メインメニューを開く

大豆島(まめじま)は、長野県長野市東部郊外に広がる地域。

  1. 【最狭義】大字大豆島の範囲。
  2. 【狭義】1.に、大字大豆島から住居表示実施などで分かれた大豆島西沖・松岡一・二丁目を加えた範囲。1879年明治12年)末時点の上水内郡大豆島村域に相当。
  3. 【広義】2.に大字風間を加えた範囲。1951年昭和26年)4月時点の上水内郡大豆島村域に相当。長野市役所大豆島支所管内の範囲。本項で解説
大豆島
まめじま
日章旗 日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
自治体 長野市
旧自治体 大豆島村
面積
4.83km²
総人口
12,519
住民基本台帳、2013年6月1日現在)
人口密度
2,591.93人/km²
長野市役所大豆島支所
北緯36度38分0.4秒 東経138度13分42.1秒 / 北緯36.633444度 東経138.228361度 / 36.633444; 138.228361座標: 北緯36度38分0.4秒 東経138度13分42.1秒 / 北緯36.633444度 東経138.228361度 / 36.633444; 138.228361
所在地 〒381-0022
長野県長野市大字大豆島1054-1
リンク 大豆島支所公式ページ
大豆島の位置(長野県内)
大豆島
大豆島
テンプレートを表示

地域内の人口は、3.の範囲(長野市役所大豆島支所管内)は5,046世帯 12,673人、2.の範囲は3,466世帯 8,549人(平成30年3月1日現在)[1]

本項では、かつて概ね同区域に所在した上水内郡大豆島村(まめじまむら)についても述べる。

目次

概要編集

地域東端を千曲川、南端を犀川が流れ、地区東部で合流する。地域南部から東部にかけて長野県道372号三才大豆島中御所線東外環状線)、中央部に長野県道34号長野菅平線が通過する。周囲は以下の地域と接する。

 
千曲川(左)・犀川合流点。写真右が大豆島地区

千曲川と犀川の合流点に位置する当地区の地名は「大豆を2まけば222升とれた」という言い伝えに由来すると言い[2]、その通り肥沃な地で農業が盛んであった。一方古くから千曲川・犀川による浸食を多く受けた地であり、以前は地域の中央部を犀川、北部を裾花川が横切っていたと考えられる[3]。旧大豆島村が1879年明治12年)の郡区町村編制法施行まで水内郡ではなく犀川対岸の更級郡に属していたのも、河川の流路が移り変わってきた経緯による。

現在でも田畑が多く残るが、長野市街地までバス・車で20分程度という立地によりベッドタウンとしても発展。大豆島東団地のほか、区画整理が為された松岡なども宅地化が進んでいる。また、近年東外環状線沿いにはロードサイド店舗やレジャー施設が進出するようになった。犀川・千曲川沿いには工場が多く立地するほか、清掃工場産廃処理場や下水処理場などの処理施設も集中しており、一部住民から反発の声も上がっている[4]

当地域は長野市内では数少ない、夏(旧盆)に成人式を行う地域の一つである。また、祭りに際して歌い踊られる「大豆島甚句」は、かつて善光寺平一帯に伝わっていた甚句江戸時代の歌詞を、唯一完全な形で唄い継いでいるものである。

沿革編集

まめじまむら
大豆島村
廃止日 1954年4月1日
廃止理由 編入合併
長野市、古里村柳原村浅川村大豆島村朝陽村若槻村長沼村安茂里村小田切村芋井村長野市
現在の自治体 長野市
廃止時点のデータ
  日本
地方 中部地方甲信越地方信越地方
都道府県 長野県
上水内郡
総人口 4,342
国勢調査1950年
隣接自治体 長野市
上水内郡朝陽村
更級郡真島村
上高井郡川田村綿内村
大豆島村役場
所在地 長野県上水内郡大豆島村
 表示 ウィキプロジェクト
旧大豆島村の歴史
長野市大豆島の歴史

