メインメニューを開く

山本鉱太郎

山本 鉱太郎(やまもと こうたろう、1929年9月15日 - )は東京都江東区深川木場出身の旅行作家、劇作家。現在千葉県流山市在住。栃木県立足利高等学校群馬大学卒。旅行をテーマにした作品の小説が多い。日本旅のペンクラブ代表。

来歴編集

  • 1929年9月15日 東京都江東区深川木場に生まれる。父は材木商。4人兄弟の長男。
  • 1936年 江東区立明治小学校入学。
  • 1943年 東京都立第七中学校入学(現東京都立墨田川高等学校)。
  • 1945年3月10日 B-29による東京大空襲で戦災に遭い、九死に一生の体験。一家は親戚を頼って栃木県足利市に疎開する。
  • 1945年9月 栃木県立足利中学校に編入入学。母の闘病生活始まる。
  • 1948年4月 官立桐生工業専門学校応用化学科入学。桐生の寮に下宿。
  • 1949年 群馬大学工学部応用化学科に入学。学習塾を開いたり、ユネスコ運動をしたりして充実した学生生活を送る。
  • 1953年 群馬大学を卒業。父の家業を継がず、昭和30年頃より放送作家となる。しばらくは江東区深川平野1丁目の焼跡に建っていたバラック住宅に家族と住み、やがて新築。
  • 1962年4月8日 厚生省に勤めていた坪井啓子と結婚し、横浜市日吉に新居を構える。電通のPR誌を編集しながら、全国を取材してまわる。
  • 1967年1月 日本交通公社発行の月刊誌「」で、紀行文学賞受賞。選者は水上勉安岡章太郎小松伸六岡田喜秋。「秘湯今神温泉」。旅行作家という新たな肩書を作って全国を取材し、紀行文を生業とする。
  • 1968年8月 旅行作家の会を結成して、紀行文学の隆盛をはかる。
  • 1968年3月 千葉県流山市に転居。以来、日本各地のふるさと運動に関わり1年の内150日ぐらい旅をつづける。
  • 1978年11月 流山市博物館友の会を結成して、ふるさと運動を始める。
  • 1987年10月 手賀沼汚染ワーストワンをなんとかしようと反公害オペラ「手賀沼讃歌」を書いて公演し、朝日新聞の「天声人語」で取り上げられる。その後再演。
  • 1985年4月 国際観光専門学校の講師となり、「日本旅の文化史」と「日本観光地理」を授業。
  • 1994年10月 NHK文化センターの講師となり、「紀行文の書き方と名作鑑賞」などを授業。また日本各地で講演、シンポジウムを開く。
  • 2006年4月 朝日カルチャーセンター「松尾芭蕉と奥の細道」講師。現在に至る。

2005年12月、社会教育功労者として文部科学大臣より表彰される。日本ペンクラブ、日本推理作家協会、旅行記者クラブ、日本旅のぺ、旅行作家の会会員。趣味はカメラ、郷土玩具収集、料理、水泳、ハーモニカ、スケッチ。いまも年間100日は国内外の旅を続けている。

著書編集

  • 『江戸川図志』(2001/6/30 崙書房出版)
  • 『房総の街道繁盛記』(1999/8/10 崙書房出版)
  • 『旧水戸街道繁盛記(上、下)』(1994/10/10 崙書房出版)
  • 『新・利根川図志(上、下)』(1998/3/3 崙書房出版)
  • 『川蒸気通運丸物語』 (1980/11/30 崙書房出版)
  • 『復刻鉄道唱歌(東北 常磐 房総線)』(1983/10/20 崙書房出版)
  • 『日本列島なぞふしぎ旅(全7巻)東北北海道編、関東編、中部東海編、北陸甲信越編、関西編、中国四国編、九州沖縄編』(1992/5~1994/4 新人物往来社)
  • 『奥の細道なぞふしぎ旅(上、下)」(1996/10/15 新人物往来社)
  • 『温泉大百科(上、中、下)』(1988 ぎょうせい)
  • 『東京たべあるき地図』(1982 昭文社)
  • 『ブルーガイドパック 東京下町』(1997 実業之日本社)
  • 『郷土玩具の旅 東日本編』(1977 保育社)
  • 『郷土玩具の旅 西日本編』(1977 保育社)
  • 『日本の「富士」たち』(1992 講談社)
  • 『九州謎とき旅』(2000 廣済堂出版)
  • 『秘境のいで湯』(1974 島村出版)
  • 『温泉療養案内』(1979 実業之日本社)
  • 『東京 山手ぶらり散歩』(1985 保育社)
  • 『東京 下町ぶらり散歩』(1984 保育社)
  • 『土鈴収集の旅』(1978 保育社)
  • 『民芸の里・郷土玩具の町』(1980 実業之日本社)

劇作編集

  • 『青年たちの運河』(芝居) 1985/3/31
  • 『名人 関根金次郎の生涯』(芝居) 1988/11/20
  • 『智恵子抄』(オペラ) 1989/10/6
  • 『手賀沼讃歌』(オペラ) 1992/10/11
  • 『山林鉄道』(芝居) 2000/4/14
  • 『こんぶくろ池のうなぎ姫』(ミュージカル) 2000/11/15