メインメニューを開く

岡部 牧夫(おかべ まきお、1941年8月8日[1] - 2010年12月6日[2])は、日本の文筆家歴史学者

目次

略歴編集

東京市渋谷区代々木生まれ。本名・長興。太平洋戦争中は新潟県小出に疎開し、戦後は神奈川県で母方の祖父・岩崎輝弥が経営していた子安農園に住んだ。1965年に成蹊大学政治経済学部卒業。中学・高校教員、雑誌『アルプ』編集委員を経て、1971年に長野県諏訪郡富士見町へ移住し、自然環境についての文筆活動を行った。さらに、高校時代の恩師である荒井信一に誘われたのがきっかけで、日本近現代史研究、特に植民地支配や天皇制についての研究を進めた。1993年から串田孫一らとともに財団法人自然保護助成基金の評議員を務めた。2010年12月6日、学会帰りの高速バス内で脳梗塞のため急死(69歳)。遺体は信州大学病院へ献体された。また、彼が所蔵していた日本とアジア諸国の近現代史関連の資料約3800点は、国際日本文化研究センターに寄贈されている。

家族編集

ハーバート・ビックスの『昭和天皇』の翻訳編集

川島高峰とともにハーバート・ビックスの『昭和天皇』を共訳したが、上巻のp271に以下の記述がある。

1936年8月25日、広田内閣は1937年度の全政府予算のうち約69パーセントが軍事に配分される(約330億円)と発表した。政府支出の47・7パーセントを占めた前年度の軍事予算100億円がほぼ3倍に増額されたのである。 —  上巻 (p271)

坂野潤治は、330億の軍事費が1桁違うのは米語と日本語間で生じたケアレスミスだが、33億円でも当時の総予算を越えており、さらに1年で軍事費が3倍になったり、軍事費が「全政府予算の約69パーセント」になることは戦争末期以外あり得ず、このくらいのことは日本人翻訳者がチェックすべき、と苦言を呈している[3]。ちなみに坂野よると、軍事費は14億円で全政府予算の50パーセントであり、前年度の1・5倍だという(『西園寺公と政局』第5巻、p139)[4]

著書編集

  • 木曽路伊那実業之日本社 ブルー・ガイドブック 1971
  • 美ガ原霧ガ峰蓼科』実業之日本社 ブルー・ガイドブック 1974
  • 『ごろすけ荘のできるまで』評論社 児童図書館・文学の部屋 1976
  • 満州国三省堂選書 1978 講談社学術文庫、2007
  • 『道ばたの四季』高橋清絵 福音館書店 かがくのほん 1984
  • 『日本 めぐるきせつかわるけしき』高橋清絵 福音館書店 かがくのほん 1987
  • 『出処進退について 昭和史省察』みすず書房 1989
  • 『人間は自然を守れるか』三一書房 1989
  • 『地球環境をめぐる旅』三一書房 1992
  • 『十五年戦争史論 原因と結果と責任と』 青木書店 1999
  • 『海を渡った日本人』山川出版社 日本史リブレット 2002
  • 『生涯学生・一生青春 岡部牧夫1941~2010』塩谷マキ編 アテネ社 2011

編共著編集

  • 『渓谷 こころの旅』編 大和書房 1968
  • 『高原 こころの旅』編 大和書房 1968
  • 『峠 こころの旅』編 大和書房 1968
  • 『名作の山』編 角川書店 エーデルワイス・シリーズ 1968
  • 『人が野山を歩くとき』(野外への扉)岩間雅久共著 評論社 1981
  • 『華族財産関係資料』小田部雄次共編 不二出版 1986
  • 『十五年戦争極秘資料集 第4集 満州事変における憲兵隊の行動に関する資料』編 不二出版 1987
  • 『満州移民関係資料集成 解説』編著 不二出版 1990
  • 『十五年戦争極秘資料集 第26集 初期の満州国軍に関する資料』編 不二出版 1992
  • 『展望日本歴史 20 帝国主義と植民地』柳沢遊共編 東京堂出版 2001
  • 南満洲鉄道会社の研究』編 日本経済評論社 2008
  • 『中国侵略の証言者たち 「認罪」の記録を読む』荻野富士夫,吉田裕共編 岩波新書 2010

翻訳編集

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年
  2. ^ 日本経済評論社
  3. ^ 坂野潤治『昭和史の決定的瞬間』筑摩書房ちくま新書 457〉、2004年2月、104頁。ISBN 978-4480061577
  4. ^ 坂野潤治『昭和史の決定的瞬間』筑摩書房ちくま新書 457〉、2004年2月、105頁。ISBN 978-4480061577

外部リンク編集