メインメニューを開く

川出 良枝(かわで よしえ、1959年 - )は、日本政治学者。専門は政治学史[1]政治思想史東京大学大学院法学政治学研究科教授、東京大学法学博士。早稲田大学では藤原保信、東京大学大学院では有賀弘佐々木毅に師事した。1997年渋沢・クローデル賞受賞。

人物・経歴編集

東京都生まれ。1986年早稲田大学政治経済学部卒業。1992年パリ第7大学文学研究科DEA取得、1994年東京大学大学院法学政治学研究科博士課程修了、博士(法学)。論文の題は「貴族の徳,商業の精神:モンテスキューとデスポティズム批判の系譜(1699-1748)」[2]

1994年放送大学教養学部助教授、1997年東京都立大学法学部助教授、2003年同教授を経て、2005年から東京大学大学院法学政治学研究科教授。

著書編集

単著編集

共編著編集

翻訳編集

『文明』選 山路昭,阪上孝,宮治弘之,浜名優美
『起源』選 原好男,竹内成明
『孤独』選 佐々木康之
『政治』選 遅塚忠躬,永見文雄訳
  • ブリュノ・ベルナルディ『ジャン=ジャック・ルソーの政治哲学 一般意志・人民主権・共和国』三浦信孝編 永見文雄,古城毅,王寺賢太共訳 勁草書房 2014

脚注編集

  1. ^ 川出 良枝”. u-tokyo.ac.jp. 東京大学. 2019年9月13日閲覧。
  2. ^ 博士論文書誌データベース