岩舘電気(いわだてでんき)株式会社は、岩手県盛岡市に本社を置く電気工事会社。岩電気は誤用。

岩舘電気 株式会社
Iwadate electric construction company, Ltd.
種類 株式会社
略称 iecc
本社所在地 日本の旗 日本
020-0062
岩手県盛岡市長田町23-27
設立 1945年
業種 建設業
法人番号 9400001000289 ウィキデータを編集
事業内容 電気設備工事・通信設備工事・消防設備工事
代表者 代表取締役会長 平野喜嗣 代表取締役社長 平野喜英
資本金 3200万円
従業員数 72名
外部リンク http://www.iecc.jp/
テンプレートを表示

概要編集

戦後すぐに創業した、岩手の電気工事会社。テレビコマーシャルのインパクトのため岩手県内での知名度がある[1]売り上げのうち公共事業の電気設備工事が大部分を占めるが、電気通信設備工事や光通信設備工事にも事業を拡げており、民間の工事は規模の小さなものから大きなものまで広く扱う。

2011年3月11日に起きた東日本大震災では、沿岸部で被災した岩手県電気工事業工業組合の支部に支援物資を届けた。本業の公共事業は工期の延期や入札延期で影響を受けた[2]

沿革編集

  • 1945年11月 - 初代社長の平野正喜が岩舘電気商会を創業
  • 1946年 - 宮古支店を開設
  • 1953年 - 岩手県知事登録を受ける
  • 1963年 - 資本金を500万円に増資する
  • 1963年 - 本社を盛岡市長田町23番27号へ移転
  • 1965年 - 電気工事業として全国初のテレビコマーシャルを始める
  • 1967年 - 平野正喜 紺綬褒章受章を授与される
  • 1970年 - 秋田営業所を開設 平野正喜 紺綬褒章飾版受章
  • 1973年 - 建設大臣許可を受ける
  • 1973年 - 資本金を1,600万円に増資する
  • 1974年 - 新社屋完成
  • 1979年 - 建設大臣表彰
  • 1980年 - 資本金を3,200万円に増資する
  • 1981年 - 平野正喜 黄綬褒章を授与される
  • 1984年 - 盛岡市役所 石川啄木歌詞 時報チャイム設置
  • 1991年 - 平野正喜 叙勲五等双光旭日章を授与される
  • 1994年 - 4月1日創業者没。二代目代表者に平野喜嗣が就任する 夫人は元岩手県県議会議員で米内光政の姪の平野ユキ子
  • 2006年 - 第21回地方CM大賞を受賞
  • 2012年 - 二代目代表者 平野喜嗣 平成24年秋の褒章で黄綬褒章を授与される
  • 2019年 - 7月1日 三代目代表者に平野喜英が就任する

テレビコマーシャル編集

電気工事業としては日本で初めてテレビでコマーシャルを放送した。スポットCM放送は1965年から放送され、CMソングは1972年より放送されている[1]。なおコマーシャルのインパクトのため県内での知名度は高く、地方コマーシャルを取り上げるフジサンケイグループ広告大賞の地方CM大賞で2006年度第21回大賞を受賞[3]し、地方CMを集めたDVDソフトに収録されている[4][5]。岩手では地方CM大賞が放送されていないためめんこいテレビの社員が無断で応募したところ大賞を受賞してしまい、受賞後に放送された内容が岩舘電気に知らされた。受賞したCMは工事服にヘルメットを被ったアニメの男女が肩を組んで肩を揺らすバージョンのもので、1995年頃から2016年年末まで放送されている。オリジナルのテレビコマーシャルの作詞は初代社長の平野正喜が行い、これにボッカ(牧歌)という名前のスナックのオーナーの畠山信也が簡単でインパクトが強く且つ下品にならない事を意識してメロディーをつけた[1]。畠山は社長の友人で元社員でもあり、岩舘電気に勤務している際は資材部長を務めた。戦時中は日本陸軍の音楽隊に所属していてピアノとサックスができ、土日ジャンボ市の作曲もしている。畠山はボッカレコードというレーベルを作り、岩舘電気のレコードを出した。

