メインメニューを開く

尾鷲中継局(おわせちゅうけいきょく)は、三重県尾鷲市にある中継局

中継局概要編集

デジタルテレビ編集

リモコン
キーID
放送局名 物理
チャンネル
空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
1 THK
東海テレビ放送
15ch 10W 76W 中京広域圏 約12,000世帯 水平偏波
2 NHK名古屋
教育
13ch 全国
3 NHK津
総合
32ch 三重県
4 CTV
中京テレビ放送
17ch 中京広域圏
5 CBCテレビ 16ch
6 NBN名古屋テレビ放送
愛称「メ~テレ」
14ch
7 MTV
三重テレビ放送
31ch 三重県

FMラジオ編集

放送局名 周波数 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面
三重エフエム放送
(radio CUBE FM三重)
80.4MHz 音声100W 音声360W 三重県 約-世帯 水平偏波
NHK津
FM
84.5MHz

AMラジオ編集

放送局名 コールサイン 周波数 空中線電力 放送対象地域 放送区域
内世帯数
CBCラジオ JOAW[1] 801kHz 音声100W 中京広域圏 約-世帯
SF
東海ラジオ放送
JOSM[2] 1062kHz
NHK名古屋
第1
JOCU[3] 1161kHz
NHK名古屋
第2
JODS 1539kHz 全国

廃止された局の概要編集

アナログテレビ編集

放送局名 チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
偏波面 放送終了日
NHK津
総合
4ch 映像100W/
音声25W
映像870W/
音声220W
三重県 約-世帯 水平偏波 2011年7月24日
CBC
中部日本放送
6ch 映像860W/
音声210W
中京広域圏
THK
東海テレビ放送
8ch 映像830W/
音声210W
NBN名古屋テレビ放送
愛称「メ~テレ」
10ch
NHK名古屋
教育
12ch 映像870W/
音声220W
全国
CTV
中京テレビ放送
26ch 映像890W/
音声220W
中京広域圏
MTV
三重テレビ放送
28ch 三重県

所在地編集

テレビ・FMラジオ編集

 
天狗倉山上にある中継局

AMラジオ編集

  • NHK:尾鷲市中央町7-1 「尾鷲市立尾鷲小学校」南
  • SF・CBC:尾鷲市矢浜2-4-44 「尾鷲市立矢浜小学校」西

放送エリア編集

デジタルテレビ編集

アナログテレビ、FM・AMラジオ編集

  • 尾鷲市の大部分と北牟婁郡紀北町の海岸部。

歴史編集

デジタルテレビ編集

アナログテレビ編集

AMラジオ編集

  • 1946年3月1日 社団法人日本放送協会・名古屋中央放送局(現・NHK名古屋放送局)尾鷲臨時放送所・ラジオ第1(コールサイン:JOCK5・出力:50W)が開局。
  • 1948年7月1日 尾鷲臨時放送所が正式な放送所に昇格し、第1放送のコールサインが「JOCU」に変更。
  • 1957年4月1日 NHK名古屋ラジオ第2(コールサイン:JODS・出力:100W)が開局。
  • 1961年11月1日 SF東海ラジオ放送・尾鷲放送局(コールサイン:JOSM・周波数:1060kc(kHzと同義)・出力:100W)が開局。
  • 1961年11月頃 CBC中部日本放送・尾鷲ラジオ放送所(コールサイン:JOAW・出力:100W)が開局。
  • 1967年11月1日 NHKラジオ第1・ラジオ第2のコールサインが廃止。
  • 1978年11月23日 AMラジオ放送の周波数が、10kHz間隔から9kHz間隔に変更された。当中継局の各放送局の周波数も、現在の周波数に変更された。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ その後開局した関西インターメディア(現:FM802)のFM COCOLOにJOAW-FMとして再付与された。
  2. ^ その後SF東海ラジオ放送・豊橋放送局に再付与された。
  3. ^ その後開局した愛知音楽エフエム放送(現・エフエム愛知)にJOCU-FMとして再付与された。
  4. ^ 三重県の開局状況 総務省 東海総合通信局
  5. ^ 東海地区の開局情報(三重県)/【表4】尾鷲中継局(尾鷲市:天狗倉山)[リンク切れ] 総務省 東海総合通信局

関連項目編集