メインメニューを開く

広島中央フライトロード(ひろしまちゅうおう フライトロード)は、広島県東広島市河内町から広島県世羅郡世羅町に至る総延長 約3 0km地域高規格道路である。

地域高規格道路
(無料)
広島中央フライトロード
路線延長 約30 km
制定年 1992年平成4年)
起点 広島県東広島市
山陽自動車道 河内IC
主な
経由都市
広島県三原市
終点 広島県世羅郡世羅町
尾道自動車道 世羅IC・予定)
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
沼田川渓谷を越える広島空港大橋 (画像は建設当時。)

目次

概要編集

路線データ編集

  • 事業主体 : 広島県
  • 起点 : 広島県東広島市河内町
  • 終点 : 広島県世羅郡世羅町
  • 総延長 : 約30 km
  • 開通区間 : 広島県三原市本郷町 - 広島県三原市大和町(約10 km)
  • 調査区間 : 広島県三原市大和町 - 広島県世羅郡世羅町(約14 km)
  • 道路規格 : 第1種第3級
  • 設計速度 : 80 km/h
  • 法定速度 : 60 km/h
  • 車線数 : 4車線 (暫定2車線

歴史編集

沿革編集

  • 1992年平成4年): 三原市本郷町 - 三原市大和町(約10 km)間を県道事業として着手。
  • 1994年(平成6年)12月: 地域高規格道路の計画路線に指定。
  • 1995年(平成7年)4月: 三原市本郷町 - 三原市大和町間を整備区間に指定。
  • 1998年(平成10年)12月: 三原市大和町 - 世羅郡世羅町(約8 km)間を調査区間に指定。
  • 2000年(平成12年)12月: 世羅郡世羅町内(約6 km)間を調査区間に指定。
  • 2002年(平成14年)3月: 棲真寺IC - 大和南IC間が開通。
  • 2011年(平成23年)4月20日: 空港IC - 棲真寺IC間が開通。(東日本大震災への配慮として式典は中止とし、正午に供用開始。)[1]これに伴い、棲真寺ICの大和・世羅・尾道道方面入口を閉鎖。

インターチェンジ編集

  • IC番号欄の背景色がである部分については道路が供用済みの区間を示している。また、施設名欄の背景色がである部分は施設が供用されていない、または完成していないことを示す。未開通区間の名称は仮称。
  • 英略字は以下の項目を示す。
    IC:インターチェンジ、JCT:ジャンクション、TB:本線料金所
IC
番号
施設名 接続路線名 起点から
の距離
BS 備考 所在地
(25) 河内IC E2 山陽自動車道
国道432号
広島県 東広島市
この間計画中
三原市
空港IC 広島県道49号本郷大和線
広島県道73号広島空港線
棲真寺IC 河内方面出入口・大和方面出口
大和南IC 国道486号
広島県道49号本郷大和線
未定 E54 尾道自動車道 大和南ICから尾道自動車道までは現在調査区間でIC名や設置場所は未定であるが
世羅IC付近へ接続予定
世羅町

構成する道路編集

道路施設編集

トンネル編集

  • 善入寺トンネル
  • 花園トンネル
  • 棲真寺トンネル

橋梁編集

日本国内最大のアーチ橋(2011年現在)。橋長800 m(うちアーチ部500 m)、アーチスパン380 m、最高地上高約190 m。沼田川渓谷を渡る。建設費は約300で第一期建設区間の総事業費約650億円の5分の2を費やしている。正式名称は「広島空港大橋」で、愛称が「広島スカイアーチ」である[2]なお将来4車線化に対応した作りになっている。

脚注編集

参考文献編集

  • 広島県 公開資料
『主要地方道本郷大和線(広島中央フライトロード)の供用開始の時期について』 、広島県道路企画課、2010年平成22年)12月7日。 ‐PDFファイル
『広島中央フライトロードの開通式典の中止について』 、広島県道路企画課、2011年(平成23年)3月30日。 ‐PDFファイル
  • 中国新聞 掲載記事
『空港への県道、4月一部開通』中国新聞社、2011年(平成23年)3月2日。 ‐中国新聞社Web
『空港大橋は「スカイアーチ」』中国新聞社、2011年(平成23年)4月1日

関連項目編集

外部リンク編集