山陽電気鉄道6000系電車

山陽6000系電車から転送)

山陽電気鉄道6000系電車(さんようでんきてつどう6000けいでんしゃ)は、山陽電気鉄道(山陽電鉄)が保有する3扉の通勤形電車である。

山陽電気鉄道6000系電車
Sanyo 6000 akashi.JPG
運用開始直後の6000系
(明石駅・2016年4月28日)
基本情報
運用者 山陽電気鉄道
製造所 川崎重工業車両カンパニー
製造年 2016年 -
運用開始 2016年4月27日
主要諸元
編成 3両編成・4両編成・3両+3両の6両編成
軌間 1,435 mm (標準軌
電気方式 直流1,500V
架空電車線方式
最高運転速度 110 km/h
設計最高速度 130 km/h
起動加速度 3.0 km/h/s
減速度(常用) 4.2 km/h/s
減速度(非常) 4.5 km/h/s
編成定員 379名
車両定員 先頭車122名
中間車135名
全長 18,880 mm
全幅 2,790 mm
全高 4,047 mm
車体 アルミニウム合金(efACE)
台車 ボルスタ付軸はり式空気ばね台車
KW-204(M台車)・KW-205(T台車)[1]
主電動機 全閉自冷式かご形三相誘導電動機
MB-5158A[1]
主電動機出力 180 kW[1]
駆動方式 WN平行カルダン駆動方式低騒音形ギアユニット[1]
歯車比 5.47(82/15)[1]
編成出力 1440kW
制御方式 IGBT素子VVVFインバータ制御
制御装置 三菱電機製 MAP-184-15V270[1]
制動装置 電気指令式電磁直通ブレーキ[1]
保安装置 阪神・山陽・阪急形ATS
備考 3両編成のみ都市形ワンマン運転対応
テンプレートを表示

老朽化が進んでいる3000系列を置き換える目的で、2016年より導入を開始した[2]

山陽電気鉄道では車両の形式称号について書類上は「クモハ」や「モハ」などの車種を示す記号を用いているが、車両番号で車種が判別可能なため、通常は車体表記を含めて省略されている[3]。このため、本記事の以下の記述では、車種構成の項以外についてはこれらの記号を基本的に省略し、必要に応じて (Mc) や (T) などの略記号を付して解説する。また、編成表記については神戸西代三宮)方先頭車の車両番号で代表し、6010編成の様に表記する。

概要編集

山陽電鉄では旧性能車の置き換えと阪神大阪梅田への直通特急運行に対応する車両として、1986年から2000年までの14年間にわたり、5000系・5030系を大量増備した。以来3000系列のリニューアル改造などで長年 新車導入はなかったが、さらなる旅客サービスの向上と柔軟な運用にも対応した汎用型車両として6000系が開発された。また、山陽電鉄における21世紀初の新型車両でもある。

最初に導入を開始した3両編成は2編成連結による6連での直通特急運用に対応している[4]網干線ワンマン運転にも対応する。2編成連結時の連結順は奇数車番の編成を姫路方とするよう指定しており、先頭車の仕様の相違から車種構成は偶数車番の編成がMc1 - T - Mc2、奇数車番の編成がMc3 - T - Mc4(組成順はいずれも大阪方から)とされ[5]、Mc2とMc3の前面には貫通幌枠と電気連結栓が設けられている[5]。転落防止幌の取付けも可能[4]。Mc1とMc4の前面には幌枠・電気連結栓は設けられていない[5]。また、6008編成以降の車両は、幌枠の形状が変更されている。2019年6月より4両編成の導入が開始された。これにより、一部の3050系を置き換えている[6][7]。4両編成は大阪方先頭車はMc1、姫路方先頭車はMc4としており、幌枠は装備しない。なお、山陽電鉄における4両編成車の新造は1990年の5000系5020・5022編成以来、29年振りである[8]

編成両端の連結器は、従来の山陽電鉄車両とは異なり廻り子式密着連結器を採用している[1][9]

車体編集

車体はアルミニウム合金で、コーポレートカラーの赤を継承した「イノセントレッド」を採用している。また、車体側面のドア横には、朝日をイメージしたグラデーションがデザインされている[4]