CMソングの歌詞は3番まであり、会社紹介のパンフレットで確認できる。CMで歌われているのは1番だけだが、県内の認知度は高く、ご当地ソングとして来県したアーティストに歌われることがある。

2008年5月30日に森山直太朗が盛岡で行ったコンサートで岩舘電気のCMソングを歌った。

2013年6月7日に秦基博が岩手で行ったライブで岩舘電気のCMソングを歌った。

2014年3月22日に宮城で放送された「第1回東北ご当地サミット」で岩舘電気の歌が紹介された。制作は仙台放送。番組内では岩手のローカルアイドル「ふじポン」が「何をやっているかよくわからない会社なのに(岩手県民の)全員歌が歌えるってすごくないですか?」とコメントした。なおふじポンは2017年1月1日から放送開始した新しいCMに出演している。

2014年11月26日に放送されたIBC岩手放送制作のローカル番組「共感バラエティあるある岩手」で、県民の投票で選ぶローカルCMとして第2位になった。なお1位は岩手川のCMだった。

2015年11月7日のWANTED の盛岡公演の際に岩舘電気の歌が歌われ、会場で合唱した。

2015年11月10日に平井堅が岩手県民会館で行ったライブでCMソングを歌った。

2016の年明けに岩舘電気のCMソングの入ったタオルの配布希望者をtwitterで募ったところ準備数以上に応募が集まった。なおもともと創立70周年を記念して取引先と社員に配布したタオルだった。

2016年10月21日にBeat Buddy Boi の RYO が Twitter アカウントで岩舘電気のCMのリミックスを公開した。

2017年1月1日にコマーシャルがリニューアルされ、ローカルアイドルのふじポンが出演したものになった。これまでのアニメ版はアナログ放送時代に作られたもので画面の左右が黒く塗りつぶされて放送されていたが、リニューアルでやっとFull HDに対応した格好となった。

2017年4月19日に、文化放送超A&G鷲崎健のヨルナイト×ヨルナイト」内の「深夜の三角コーナー」で岩舘電気のCMを作成した投稿音源が二曲連続で放送された(ただし、ニコニコ生放送会員向けのおまけ放送枠での放送だった)。

2019年5月5日に行われたナカムラエミのNou6ツアー盛岡公演で岩舘電気のCMソングが歌われた。

2020年1月1日から放送されている日清食品の「地元から日本を沸かせ」で、岩手のCMの元ネタに岩舘電気のCMが使われている。ヘルメットのアニメの男女の代わりに錦織圭と大阪なおみが出演し、八村塁も一瞬出演する。長さは本家と違って15秒であるため、曲の後半のみが使われている。

清水ミチコが岩舘電気のCMソングを歌っている。

盛岡市立高等学校が応援歌のメロディーに岩舘電気のCMソングを使っている。

脚注編集

  1. ^ a b c “岩舘電気 CMソング(岩手の光)誕生秘話”. 岩手県盛岡市: エフエム岩手. (2009年6月19日). https://web.archive.org/web/20140417125344/http://blog.fmii.co.jp/radilog/?p=15 
  2. ^ 大森不二夫 (2011年4月26日). “〈不屈の遺志〉岩舘電気・平野喜嗣社長に聞く 工事ストップ、給料どうする”. 盛岡タイムス (岩手県盛岡市: 盛岡タイムス社). http://www.morioka-times.com/news/2011/1104/26/11042604.htm 2013年10月19日閲覧。 
  3. ^ 2006年度第21回大賞フジサンケイグループ広告大賞 2006年度第21回地方CM大賞
  4. ^ 関根勤のおもしろ地方CM大賞 スゴイ編 (ライナーノーツ). ポニーキャニオン. (2006年) [DVD 2010年]. 
  5. ^ 関根勤のおもしろ地方CM大賞 スゴイ編 フジテレビ CD・DVD・本屋さん

外部リンク編集