岩崎電気株式会社(いわさきでんき、Iwasaki Electric Co., Ltd.)は、東京都中央区に本社を置く照明機器を中心とする大手電機メーカー

岩崎電気株式会社
IWASAKI ELECTRIC Co., Ltd.
種類 株式会社
市場情報
東証1部 6924
1961年10月2日上場
本社所在地 日本の旗 日本
103-0004
東京都中央区東日本橋1-1-7
(野村不動産東日本橋ビル)
設立 1944年8月18日
(岩崎電波工業株式会社)
業種 電気機器
法人番号 1010001134761 ウィキデータを編集
事業内容 照明ランプ等各種光源及び照明機器、光応用機器等の電気機械器具の製造、販売
代表者 伊藤義剛代表取締役社長
資本金 86億40百万円
発行済株式総数 7,821,950株
売上高 連結:592億74百万円
単独:507億25百万円
(2020年3月期)
営業利益 連結:3,661百万円
(2020年3月期)
純利益 連結:3,885百万円
(2020年3月期)
純資産 連結:28,999百万円
(2020年3月31日現在)
総資産 連結:69,450百万円
(2020年3月31日現在)
従業員数 連結:1,873人
単独:920人
(2020年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 日本マスタートラスト信託銀行株式会社(信託口) 5.22%
ミネベアミツミ株式会社 3.90%
日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(信託口) 3.28%
岩崎電気協力会持株会 2.66%
DFA INTL SMALL CAP VALUE PORTFOLIO 2.63%
(2020年3月31日現在)
主要子会社 株式会社アイ・ライティング・システム 100.0%
アイグラフィックス株式会社 100.0%
外部リンク https://www.iwasaki.co.jp/
テンプレートを表示

概要編集

戦時中の1944年(昭和19年)に電波探知機(レーダー)の部品製造のために創立される。戦後、平和産業へ転換し、照明分野へ進出。

1946年(昭和21年)に国産初となる白熱リフレクター電球「アイランプ」を開発し、ヒット。照明メーカーとしての足場を固める。「アイランプ」は現在においても、メーカーにかかわらず白熱リフレクターランプの一般名称として用いられているほどである。

屋外の大型照明灯などを主力とする。目の形に「EYE」の文字のマークで有名である。

なお名前が同じ「岩崎」であり、同業種の東証一部上場企業岩崎通信機があるものの、創業者同士が兄弟[1]であるが資本関係はない。

歴史編集

脚注編集

  1. ^ 『岩崎電気50年史』(1994年、岩崎電気株式会社)

外部リンク編集