徳川河岸駅

平塚河岸駅から転送)

徳川河岸駅(とくがわがしえき)は、かつて群馬県太田市徳川町(設置時:新田郡世良田村徳川、廃止時:新田郡尾島町徳川)にあった東武鉄道徳川河岸線貨物駅廃駅)である。

徳川河岸駅
KT60AWZ-CA19-2-3587 Tokugawagashi Station and Hiratsukagashi Station.jpg
とくがわがし
Tokugawagashi
木崎 (3.2km)
(-km) 平塚河岸
所在地 群馬県新田郡尾島町徳川(現・太田市徳川町)
所属事業者 東武鉄道
所属路線 徳川河岸線
キロ程 3.2km(木崎起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1925年大正14年)11月27日
廃止年月日 1968年昭和43年)6月11日
備考 貨物専用駅
テンプレートを表示

ここでは、(貨)平塚河岸駅も含めて記述する。

歴史編集

徳川河岸線は、利根川で採取した砂利を運搬するために、伊勢崎線木崎駅と徳川河岸駅の2駅間を結ぶ路線であった。1925年大正14年)に開業。1965年昭和40年)には電化もされたが、1968年昭和43年)に廃止。利根川の河床低下や法規制強化により、砂利採取が不能となったことによる[1]

なお、徳川河岸駅の先には平塚河岸駅があり、両駅間は「平塚側線」とも呼ばれた[1]

年表編集

駅構造編集

当駅の詳しい構造は不明である。

廃止後の現状編集

 
徳川河岸駅跡
国土交通省 国土画像情報(カラー空中写真)を基に作成(2009年)

駅周辺編集

当駅周辺は利根川と早川に挟まれた田園地帯である。

平塚河岸駅編集

平塚河岸駅
ひらつかがし
Hiratsukagashi
徳川河岸 (-km)
所属事業者 東武鉄道
所属路線 東武徳川河岸線(平塚側線)
開業年月日 1925年(大正14年)11月27日
廃止年月日 1968年(昭和43年)6月11日
備考 貨物専用駅
テンプレートを表示

平塚河岸駅(ひらつかがしえき)は、かつて存在した東武鉄道徳川河岸線の貨物駅(廃駅)である。当駅の詳しい所在地や構造は不明である。

徳川河岸駅の先にあり、両駅間は「平塚側線」とも呼ばれた。開業および廃止は徳川河岸駅と同日である[1]

駅名となった「平塚(ひらづか)河岸」は、群馬県伊勢崎市境平塚にあった河岸である。江戸時代、利根川水運河川舟運)の拠点として栄え、元禄までは足尾銅山で産出したの積み出しも担っていた。明治以降、鉄道路線の整備により衰退したが、当時栄えた河岸問屋土蔵などが現在も残されている[6][7][8]

隣の駅編集

東武鉄道
徳川河岸線
木崎駅 - (貨)徳川河岸駅 - (貨)平塚河岸駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f 『東武鉄道百年史』297、299ページ、資料編209ページ。
  2. ^ 官報. 1925年12月05日 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  3. ^ 昭和12年10月1日現在鉄道停車場一覧 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  4. ^ 大正元年〜15年|会社の沿革 - 東武鉄道
  5. ^ 昭和41年〜63年|会社の沿革 - 東武鉄道
  6. ^ 『東武鉄道百年史』187、236ページ。
  7. ^ 群馬のシルクロード 史跡・その他編”. 群馬県生涯学習センター. 2017年1月22日閲覧。
  8. ^ 『角川日本地名大辞典 10 群馬県』815 - 817ページ。

参考文献編集

  • 「角川日本地名大辞典」編纂委員会・竹内理三編集『角川日本地名大辞典 10 群馬県』角川書店、1988年7月8日。ISBN 4040011007
  • 東武鉄道社史編纂室編集『東武鉄道百年史』東武鉄道、1998年。
  • 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳』3 関東1、新潮社、2008年。ISBN 978-4-10-790021-0

関連項目編集

外部リンク編集

  • 1963年測量の2500国土基本図 - 地図・空中写真閲覧サービス(国土地理院
    • 地図に徳川河岸線が「東武鉄道徳川線」として描かれているが、駅名の記載はない。
  • 1960年12月2日撮影の空中写真 - 地図・空中写真閲覧サービス(国土地理院)
    • 写真中央2か所に駅らしきものが見える。また砂利用のホッパーおよび利根川堤防に繋がるトロッコ線も見える。
  • 1960年12月2日撮影の空中写真 - 地図・空中写真閲覧サービス(国土地理院)
    • 写真中央辺りに利根川(平塚河岸付近)の砂利採石場および当駅へ繋がるトロッコ線が見える。