メインメニューを開く

岩泉町(いわいずみちょう)は、岩手県の中央部から東部に位置する下閉伊郡。本州で最も面積の広い町である。水の透明度が高いことで有名な龍泉洞鍾乳洞)の町として知られ、観光地としてはもとより、その水がミネラルウォーターとして販売されている。 町内における中心地区の水道水は龍泉洞のであり、大川や釜津田の集落では近くの湧水が利用されている。岩泉町は、町営のバスに「森と水のシンフォニー」と謳われるとおり各地で水が涌いており、水に恵まれた町である。

いわいずみちょう
岩泉町
龍泉洞
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 岩手県
下閉伊郡
団体コード 03483-5
法人番号 2000020034835
面積 992.36km2
(境界未定部分あり)
総人口 9,204[編集]
推計人口、2018年10月1日)
人口密度 9.27人/km2
隣接自治体 宮古市盛岡市久慈市
下閉伊郡普代村田野畑村
岩手郡葛巻町九戸郡野田村
町の木 アカマツ
町の花 キリ
町の鳥 ヤマドリ
岩泉町役場
町長 中居健一
所在地 027-0595
岩手県下閉伊郡岩泉町岩泉字惣畑59番地5
北緯39度50分35.3秒東経141度47分47秒
岩泉町役場
外部リンク ようこそ岩泉町のホームページへ

岩泉町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト
モシリュウの化石(国立科学博物館)

1978年、町内の茂師(もし)で日本で初めてとなる恐竜化石「モシリュウ」が発見された[1]

目次

地理編集

北上高地の東部に位置する。町の大半は山とそれに囲まれた盆地、谷である。東部の小本(おもと)地区は太平洋に面しており、三陸地方の一部である。岩泉町は北上山地が、大きく横たわる地帯であるため、山や地下にある龍泉洞などに関連した寺社も多い。

  • 山:宇霊羅山(「龍泉洞」はここの地下にある)、鉄山(鉄鋼産業が盛んだったから。岩泉駅近くの駅の寺に、ここで採れた、鉄を使った灯篭あり。町文化財に指定されている。)
  • 河川:小本川清水川安家川、大川(「大川七滝」は渓流釣り紅葉で有名)、小川など。

歴史編集

沿革編集

  • 明治22年(1889年)4月1日 - 町村制施行にともない、岩泉村・尼額村・乙茂村・猿沢村・二升石村の計5か村が合併して新制の北閉伊郡岩泉村が発足。安家村有芸村組合村を形成。
  • 明治29年(1896年)3月29日 - 北閉伊郡・中閉伊郡東閉伊郡が合併して下閉伊郡が発足。下閉伊郡岩泉村となる。
  • 大正11年(1922年)8月1日 - 町制施行し、岩泉町となる。これにともない町村組合の形態が岩泉町外二箇所組合となる。
  • 昭和3年(1928年)10月31日 - 安家村・有芸村との組合を解消。
  • 昭和31年(1956年)9月30日 - 安家村・有芸村・大川村小本村と合併し、新制の岩泉町が発足。
  • 昭和32年(1957年)4月1日 - 小川村を編入。
  • 平成22年(2010年)7月31日 - JR岩泉線土砂崩れ事故で脱線・運休(バス輸送への切替後、2014年4月1日付で正式に廃線)。
  • 平成23年(2011年)3月11日 - 東日本大震災で、小本地区が大きな津波被害を受ける[2]
  • 平成28年(2016年)8月30日 - 台風10号が台風の統計開始以来、初めて東北太平洋側へ直接上陸。町内でも大雨となり小本川が氾濫し、町中心部の高齢者施設で9名の死者を出すなど甚大な被害を受けた[3]

行政編集

姉妹都市・友好都市編集

地域編集

人口編集

10,069人 4,589世帯 平成27年12月31日現在

 
岩泉町と全国の年齢別人口分布(2005年) 岩泉町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 岩泉町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
岩泉町(に相当する地域)の人口の推移
 
