山上 八郎(やまがみ はちろう、1902年明治35年)2月5日 - 1980年昭和55年)4月15日)は、日本軍事史学者。特に日本の甲冑についての研究で名を知られる。

年表編集

業績編集

山上が帝国学士院より受賞した研究『日本甲冑の新研究』は、上下巻を合わせて2500ページに迫る膨大なもので、その中で紹介されている日本全国の甲冑資料も、非常に豊富である。現代の甲冑研究にも強い影響を与え続けている大著である。

人物編集

「万巻の書を読み千里の道を行く」を一生の目標とし、大学時代より日本各地を旅行して甲冑を捜索した[2]。服飾史学者の河鰭実英や城郭研究者の鳥羽正雄と親交があったが[4]、特に鳥羽とは小学校以来の付き合いがあり[5]、山上が東洋大学より文学博士号を取得したのも鳥羽の推薦があったためという[4]。一方で、考古学者の末永雅雄日本甲冑武具研究保存会会長の斉藤直芳などとは関係が悪く[6]、風俗史学者の江馬務からは嫌われていたという[7]

山上に師事して甲冑の製作、復元修理を行っていた甲冑師・明珍宗恭の証言によると、癖の強い性格の持ち主で、旅先や取材先でも奇行やいたずらに及ぶことがたびたびあったという。

著書編集

  • 『日本甲冑の新研究』(上・下)歴史図書社、1928年、訂正版が1942年に飯倉書店より刊行
  • 『日本の甲冑 創元選書22』 創元社、1939年
  • “JAPAN'S ANCIENT ARMOUR”(英文)Board of Tourist Industry, Japanese Government Railways(鉄道省国際観光局)、1940年
  • 『日本精神と甲冑』 文明社、1941年
  • 『兜の研究 大東名著選14・23』(上・下)大東出版社、1941 - 42年
  • 『日本甲冑考 巻1』 三友社、1942年
  • 『戦争と日本民族』 文明社、1942年
  • 『甲冑 アルス文化叢書26』 アルス、1942年
  • 『北条時宗 偉人叢書18』 三教書院、1942年
  • 『日本甲冑100選』 秋田書店、1974年
  • 『鎧と兜 カラーブックス344』 保育社、1975年

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 山上 1974, p. 293.
  2. ^ a b c 山上 1974, p. 294.
  3. ^ 日本甲冑論考 - CiNii 博士論文、2020年10月18日閲覧。
  4. ^ a b 吉田 1992, p. 63.
  5. ^ 山上 1974- 鳥羽正雄による序
  6. ^ 吉田 1992, p. 51.
  7. ^ 石田 2007, p. 46.

参考文献編集

  • 山上, 八郎 『日本甲冑100選』秋田書店、1974年3月15日。 
  • 吉田, 幸平 『奇人山上八郎伝』よろいの館吉田濃飛甲冑研究所、1992年4月1日。 
  • 石田, 謙司 『甲冑師・明珍宗恭と語る 黒澤明が愛した最後の職人』小学館スクウェア、2007年11月1日。ISBN 9784797980721 
  • 早稲田大学會津八一記念博物館 編 『サムライの美学 - 甲冑師明珍宗恭とそのコレクション -』早稲田大学會津八一記念博物館、2009年9月。 
  • 石田, 謙司 『山上八郎著帝国学士院賞受賞『日本甲冑の新研究』の研究』歴研、2009年10月1日。ISBN 9784903991313