メインメニューを開く

山形県立東桜学館中学校・高等学校

山形県立東桜学館中学校・高等学校(やまがたけんりつ とうおうがっかんちゅうがっこう・こうとうがっこう,Yamagata Prefectural Touohgakkan Junior & Senior High School)は、山形県東根市に所在し、中高一貫教育を提供する山形県立中高一貫校

山形県立東桜学館中学校・高等学校
Yamagata Prefectural Touohgakkan Junior & Senior High School.jpg
国公私立の別 公立
設置者 山形県の旗 山形県
学区 県下一円
設立年月日 2016年4月1日
共学・別学 男女共学
中高一貫教育 併設型(外部混合有)
課程 全日制課程
単位制・学年制 学年制
設置学科 普通科
学期 3学期制
高校コード 06117E
中学校コード 060188[1]
所在地 999-3730
山形県東根市中央南一丁目7番1号
北緯38度25分45.6秒 東経140度23分25.9秒 / 北緯38.429333度 東経140.390528度 / 38.429333; 140.390528座標: 北緯38度25分45.6秒 東経140度23分25.9秒 / 北緯38.429333度 東経140.390528度 / 38.429333; 140.390528
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
山形県立東桜学館中学校・高等学校
Yamagata Prefectural Touohgakkan Junior & Senior High School.jpg
情報
設計者 本間利雄建築設計事務所+地域環境計画研究室[2]
施工 市村工務店・千歳建設特定建設共同企業体(校舎棟)
升川建設・丸伸建設特定建設共同企業体(体育館棟)
黒澤建設工業(空調・衛生給排水)
ジェック(電気)[2]
建築主 山形県
構造形式 RC造SRC造S造 [2]
敷地面積 24,000.18 m²
建築面積 6,615.64 m² (建蔽率28%)
延床面積 18,558.35 m² (容積率77%)
階数 地上5階[2]
着工 2014年10月
竣工 2016年
開館開所 2016年4月1日
テンプレートを表示

目次

概要編集

山形県教育委員会の県立高等学校再編計画に則り、県下初の併設型中高一貫校として、2016年4月に開校した。東桜の名は、学校の所在する東根市がさくらんぼの生産高日本一であることになどを踏まえ命名した[2]

東桜学館は、2016年3月で閉校した山形県立楯岡高等学校を母体として発足した。校歌は作詞を山形市出身の作家である小川糸、作曲を岩手県出身の作曲家である八木沢教司がそれぞれ手掛けた[3]

同校の特色の一つとして探究型学習に力を入れていることが挙げられる。東北芸術工科大学との連携では「未来創造プロジェクト」と題した総合学習のカリキュラムを設けているほか、実験を多く取り入れた理数教育などにも力を入れている[4]

設置学科編集

沿革編集

  • 2005年(平成17年)3月 - 「県立高校教育改革実施計画」を策定し、併設型中高一貫教育校や中等教育学校の設置の可能性を調査研究することとする。
  • 2007年(平成19年)2月 - 外部有識者による「山形県の中高一貫教育の在り方に関する検討委員会」を設置し、導入することが望ましいという報告を受ける。
  • 2009年(平成21年)
    • 6月 - 山形県教育委員会、「山形県中高一貫教育校設置構想」を策定し、併設型の中高一貫教育校をモデル的に設置する方針を提示。
    • 12月 - 「山形県中高一貫教育校設置計画(内陸地区)」を策定。
  • 2010年(平成22年)
    • 1月 - 山形県教育委員会「北村山地区の県立高校再編整備計画」の中で東根中高一貫校(仮称)の設置を公表。
    • 5月 - 東根中高一貫校(仮称)教育基本計画策定委員会を設置。
  • 2012年(平成24年)3月 - 「東根中高一貫校(仮称)教育基本計画」を策定。
  • 2014年(平成26年)10月 - 山形県教育委員会、「東根中高一貫校(仮称)」の校名を「山形県立東桜(とうおう)学館中学校・高等学校」とすると発表。
    • 山形県県立学校設置条例の改正(平成27年6月議会予定)までは、仮称として使用される予定。
  • 2016年(平成28年)
    • 3月31日 - 山形県立楯岡高等学校が閉校。
    • 4月1日 - 山形県立東桜学館中学校・高等学校が開校。高2・3は楯岡高等学校から転入。中1・高1が入学。(中2・3の募集は行わない)
  • 2017年(平成29年)
  • 2018年(平成30年)4月1日 - 併設中学校が3学年そろう(中1から高3まで6学年がそろう)。
  • 2019年4月1日 - 併設中学校第1回生が併設高校に入学(併設中学校以外からも募集を行う)。
  • 2021年4月1日 - 中高一貫が完成(併設高校3学年すべてに併設中学校からの進学者が在籍している状態)。

部活動編集

中学校編集

  • 軟式野球部、陸上競技、バスケットボール、バレーボール(女子)、サッカー、テニス、卓球、剣道、弓道、吹奏楽、美術、書道、自然科学[5]

高等学校編集

  • 硬式野球(男子)、ソフトボール(女子)、陸上競技、バスケットボール(男子)、バスケットボール(女子)、バレーボール(女子)、サッカー(男子)、硬式テニス、ソフトテニス、卓球、バドミントン、剣道、弓道、山岳、吹奏楽、美術、書道、演劇、放送、写真・新聞、茶道、自然科学、かるた[6]

交通アクセス編集

関連項目編集

出典編集

  1. ^ 山形県所属中学コード表 - 教育開発ONLINE (PDF)”. 教育開発出版株式会社. 2018年12月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e 『スクールアメニティ』2017年2月号
  3. ^ 「いつかは優しい花になりたい 来春開校東桜学館の校歌 作詞は小川糸さん」『朝日新聞』山形版 2015年11月28日
  4. ^ 「検証 県予算 (3)教育 探究型学習 普及図る」『読売新聞』山形版 2017年2月21日
  5. ^ 部活動(中学校)
  6. ^ 部活動(高校)
  7. ^ 交通アクセス

外部リンク編集