メインメニューを開く

山口 恭平(やまぐち きょうへい、1981年1月2日[1] - )は、主に特撮テレビドラマ作品の監督演出家愛知県出身[1]

来歴編集

専門学校を卒業後、2002年の『仮面ライダー龍騎』より仮面ライダーシリーズの助監督として携わり、ネットムービーやオリジナルビデオを手掛ける[1]

2010年に『仮面ライダーW』の雑誌付録DVDで初監督[1]。2012年には『仮面ライダーフォーゼ』第23話にて本編の監督デビューした[1]。その後はローテーション監督に昇格し、『仮面ライダードライブ』などの演出を担当、『ドライブ』から『仮面ライダービルド』まで4作連続で最多演出を担当した[1]。2018年12月22日公開の『平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER』にて初の劇場版の監督を務める[2][1]

人物編集

父親が映画好きであった影響から自身も映画や特撮好きとなり、中学生時代から将来の職業として映像業界を考えていた[1]。幼少期は『仮面ライダーBLACK』を放送していたが怖くて観ておらず、ウルトラシリーズゴジラシリーズを好んでいた[1]。一番好きな怪獣に『ゴジラvsビオランテ』のビオランテを挙げている[1]

専門学校卒業前にはカメラ機材会社に内定が決まっていたが、同校の先輩で当時『仮面ライダーアギト』の助監督を務めていた柴崎貴行が就職課に仮面ライダーシリーズの助監督の募集をかけていたことから、仮面ライダーに携わりたいと考え内定を断り『龍騎』へ参加した[1]

作品編集

テレビ編集

映画編集

オリジナルビデオ編集

ネットムービー編集

プラネタリウム映画編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 「[インタビュー]山口恭平」『宇宙船』vol.163(WINTER 2019.冬)、ホビージャパン、2018年12月29日、 42-43頁、 ISBN 978-4-7986-1842-5
  2. ^ a b 「仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER」監督は山口恭平、脚本は下山健人”. 映画ナタリー (2018年9月2日). 2018年9月2日閲覧。
  3. ^ “「仮面ライダービルド」新世界が舞台のVシネ「仮面ライダークローズ」、主役は万丈だ”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年8月26日). https://natalie.mu/eiga/news/296860 2018年9月2日閲覧。 
  4. ^ 松島庄汰も歓喜!『仮面ライダーブレン』はネタじゃなかった!4月下旬放送決定|TVLIFE web - テレビがもっと楽しくなる!” (日本語). TV LIFE. 2019年4月2日閲覧。

外部リンク編集