メインメニューを開く

霊場

神社・仏閣などの宗教施設やゆかりの地などの神聖視される場所

霊場(れいじょう)とはの霊験あらたかな場所の意で、神社仏閣などの宗教施設やゆかりの地など、神聖視される場所をいう。古くから信仰の対象になっており、現在でもお遍路や修験者などの往来の多いところがある。

恐山比叡山高野山など数多くの霊場が存在する。その多くは山岳信仰に根ざしたものであるが、全ての霊場が山にあるとは限らない。志度寺四国八十八箇所)のように海沿いの霊場や、弁天洞窟東京都稲城市)のような地下霊場も存在する。

また、日本では西国三十三所坂東三十三箇所秩父三十四箇所を合わせて日本百観音と呼ぶ。「百観音」という言葉そのものは平安時代からあり、その内容は時代と共に移り変わってきたが、現在では上記の霊場を百観音とする定義が一般的である。

中には、再興していない霊場もあるので、要注意

目次

日本の霊場編集

寺院編集

観音菩薩霊場編集

地蔵菩薩霊場編集

薬師如来霊場編集

不動明王霊場編集

愛染明王霊場編集

阿弥陀佛霊場編集

弘法大師霊場編集

円光大師霊場編集

十三仏めぐり編集

山岳信仰霊場編集

その他編集

神社編集

山岳信仰霊場編集

その他編集

その他(寺院・神社の両者など)編集

七福神(八福神)めぐり編集

その他編集

日本以外の霊場編集