メインメニューを開く

島津荘(しまづのしょう)は、中世南九州にあった近衛家荘園日向国(現在の宮崎県)中南部および大隅国薩摩国(現在の鹿児島県)の3ヶ国にまたがる日本最大の荘園で、最盛期には8000町を超える規模があった。

概要編集

領主編集

起源編集

万寿年間(1024~28)に大宰大監だった平季基とその弟平良宗日向国諸県郡にあった島津院 [1] を中心に開発し、関白藤原頼通に寄進して成立した。季基は万寿3年(1026年)に島津荘に移住し、荘官として経営にあたった。神柱大明神を造営したとされる。

当初数百町歩しかない小規模なものだったが、藤原忠実の代になって大隅国に約千五百町歩の新たな出作地を獲得するなど、拡大していき、薩摩大隅日向の半分以上を占める日本でも最大級と言われる規模になっていった。

薩摩・大隅で島津荘に属さない地域は鹿児島神宮領もしくは公領であり、日向は豊前宇佐八幡宮領と公領を除いた総田数の46.7パーセントが島津荘に属している。

島津忠久への下司職任命編集

元暦2年(1185年)8月17日付で源頼朝より、摂関家家司である惟宗忠久(これむねのただひさ)が島津荘の下司職に任命された。忠久は諸国で守護や郡地頭職に任命されているが、その中で最も広大な島津荘を本貫にしようと「島津」姓を名乗った。

島津家家臣により書かれた山田聖栄自記(15世紀後半)及び、島津国史(江戸後期成立)によれば、地頭となった忠久は、文治2年(1186年)に薩摩国山門院(鹿児島県出水市)の木牟礼城に入り、その後、日向国島津院宮崎県都城市)の堀之内御所に移ったと伝えられている[2]。この他に、三国名勝図会(江戸後期成立)では、1196年(建久7年)に、山門院から島津院の祝吉御所に入り、その後、堀之内御所に移ったとする伝承もある。しかし、史実としては忠久が山門院、島津院いずれにも移住したとは認められず、伝承にすぎないという指摘がされている。[3]

建久8年(1197年)12月薩摩・大隅国守護職を任じられ、この後まもなく、日向国守護職を補任される。

忠久は鎌倉時代以前は京都の公家を警護をする武士であり、親戚は大隅・日向国の国司を務めていた。 惟宗氏摂関家家司を代々務めた家で、忠久は近衛家に仕える一方で、源頼朝の御家人であった。東国武士の比企氏畠山氏に関係があり、儀礼に通じ、頼朝の信任を得ていたという。 惟宗氏が元々仕えていた近衛家は、藤原頼通の子孫である関白藤原忠通の長男基実を祖とする家であり、鎌倉時代から島津荘の荘園領主となっている。 こうした源頼朝・近衛家を巡る関係から、島津忠久は地頭職・守護職を得たのではないかと考えられる。 以後、島津家は島津荘を巡って近衛家と長い関係を持つにいたった。

頼朝死後の建仁3年(1203年)9月、比企能員の変(比企の乱)が起こり、忠久はこの乱で北条氏によって滅ぼされた比企能員の縁者として大隅、薩摩、日向国の守護職を没収された。 元久2年(1205年)に薩摩国守護職を回復するが、大隅国・日向国守護職や、島津荘大隅方・日向方惣地頭職もおおむね北条氏一族に占められた(得宗専制)。 この事が鎌倉時代末期、5代目島津貞久後醍醐天皇足利高氏の呼びかけに応えて鎮西探題を攻撃する要因となった。

島津家と島津荘意識の形成編集

島津氏は、初代島津忠久が鎌倉で活動してそこで生涯を終え、二代目島津忠時も同様に鎌倉で没する。三代目島津久経元寇を機に下向して以来、南九州への在地化が本格化し、四代目島津忠宗は島津氏として初めて薩摩の地で没した。 島津家当主で南九州に土着したことが確認できるのは五代目島津貞久以降である。碇山城薩摩川内市)に貞久の守護所が置かれていたという。

三カ国守護職を回復した島津貞久や重臣には、三カ国は名字の地である島津荘内の国々という意識が形成される。名字の地島津荘はすなわち薩摩・大隅・日向の三州とする支配を正当化する意識である。 南北朝時代、守護職等を分割相続された相州家島津師久-島津伊久奥州家島津氏久-島津元久の両島津家は、この意識に基づき、領国経営の維持・拡大の行動を取っていった。

関連項目編集

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 都城市の早水町・郡元町・祝吉町は、「日向国図田帳」にみえる「島津院」といわれる場所で、「島津荘政所」があった場所だと考えられている。
  2. ^ 山田聖栄自記(鹿児島県史料集Ⅶ)「先薩摩山門院に御下、夫より嶋津之御荘ニ御移、嶋津之(御)庄ハ庄内也、三ヶ国を庄内為懐依り在所也、去程庄内南郷内御住所城(堀)内ニ嶋津御所作有て御座候訖」
  3. ^ 三木靖(鹿児島国際大学短期大学部名誉教授)寄稿 南日本新聞 2008年4月16日付