メインメニューを開く

岐阜県道50号大垣環状線

日本の岐阜県の道路
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
岐阜県道50号標識

岐阜県道50号大垣環状線(ぎふけんどう50ごう おおがきかんじょうせん)とは岐阜県大垣市内の主要地方道(岐阜県道)である。

概要編集

路線距離は約12.5km。全線4車線化されている。起終点ともに国道21号に接続し、環状線を形成する。

大垣市西部の大垣市桧町で国道21号から南下し、東海道新幹線高架を潜り、養老町との境の大垣市綾野で東進。養老鉄道養老線を跨ぎ、イオンモール大垣の北を通り、国道258号と交差し、大垣市古宮町から北上。再び東海道新幹線高架を潜り、大垣市大井から東進し、大垣市小泉町より北上。ソフトピアジャパンの東を通り、大垣市和合本町の和合インターチェンジにて再び国道21号に接続する。

1970年昭和45年)から建設が始まり、1997年平成9年)に水都大橋杭瀬川)、環状水門橋水門川)が完成。1999年(平成11年)に割田高架橋(養老鉄道養老線)が完成。2004年(平成16年)に全通する。

1994年(平成6年)に県道50号となり主要地方道に昇格したが、それ以前は県道233号であり、一般県道であった。

路線データ編集

重複区間編集

通過する自治体編集

主な接続道路編集

周辺編集


関連項目編集