風間編集

風間(かざま)は、大豆島地域北部の地区(大字)。郵便番号は、381-0023

松岡編集

松岡(まつおか)は、大豆島地域西部の地区。松岡一・二丁目がある。郵便番号は、381-0026

地区の北端を四ヶ郷用水が流れ、北寄りを長野県道372号三才大豆島中御所線旧道が東西に横切る。周囲は以下の大字町丁と接する。

県道372号より南側は区画整理が完了しており、宅地化が進んでいる。二丁目にはながの環境エネルギーセンター(ごみ焼却施設)と、その排熱を利用するプール・サンマリーンながのがあり、多くの子供が集まる。

地区内の人口および世帯数は以下の通り(平成30年3月1日現在)[1]

行政区 世帯数 人口
松岡一丁目 496世帯 1,206人
松岡二丁目 338世帯 956人
大字大豆島(松岡) 68世帯 115人
902世帯 2,277人

交通編集

路線バス編集

地区内を走る、アルピコ交通の以下の路線系統が利用できる。

  • アルピコ交通

以前は松岡二丁目に川中島バス(現 アルピコ交通)本社営業所があったためバスが日中でも5分〜10分おきに運行されていたが、同社の移転後は30分間隔程度まで減便された。

また、2016年(平成28年)に長電バス 14 保科温泉線とアルピコ交通 46 大豆島線が統合される前は、長電バスが松岡一丁目の北部を東西に横切っていた。

施設編集

松岡一丁目編集

  • NTT東日本 大豆島電話交換所
  • 松岡神社
  • 中村商会本社

松岡二丁目編集

 
サンマリーンながの

大豆島(大字)編集

大豆島(まめじま)は、長野市の東郊外にある地区(大字)。郵便番号は、381-0022

地区の東端を千曲川、南端を犀川が流れ、地区南東で合流している。東部を長野県道372号三才大豆島中御所線東外環状線)・五輪大橋有料道路が南北に通り、南西部を長野県道34号長野菅平線が東西に通る。周囲は以下の大字町丁と接する。

田畑・果樹園が広がる地域だが、東外環状線沿いには商業施設が軒を連ねる。また、主に川沿いに工場が多い。

地区内の人口および世帯数は以下の通り(平成30年3月1日現在)[1]。なお、この値は松岡住居表示未施行区域分を含まない一方、大豆島西沖の分を含む。

行政区 世帯数 人口
大豆島上区 1,198世帯 2,907人
大豆島中区 560世帯 1,346人
大豆島下区 510世帯 1,256人
大豆島東区 296世帯 763人
2,564世帯 6,272人

概ね大豆島東団地周辺が東区。 東区北側の大豆島交番周辺、長野県道372号三才大豆島中御所線沿いの地区が下区。 大豆島西沖を含む長野県道34号長野菅平線より北東側が中区。 南西側が上区。

交通編集

路線バス編集

地区内を走る、アルピコ交通長電バスの以下の路線系統が利用できる。

  • アルピコ交通・長電バス共同運行
  • 路線統合前の長電バスは松岡方面から大豆島小学校を経由して県道34号を南下し、落合橋を渡るルートをとっていた。

施設編集

大豆島西沖編集

大豆島西沖(まめじま にしおき)は、大豆島地域北西部の地区。郵便番号の設定はない。

地区の南西端を長野県道34号長野菅平線が通過する。周囲は以下の大字町丁と接する。

地区のほぼ全域が住宅地公園で占められる小さな地区である。

地区内の人口および世帯数については、当地区分のみを計上した統計がなく、大字大豆島に含まれる。

交通編集

長野県道34号長野菅平線上にアルピコ交通長電バスわかば公園前停留所があり、以下の路線系統が利用できる。

施設編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 長野市町別人口及び世帯数 - 長野市企画政策部企画課
  2. ^ 大豆島甚句 - 長野市文化財データベース
  3. ^ 裾花川水系[リンク切れ] - 長野市教育会郷土誌委員会
  4. ^ 長野市大豆島ゴミ問題を考える会

外部リンク編集