岡寺

奈良県明日香村にある寺院

岡寺(おかでら)は、奈良県高市郡明日香村にある真言宗豊山派寺院山号は東光山、院号は真珠院。寺号は龍蓋寺(りゅうがいじ)とも称し(後述)、詳しくは東光山真珠院龍蓋寺という[1]本尊日本最大の塑像である如意輪観世音菩薩(如意輪観音)。西国三十三所第7番札所[1]

岡寺
Okadera Asuka Nara pref24n3900.jpg
境内
所在地 奈良県高市郡明日香村806
位置 北緯34度28分18.44秒
東経135度49分42.14秒
座標: 北緯34度28分18.44秒 東経135度49分42.14秒
山号 東光山
院号 真珠院(眞珠院)
宗旨 新義真言宗
宗派 真言宗豊山派
本尊 如意輪観音
創建年 7世紀末頃
開基 伝・義淵
中興 法住
正式名 東光山 真珠院 龍蓋寺
別称 龍蓋寺
札所等 西国三十三所第7番
文化財 義淵僧正坐像(国宝
仁王門・書院・如意輪観音像ほか(重要文化財
本堂・楼門(県指定有形文化財
日本遺産
公式HP 日本最初やくよけ霊場・西国第七番 岡寺
法人番号 4150005004878 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

本尊真言:おん はんどめい しんだまに じんばら うん

ご詠歌:けさみれば露(つゆ)岡寺の庭の苔 さながら瑠璃(るり)の光なりけり

歴史編集

東大寺要録』「義淵伝」、『扶桑略記』等によれば、天武天皇の皇子で27歳で早世した草壁皇子の住んだ岡宮の跡に義淵僧正が創建したとされる。この時、同時に龍門寺なども建立された。史料上の初見は、天平12年(740年)7月の写経所啓(『正倉院文書』)である[2]

現在の寺域は明日香村の東にある岡山の中腹に位置するが、寺の西に隣接する治田神社(はるたじんじゃ)境内からは奈良時代前期にさかのぼる古瓦が発掘されており、創建当時の岡寺は現在の治田神社の位置にあったものと推定されている。寺跡は2005年平成17年)に「岡寺跡」として国の史跡に指定された。

また、義淵がこの地の民を苦しめていた悪を当寺の池(現、龍蓋池)に封印して石で蓋をし、悪龍の厄難を取り除いて以来、当寺は「日本最初のやくよけ霊場」となり、鎌倉時代にはすでにその信仰が広まっていた。

義淵僧正は日本の法相宗の祖であり、その門下には東大寺創建に関わった良弁行基などがいた。それゆえ法相宗の興福寺の末寺であった。江戸時代長谷寺化主(住職)法住が入山して当寺を復興し、中興第一世となって以降、長谷寺の末寺となって真言宗豊山派に属する。

寺号について編集

 
龍蓋池

前述のように、当寺院には「岡寺」「龍蓋寺」の2つの寺号がある。「岡寺」は地名に由来する寺号、「龍蓋寺(りゅうがいじ)」は建立当初の正式名であり、現・法号である。仁王門前の石柱には「西国七番霊場 岡寺」とあり、通常はもっぱら「岡寺」の呼称が用いられている。宗教法人としての登録名も「岡寺」である。そのため、重要文化財建造物の指定名称は「岡寺仁王門」「岡寺書院」となっている。「龍蓋寺」の法号は龍蓋池に封じた龍の説話に由来する。

境内編集

文化財編集

 
義淵僧正坐像
 
仏涅槃像
 
天人文甎

国宝編集

  • 木心乾漆義淵僧正坐像 - 奈良時代。目尻が垂れ下がり、皺の多い独特の容貌、あばらの浮き出た胸板などを写実的に表現している。奈良国立博物館に寄託。

重要文化財編集

  • 仁王門
  • 書院(古書院)
  • 塑造如意輪観音坐像 - 奈良時代、像高4.85mの日本最大の塑像である。如意輪観音像は6臂の坐像に表すものが多いが、本像は石山寺本尊などと同様の2臂像である。頭部は造像当初のものを残すが、体部は補修が多く、脚部は本来、石山寺本尊像と同様の半跏像であったものを現状のような坐像に改めたものである。
  • 銅造菩薩半跏像 - 奈良時代。京都国立博物館に寄託。重要文化財指定名称は「銅造如意輪観音半跏像」。
  • 木造仏涅槃像 - 鎌倉時代東京国立博物館に寄託。
  • 天人文甎(てんにんもん せん) - 京都国立博物館に寄託。

国の史跡編集

  • 岡寺跡

奈良県指定有形文化財編集

  • 本堂
  • 楼門

寺宝編集

前後の札所編集

西国三十三所
6 南法華寺 - 7 岡寺 - 番外 法起院

交通編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 岡寺 『岡寺の霊宝』、平成13年(2001年)。
  2. ^ 『国史大辞典』(吉川弘文館)の「岡寺」の項による

関連項目編集

外部リンク 編集