メインメニューを開く

常森寿子

日本のクラシック音楽のソプラノ歌手

常森 寿子(つねもり としこ、1942年1月2日 - )は、日本クラシック音楽ソプラノ歌手。旧姓は江幡。

経歴編集

満州(中国東北地方)に生まれる。医師の父は応召して戦死し、翌1945年母と二人で広島県安芸津町(現在の東広島市)に引き揚げ、さらに呉市に移った[1]。5歳からピアノを習いピアニストを目指したが、中学生のとき安部幸次の助言で声楽に転向し、1964年東京芸術大学声楽科を卒業後、1965年バリトン歌手の常森闘志と結婚した[2]1966年藤原歌劇団の「カルメン」のミカエラ役でデビューした。1969年、夫とともにローマサンタ・チェチーリア音楽院に留学した。1970年ジュネーヴ国際コンクールで銀賞を受賞し、イタリアロニーゴ国際コンクールで2位となった。1971年帰国後は、日本を代表するコロラトゥーラ・ソプラノとして活躍した。「フィガロの結婚」のスザンナや「ドン・ジョヴァンニ」のツェルリーナ等のオペラやリサイタル、コンサートに出演し、多くのオーケストラと共演した。ウィンナーワルド・オペラ賞(後のジロー・オペラ賞)を1974年1977年の2回受賞し、1978年1977年度の鳥井音楽賞(現在のサントリー音楽賞)、1983年文化庁芸術祭大賞、1996年には1995年度の京都市芸術功労賞を受賞した。京都市立芸術大学教授や武庫川女子大学講師を経て、現在は平成音楽大学教授を務めている。

私生活編集

夫は東京芸術大学の同級生であり、1978年時点で6歳の子供がいた。常森は「(夫は)実質的な私の先生。私が忙しい時は家事も(してくれる)。ウフフ」とインタビューで答えている。オペラ歌手としては小柄だが「上半身は自信あるんだけどな」と微笑んだ[1]

脚注編集

  1. ^ a b 中日新聞』1978年3月5日7面「この人」コーナー「鳥井音楽賞を受ける常森寿子 女性では初めての"栄誉"」
  2. ^ 『音楽の友』1971年12月号 139頁「日本の音楽家訪問 常森寿子さん」(長谷川武久) 音楽之友社

参考文献編集

外部リンク編集