総務省統計局 国勢調査より

経済編集

産業編集

農林漁業、畜産、酪農などの第一次産業が主産業であり、肉牛の日本短角種の産地として知られる。また特産品として、マツタケの全国有数の産地として知られており、東京や関西方面など各地に出荷されている。
ミネラルウォーターヨーグルトなどの食品加工業も盛んであり、「岩泉ヨーグルト」「龍泉洞の水」「龍泉洞珈琲」などの製品が岩手県内で広く流通しているほか、ヨーグルトは県外・首都圏の一部スーパーでも販売されている。

畜産・酪農編集

  • 岩泉ホールディングス株式会社 乳業事業部(旧・岩泉乳業)
  • 中洞牧場

農業編集

  • (株)岩泉農業振興公社
  • (株)岩泉きのこ産業

漁業編集

食品・水加工編集

  • 岩泉ホールディングス株式会社 産業開発事業部

木工製品編集

レジャー編集

  • ふれあいランド岩泉(キャンプ場)
    • ブルートレイン「日本海」「あけぼの」で使用されていた国鉄24系客車3両が敷地内に保存されており、列車ホテルとして有料で宿泊可能。
  • 岩泉球場

町内金融機関編集

公的機関・施設編集

 
岩泉警察署

郵便編集

 
岩泉郵便局

教育編集

 
岩泉町立岩泉中学校
 
岩手県立岩泉高等学校

小学校編集

中学校編集

  • 岩泉町立岩泉中学校
  • 岩泉町立釜津田中学校
  • 岩泉町立小川中学校
  • 岩泉町立安家中学校
  • 岩泉町立小本中学校

高校編集

医療編集

交通編集

空港編集

:ともに相当離れており、岩泉町との往来には、花巻空港は盛岡市、三沢市は青森県八戸市などを経由して車や鉄道で移動する必要がある。

鉄道路線編集

 
三陸鉄道リアス線・岩泉小本駅
盛岡駅とは宮古駅でリアス線とJR山田線を乗り継いで行き来できる。主に小本地区で利用されている。町内の他地区では、特に岩泉線の廃止後、JRバス東北早坂高原線を利用して盛岡を往来する住民や観光客が多い。また、宮古駅から106急行バス岩手県北バス)というルートもある。
岩泉小本駅から北へ向かえば、久慈駅でJR八戸線に連絡できる。

かつて存在した鉄道路線編集

 
岩泉駅に停車中の普通列車(1997年12月)

道路編集

 
三陸北縦貫道・岩泉龍泉洞IC
 
三陸北縦貫道・岩泉南IC
 
道の駅いわいずみ(国道455号)
 
道の駅三田貝分校(国道455号)

高速道路編集

地域高規格道路編集
  • E45 三陸北縦貫道路

一般国道編集

県道編集

主要地方道編集
一般県道編集

道の駅編集

バス編集

  • JRバス東北
  • 岩手県北バス
    • 小本線
      • 岩泉消防署前 ⇔ 岩泉病院前 ⇔ 小本駅 ⇔ 小本 ⇔ 田老 ⇔ 宮古駅
  • 東日本交通
    • 岩泉茂市線(JR岩泉線の代替輸送)
      • 茂市駅 ⇔ 和井内 ⇔ サンパワーおおかわ ⇔ 浅内 ⇔ 二升石 ⇔ 町民会館・図書館前 ⇔ 岩泉病院
  • 岩泉町民バス
    • 小本線(小本) 国境・上荒沢口線(小川) 大川・釜津田線(大川) 安家洞線(安家) 大坂本・松ヶ沢線(安家) 茂井・半城子線(安家) 有芸線(有芸) 沢中・夏節線(岩泉) 鼠入線(岩泉) 
  • 田野畑村営バス
    • 龍泉洞・沼袋・田野畑方面

港湾編集

岩泉町出身の有名人編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

ギャラリー編集

その他編集

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集