
廃止時点のデータ
  日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
上水内郡
総人口 4,335
国勢調査1950年
隣接自治体 長野市
上水内郡古里村、柳原村、大豆島村
上高井郡綿内村
朝陽村役場
所在地 長野県上水内郡朝陽村
 表示 ウィキプロジェクト
前身各村〜旧朝陽村の歴史
長野市朝陽地区の歴史

大字・町丁編集

石渡編集

石渡(いしわた)は、朝陽地域中央部の地区(大字)。郵便番号は、381-0015

地区北端を長野県道374号北長野停車場中俣線が東西に走り、地区中央部を長野県道372号三才大豆島中御所線が南北に走る。

周囲は以下の大字・町と接する。

地区内はほぼ宅地化されている。また、地区中央部を東西に走る東部幹線(運動公園通り)の開通により、その沿道に近年商業施設が立ち並ぶようになった。地区南東部は富士通長野工場の敷地で占められている。

地区内の人口および世帯数は、1,011世帯 2,576人(平成26年4月1日現在)[2]

交通編集

鉄道

地区内に鉄道は通っていないが、地区北部では長野電鉄朝陽駅南堀)、地区東部では長野電鉄附属中学前駅(南堀)が利用できる。

路線バス

地区東端の運動公園東停留所から、長電バスの以下の路線系統が利用できる。

地区北部では、長野県道374号北長野停車場中俣線を走るぐるりん号の以下の路線系統が利用できる。

施設編集

北尾張部編集

北尾張部(きたおわりべ)は、朝陽地域中央部の地区(大字)。

北長池編集

北長池(きたながいけ)は、朝陽地域中央部の地区(大字)。郵便番号は、381-0025

地区南部を長野県道58号長野須坂インター線(エムウェーブ大通り)が南北に走り、地区中央部を長野県道372号三才大豆島中御所線が南北に走る。また、地区北東部を国道18号がかすめている。

周囲は以下の大字・町と接する。

 
長野五輪スピードスケート会場「エムウェーブ」

地区の大部分は農地であり、集落は地区北西部に固まっているほか、地区北東部の国道18号沿いには住宅地(千曲住宅地)が開発されている。

地区南端には1998年平成10年)の長野オリンピックに際してスピードスケート会場「エムウェーブ」が建設され、北側に隣接して11階建て4棟からなるメディア村(プレス用宿泊施設)が整備された。メディア村は現在長野県住宅供給公社の団地として供用されている。

「長池」という地名の由来は、南長池#概要を参照

地区内の人口および世帯数は、1,029世帯 2,694人(平成26年4月1日現在)[2]

交通編集

路線バス

地区北部では、国道18号を走る長電バスの以下の路線系統が利用できる。

地区中央部では、アルピコ交通川中島バス)の以下の路線系統が利用できる。

地区南部では、エムウェーブ大通りを走る長電バスの以下の路線系統が利用できる。

施設編集

北堀編集

北堀(きたぼり)は、朝陽地域北部の地区(大字)。郵便番号は、381-0005

地区南端を長野電鉄長野線が東西に走り、南堀との境をなす。地区中央部には長野県道372号三才大豆島中御所線が南北に走る。

周囲は以下の大字・町と接する。

地区西部〜北東部にかけて宅地化されているが、地区南東部は農地で占められる。

南堀との境にある長野電鉄朝陽駅は、駅本屋・出入口こそ南堀側にあるものの、小規模な駅前商店街は北堀側に形成されている。

地区内の人口および世帯数は、1,035世帯 2,582人(平成26年4月1日現在)[2]

交通編集

鉄道
路線バス

長野県道372号三才大豆島中御所線を走る、ぐるりん号の以下の路線系統が利用できる。

施設編集

桜新町編集

桜新町(さくらしんまち)は、朝陽地域中西部の地区。

南堀編集

南堀(みなみぼり)は、朝陽地域北部の地区(大字)。郵便番号は、381-0016

地区北端を長野電鉄長野線が東西に走り、北堀との境をなす。地区南端を長野県道374号北長野停車場中俣線が東西に走り、地区中央部を長野県道372号三才大豆島中御所線が南北に走る。

周囲は以下の大字・町と接する。

概ね県道372号を境に西側に住宅地が広がっており、東側は農地が多い。この農地の中に東証一部上場のきのこメーカー・ホクトの本社ビルがそびえる。

地区南東部の長野電鉄附属中学前駅を取り囲むように信州大学の附属小・中・特別支援学校の校地が広がっており、その南側に新興住宅地が拓かれている。

地区内の人口および世帯数は、1,147世帯 2,721人(平成26年4月1日現在)[2]

交通編集

鉄道
路線バス

長野県道374号北長野停車場中俣線長野県道372号三才大豆島中御所線を走る、ぐるりん号の以下の路線系統が利用できる。

施設編集

屋島編集

屋島(やしま)は、朝陽地域南部の地区(大字)。郵便番号は、381-0021

地区東端を千曲川が流れる。地区中央部を長野県道58号長野須坂インター線(エムウェーブ大通り)が東西に走る。

周囲は以下の大字・町と接する。

 
屋島橋で須坂市とつながる

大部分が農地で占められており、集落は地区北部の北屋島と、地区中西部の南屋島がある。

「屋島」としての歴史は比較的浅く、江戸時代高井郡福島村(現 須坂市)の新田として開発された福島新田(ふくじましんでん=現 北屋島)と、高井郡綿内村(現 長野市若穂綿内)の新田として開発された土屋坊(どやぼう=現 南屋島)に、北長池村の一部を併せて、1886年明治19年)に上水内郡屋島村として成立している。なお、現在では福島・綿内はともに千曲川の対岸に位置するが、千曲川の流路が移り変わる中で分断されたと考えられる[3]

地区内の人口および世帯数は以下の通り(平成26年4月1日現在)[2]

世帯数 人口
南屋島 327世帯 859人
北屋島 180世帯 565人
507世帯 1,424人

交通編集

路線バス

地区北部(北屋島)では、アルピコ交通川中島バス)の以下の路線系統が利用できる。

地区南部では、エムウェーブ大通りを走る長電バスの以下の路線系統が利用できる。

施設編集

出身著名人編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ここでは長野市役所の支所管轄に基づく地区を指す。
  2. ^ a b c d e 長野市町別人口及び世帯数 Archived 2014年4月14日, at the Wayback Machine. - 長野市企画政策部企画課
  3. ^ 第13回 千曲塾 - 国土交通省北陸地方整備局 千曲川河川事務所

外部リンク編集