メインメニューを開く

岩手県立宮古病院(いわてけんりつみやこびょういん)は、岩手県宮古市に所在し、岩手県が運営する病院である。宮古保健医療圏(宮古市、下閉伊郡岩泉町山田町田野畑村)の災害拠点病院地域がん診療連携拠点病院であり、DMATチームを有する。また、内科、外科の診療を行う岩手県立宮古病院附属重茂(おもえ)診療所[1]を併設する。

Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 岩手県立宮古病院
Iwate prefectural Miyako hospital.JPG
情報
英語名称 Iwate Prefectural Miyako Hospital
前身 宮古共済病院
宮古共済堂病院→日本医療団宮古奨健寮
標榜診療科 内科、血液内科、精神科、呼吸器科、循環器科、消化器科、神経内科、小児科、外科、整形外科、脳神経外科、形成外科、眼科、耳鼻咽喉科、皮膚科、泌尿器科、産婦人科、リハビリテーション科、放射線科、麻酔科(ペインクリニック)
許可病床数

276床
一般病床:267床


感染症病床:4床


結核病床:5床
機能評価 一般200床以上500床未満:Ver6.0
開設者 岩手県
管理者 村上 晶彦(院長)
地方公営企業法 全部適用
開設年月日 1950年11月
所在地
027-0096
岩手県宮古市崎鍬ケ崎第1地割11番地26
位置 北緯39度39分32秒 東経141度56分53秒 / 北緯39.65889度 東経141.94806度 / 39.65889; 141.94806
二次医療圏 宮古
PJ 医療機関
テンプレートを表示

沿革編集

  • 1950年11月 - 地元住民の組合出資による「宮古共済病院」と、宮古共済病院を退職した医師による個人経営の宮古共済堂病院を1944年4月に日本医療団が買収した「宮古奨健寮」が岩手県に移管され、それぞれ岩手県立宮古共済病院、岩手県立宮古地方病院として開院。
  • 1959年4月 - 宮古共済病院と宮古地方病院を統合、岩手県立宮古病院となる。
  • 1960年4月1日 - 地方公営企業法全部適用。
  • 1992年6月 - 宮古駅前・栄町から現在地に移転。
  • 2016年10月 - 地域医療支援病院の指定を受ける。

診療科編集

医療機関の指定等編集

  • 保険医療機関
  • 救急告示医療機関
  • 労災保険指定医療機関
  • 指定自立支援医療機関(更生医療・育成医療)
  • 身体障害者福祉法指定医の配置されている医療機関
  • 生活保護法指定医療機関
  • 結核指定医療機関
  • 指定養育医療機関
  • 戦傷病者特別援護法指定医療機関
  • 原子爆弾被害者医療指定医療機関
  • 第二種感染症指定医療機関
  • 公害医療機関
  • 母体保護法指定医の配置されている医療機関
  • 地域災害拠点病院[2]
  • 臨床研修指定病院
  • がん診療連携拠点病院
  • 特定疾患治療研究事業委託医療機関
  • 小児慢性特定疾患治療研究事業委託医療機関
  • 産科医療補償制度加入機関

交通アクセス編集

脚注編集

  1. ^ 宮古市重茂第1地割37番地1
  2. ^ 第 2 章 災害予防計画 (PDF)”. 岩手県. 2015年8月2日閲覧。

関連項目編集

  • 熊坂義裕 - 岩手県立宮古病院内科医長などを経て、宮古市長に就任

外部リンク編集