メインメニューを開く

岩木 康郎(いわき やすろう、1946年3月18日 - )は、大阪府大阪市西成区[1]出身の元プロ野球選手捕手)・コーチ

岩木 康郎
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市西成区
生年月日 (1946-03-18) 1946年3月18日(73歳)
身長
体重
170 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1964年
初出場 1965年10月13日
最終出場 1974年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴
  • 近鉄バファローズ
    大阪近鉄バファローズ (1977 - 1982, 1986 - 1987, 1991 - 1992, 2000 - 2002)

経歴編集

浪速高校では3年次の1963年は打率.420で5本塁打をマークし、夏の甲子園府予選では準決勝に進出するが、和田徹を擁する明星に敗れて甲子園出場を逸する。明星は甲子園でも優勝している。強肩強打の捕手として目をつけられ、根本陸夫コーチの熱心な勧誘により、1964年近鉄バファローズへ入団。吉沢岳男児玉弘義の存在もあって二軍暮らしが長かったが、1968年5月22日南海戦(大阪)で5回表に先発の林俊彦から初本塁打を放つ。1969年には正捕手に抜擢されて104試合に出場し、チーム初の2位躍進に貢献。1970年には阪神から移籍してきた辻佳紀に定位置を譲るが、1971年9月9日西鉄戦(日生)で鈴木啓示ノーヒットノーランをアシスト[2]。その後は有田修三梨田昌孝の台頭もあって出番が減少するが、1972年には自己最多の5本塁打をマーク。一軍出場は1974年が最後となるが、1977年からは二軍コーチ兼任[3]で選手を続ける。同年9月20日日本ハムダブルヘッダー第1試合(後楽園)では登録外でブルペン捕手を務めていたが、5回表の本塁上クロスプレーによる乱闘に参加して日本ハムの選手に暴行を加え、球審の五十嵐洋一から退場を命じられる。登録外の選手が退場を受けるのは稀であるが、岩木は現役時代、405試合に出場して一度も退場はなかったが、ウエスタン・リーグで1度退場処分を下されている[4]1979年限りで現役を引退。

引退後は近鉄で二軍コーチ補佐[5]1980年 - 1982年)、一軍バッテリーコーチ(1986年 - 1987年, 1991年 - 1992年)、二軍バッテリーコーチ(2000年 - 2002年)、スカウト(1983年 - 1985年, 1988年 - 1990年, 1993年 - 1999年)、スコアラー(2003年 - 2004年)を歴任。オリックスでもスコアラー(2005年 - 2006年)を務めた。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1965 近鉄 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1966 11 6 5 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 2 0 .000 .167 .000 .167
1967 3 2 2 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .500 .500 .500 1.000
1968 26 27 27 1 5 0 0 1 8 1 0 0 0 0 0 0 0 6 0 .185 .185 .296 .481
1969 104 290 268 19 56 8 1 3 75 13 3 0 5 1 12 2 4 38 5 .209 .254 .280 .533
1970 48 93 80 2 14 2 0 0 16 3 1 0 2 2 8 1 1 18 1 .175 .258 .200 .458
1971 63 126 113 9 25 4 2 1 36 3 1 1 3 1 8 1 1 15 2 .221 .279 .319 .597
1972 81 200 180 18 37 5 0 5 57 20 4 1 7 3 9 3 1 19 3 .206 .247 .317 .564
1973 38 42 40 1 6 0 0 0 6 0 0 0 1 0 1 0 0 5 1 .150 .171 .150 .321
1974 30 13 11 1 1 0 0 0 1 2 1 0 1 1 0 0 0 2 0 .091 .091 .091 .182
通算:10年 405 800 727 51 145 19 3 10 200 43 10 2 19 8 38 7 8 106 12 .199 .247 .275 .522

背番号編集

  • 69 (1964年 - 1966年)
  • 39 (1967年 - 1976年)
  • 64 (1977年 - 1982年)
  • 81 (1986年 - 1987年、2000年 - 2002年)
  • 80 (1990年 - 1992年)

脚注編集

  1. ^ プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、69ページ
  2. ^ 選手名鑑に思い出の試合として記載。
  3. ^ 朝日新聞東京本社版1979年3月8日付朝刊29面
  4. ^ プロ野球通になれる本、近藤唯之、PHP研究所、1996年、ISBN 978-4569569611
  5. ^ 朝日新聞東京本社版1980年3月12日付朝刊28面

関連項目編集