前面・側面の種別・行先表示にはフルカラーLEDが採用されている、また、前照灯もLEDを採用しており、いずれも山陽では初となる。行先表示にフルカラーLEDを採用したことにより、神戸三宮駅行きの列車での阪急方面[10]・阪神方面[11]の色分けも方向幕と同じように行われている。また、側面行先表示器は5000系・5030系と比べて横方向に拡大されており、左端には号車表示もなされている。また2020年初めに2019年10月1日の阪神阪急の「大阪梅田」への改称を受けて、 車内外の行先方向表示が「阪神梅田」から 「阪神大阪梅田」に切り替えられた。阪神車両と5030系では「阪神大阪梅田」の文字は全て同じ大きさだが、6000系と5000系リニューアルでは、 阪神の文字が小さく描かれている。おそらく、 「阪神神戸三宮」の表記に合わせたものだと思われる。

内装編集

白を基調とした天井板、化粧板に加え、大窓ガラスの採用により開放感のあるクリアでスマートな印象としている。

車内の座席は、赤系(優先座席は青系)のロングシートで、兵庫県花の「のじぎく」があしらわれている。全車両に優先席と車椅子・ベビーカースペースを設けている。また、山陽電鉄の新造車では初めて、ロングシートの両端に袖仕切り(先に5000系のロングシート改造車で採用されたものとは異なり、東京メトロ16000系電車と同等のもの)が設けられた。

また、乗降口上部には山陽電車としては初となる15インチのLCD車内案内表示装置が千鳥配置され、日本語英語中国語(簡体字・ 繁体字)、韓国語の4ヶ国語による情報案内が行われる[12]

接続待ちや通過待ち等により長時間停車する駅での車内保温対策として、各扉に半自動ドアボタンを設置している[13]。山陽電鉄ならびに準大手私鉄では初の採用で[1]、関西の私鉄全体では阪神5700系電車に次いで2例目である。

ドアチャイムを採用しており、乗降扉の開閉前には予告ブザーが鳴動し、開扉中は扉位置を知らせる誘導鈴が鳴動する[5]

各扉鴨居中央部に1箇所ずつ、扉開閉予告灯[5]を設置し、ドアエンジンには戸閉力半減機能を有する[5]

車内自動放送を搭載している。これは網干線ワンマン運転と、待避中の半自動ドア放送に対応している。

照明はLEDを採用しており、光源を上方に向けて反射させる、JR西日本207系電車の体質改善車と類似した方式である。なお、反射式としつつ明るい車内を実現するため、天井に向かってやや斜めに設置されている。

空調装置は、5030系までの集中式に代わって、集約分散方式のものを各車2基搭載する。また、山陽電車の車両として初めて補助送風装置(スイープファン)が搭載された。

主要機器編集

主制御器・主電動機編集

山陽電鉄では長らく川崎重工業→川崎電機製造→富士電機製の制御器を採用していたが、本系列で初めて三菱電機製の主制御器が採用された。

制御器は1C2M(1台の主制御器で2台の主電動機を制御)2群のMAP-184-15V270型を、6000型と6100型にそれぞれ搭載している。

主電動機は、三菱製の全閉自冷式かご型三相誘導電動機MB-5158Aが採用された。1時間定格出力は180kWである。

集電装置編集

山陽電鉄初のKP-86型シングルアーム形パンタグラフを中間のT車(サハ6300形)に2基搭載する。

補助電源・空気圧縮機編集

空気圧縮機 (スクロール式) は両端の先頭車に、補助電源装置 (3レベル静止形インバータ) は中間車に搭載している。

台車編集

台車は、5000系(5020編成)以降標準の軸梁式ダイレクトマウント空気ばね台車(電動台車:KW-204、付随台車:KW-205)を採用している。

形式と編成編集

 
阪神線内での6連の試運転(2017年7月)

姫路方にMc車が連結されるのは、完全新造車では2000系以来である。

以前の車両では、両端ともMc車、もしくは両端ともTc車の場合は神戸・大阪方が偶数(0も含む)、姫路方が奇数という付番法則であったが、本系列は両端がMc車となっているものの、姫路方の車両は神戸・大阪方の車両の番号に+100するという、阪急電鉄の付番法則に近いものに変更されている。

また、本系列の付随車のうち、6300形は集電装置・補助電源装置などを搭載するために他の形式とは異なる点が多い。百の位で「3」を付けた付随車は山陽電鉄で唯一である[14]。なお、4両編成に連結される6500形(3号車)[15]はこれら補機類を搭載しない付随車となったため、これまで通り百の位が「5」である。ただし、下二桁は他の車両と合わせており、6500~6509は欠番である。

2017年6月からは、6002+6003編成を使用して6連での阪神梅田駅までの試運転が行われ[16]、9月24日より直通特急として運行を開始した[17]

編成図(3両編成)
 
形式 クモハ6100形 サハ6300形 クモハ6000形
区分 Mc T Mc
車両番号区分 クモハ6100 サハ6300 クモハ6000
搭載機器 CP , Bt SIV CP , Bt
自重
定員
()内は座席定員
122(41) 135(49) 122(41)
編成図(4両編成)
 
形式 クモハ6100形 サハ6500形 サハ6300形 クモハ6000形
区分 Mc T T Mc
車両番号区分 クモハ6100 サハ6500 サハ6300 クモハ6000
搭載機器 CP , Bt SIV CP , Bt
自重
定員
()内は座席定員
122(41) 135(49) 135(49) 122(41)


2016年は6000・6001編成の2編成を導入、2016年4月27日に営業運転を開始し[2]、同年5月17日には、網干線の定期運転に初充当された[18]

2017年は4月に6002・6003・6004編成の3編成[19][20]、12月に6005・6006・6007編成の3編成を導入している[21]。2019年初頭には6008・6009編成の2編成が導入された[22]。2019年度からは新たに4両編成が導入され、6010編成は8月8日から[23]、6011編成は8月16日から[24]、6012編成は9月10日から[25]、更に2020年度には6013編成が導入され、6月22日から営業運転を開始した[26]。2020年6月までに3両編成10本(30両)と4両編成4本(16両)が導入されたこととなる。今後も3000系置き換えのため年間2~3編成ペースでの増備が予定されている。

運用編集

3両編成は主に、阪急・阪神神戸三宮駅 - 姫路駅間と網干線の普通車を中心に運用されている。定期のS特急は全て4両編成なので、S特急の運用は4両編成の代走に限られる。2017年9月24日には、初めて直通特急に運用された[27]。2018年12月25日まで6002編成と6003編成が、2019年2月26日からは6008編成と6009編成が連結して運行され、その後も5000系・5030系の6両編成不足時に本系列2編成が直通特急として運用されることがある[28]

4両編成は阪急・阪神神戸三宮 - 姫路駅間の普通・S特急を主体に運用されている。

車体装飾編集

2019年7月19日から9月8日までアニメ「忍たま乱太郎」とのコラボ企画『忍たまとおでかけ山陽沿線の段』の一環として、6002編成がラッピング車両「忍たまとおでかけ号」として運転されていた[29]

 
6002編成「忍たまとおでかけ号」

編成表編集

2019年4月1日時点[30]

← 神戸
姫路 →
竣工[30] 備考
Mc1 T Mc2
6000 6300 6100 2016年2月17日
6002 6302 6102 2017年4月10日
6004 6304 6104 2017年4月19日
6006 6306 6106 2017年12月18日
6008 6308 6108 2019年1月24日
Mc3 T Mc4
6001 6301 6101 2016年2月17日
6003 6303 6103 2017年4月18日
6005 6305 6105 2017年12月14日
6007 6307 6107 2017年12月19日
6009 6309 6109 2019年1月29日

その他編集

 
山陽板宿駅改札前の「LAWSON+friends」山陽板宿ちか店
  • 板宿駅改札前で2016年1月27日に開業のローソン山陽板宿ちか店は、店舗に6000系を模した外観を採用した[31]
  • 山陽バスが開業80周年を記念して、垂水地区で運行している路線バス5650A号(三菱ふそうエアロスターMP38F)を、6000系を模した塗装にて運行している。ナンバーは6000系にちなんで「60-00」を取得しており、山陽バスでは極めて珍しい「神戸230」のナンバーが付けられている[32]

関連項目編集

  • efACE - 川崎重工業の標準型車両。本形式はこれのアルミ車体版である。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i 鉄道ピクトリアル』 No.923 2016年10月臨時増刊号 「鉄道車両年鑑2016年版」、電気車研究会、pp.183-185・p.196
  2. ^ a b 新型車両「6000系」出発 山陽電鉄、19年ぶり 兵庫 - 産経ニュース、2016年4月28日、2016年5月3日閲覧
  3. ^ 井上俊行「私鉄車両めぐり〔167〕 山陽電気鉄道」『鉄道ピクトリアル』2001年12月臨時増刊号、電気車研究会。64頁。
  4. ^ a b c 山陽電気鉄道6000系、新型車両導入で3000系置換え - 直通特急運用にも対応 - マイナビニュース、2015年5月19日、2016年5月3日閲覧
  5. ^ a b c d e f 眞田政裕「山陽電気鉄道6000系」(『鉄道ジャーナル』2016年8月号(通巻598号)掲載)
  6. ^ 【山陽】山陽6000系6010F(6010と6310)が搬入
  7. ^ 【山陽】山陽3050系3052Fに「Last Run」ヘッドマーク
  8. ^ これらの編成は暫定的に4両編成で落成し、その後中間3両を新造の上(T車はそれぞれ5008・5010編成へ組み込み)、6両編成化された。
  9. ^ 5000系リニューアル車は改造時に小型密着自動連結器から密着連結器に変更されている
  10. ^ 地色は「緑色」
  11. ^ 地色は「水色」
  12. ^ 山陽電車新型車両6000系4月27日(水)営業運転開始 - 山陽電気鉄道公式サイト、2016年4月25日、2016年5月3日閲覧
  13. ^ 4月27日(水)営業運転開始!新型車両6000系には『扉個別スイッチ』があります - 山陽電気鉄道公式サイト、2016年4月25日、2016年5月3日閲覧
  14. ^ なお、2300系は「2700系の車体に3000系の機器」という意味であり、動力車であることも相まって6000系とは意味合いが異なる
  15. ^ 山陽6000系に4両編成が登場
  16. ^ 『鉄道ファン』 No.677 2017年6月号p.150
  17. ^ http://railf.jp/news/2017/09/25/171000.html
  18. ^ 山陽6000系が網干線定期列車に充当される - 鉄道ニュース(railf.jp)、2016年5月18日
  19. ^ 「Last Run」ヘッドマーク掲出について - 山陽電気鉄道公式サイト、2017年5月16日、2017年5月19日閲覧
  20. ^ 山陽6000系6003編成が営業運転を開始 - 鉄道ファン「鉄道ニュース」2017年5月1日、2017年5月19日閲覧
  21. ^ http://railf.jp/news/2017/12/26/120000.html
  22. ^ 山陽6000系増備車が試運転で阪神梅田へ|鉄道ニュース|2019年2月9日掲載|鉄道ファン・railf.jp” (日本語). 鉄道ファン・railf.jp. 2019年2月11日閲覧。
  23. ^ 山陽6000系6010編成が営業運転を開始|鉄道ニュース|2019年8月15日掲載|鉄道ファン・railf.jp” (日本語). 鉄道ファン・railf.jp. 2019年8月16日閲覧。
  24. ^ 【山陽】6000系6011編成が営業運転開始
  25. ^ 山陽6000系6012編成が営業運転を開始|鉄道ニュース|2019年9月11日掲載|鉄道ファン・railf.jp” (日本語). 鉄道ファン・railf.jp. 2019年10月4日閲覧。
  26. ^ 山陽6000系6013編成が営業運転を開始|鉄道ニュース|2020年6月25日掲載|鉄道ファン・railf.jp” (日本語). 鉄道ファン・railf.jp. 2020年7月5日閲覧。
  27. ^ 山陽6000系が直通特急運用に - 鉄道ファン「鉄道ニュース」2017年9月25日、2017年10月14日閲覧
  28. ^ 山陽6000系6008編成と6009編成が直通特急運用に – 鉄道ファン「鉄道ニュース」2019年2月28日掲載、2019年3月1日閲覧
  29. ^ 山陽電鉄で「忍たまとおでかけ号」運転中 - 鉄道ファン「鉄道ニュース」2019年7月25日、2019年7月27日閲覧
  30. ^ a b ジェー・アール・アール編『私鉄車両編成表 2019』交通新聞社、2019年、165頁。
  31. ^ ローソン/山陽電車「板宿駅」構内に電車型コンビニ 流通ニュース、2016年1月21日
  32. ^ 「80周年特別塗装車両」を運行中です! - 山陽バス80周年記念サイト、2016年6月8日

外部リンク編集