廣澤金次郎

広沢金次郎から転送)
この記事の項目名には分野により以下のような表記揺れがあります。 過去の議論
  • 広沢金次郎(新字体)
  • 廣澤金次郞(旧字体)
  • 廣澤金次郎(新旧混用 - 郎が新字体)
  • 広澤金次郎(綯交ぜ)

廣澤 金次郞[2](ひろさわ きんじろう[1]1871年8月28日明治4年旧暦7月13日) - 1928年昭和3年)12月13日[3])は、日本官僚政治家実業家伯爵[2][4][5]。従二位勲二等[1]

廣澤 金次郞
ひろさわ きんじろう
Kinjirō Hirosawa.jpg
晩年の廣澤
生年月日 1871年8月28日
明治4年7月13日
出生地 日本の旗 長門国
没年月日 (1928-12-13) 1928年12月13日(57歳没)
出身校 ケンブリッジ大学法律専門科卒業[1]
前職 スペイン駐箚公使
所属政党 研究会
称号 伯爵
親族 廣澤眞臣(父)
山尾庸三岳父
池田勇人女婿

選挙区 伯爵議員
当選回数 3回
在任期間 1897年7月10日 - 1911年7月9日
1918年7月10日 - 1925年7月9日
テンプレートを表示

駐スペイン公使貴族院伯爵議員などを歴任した

来歴編集

生い立ち編集

長門国(現・山口県)出身。藤原秀郷の後裔で、中世波多野を姓とし、代々毛利家に仕える[4]

広沢真臣(廣澤眞臣)の長男[4][5]。父・真臣は金次郎が生まれる半年前に刺客に殺害されている。十五銀行支配人の柏村監督の下に毛利五郎小早川四郎らと共に1878年(明治11年)頃、慶應義塾幼稚舎に入る[2]

イギリスのケンブリッジ大学に入り、その予備科在学中は寄宿舎で生活をする[2]ケンブリッジ大学法律専門科卒業[1]スイスの大学に6ヶ月留まり、フランス語を研究し、再びイギリスに帰り代言人某に就いて法律を学ぶ[2]

官界、政界にて編集

スペイン駐箚公使などを歴任し、1884年(明治17年)に伯爵爵位を授けられた。第2回貴族院伯爵議員選挙で当選し、1897年(明治30年)7月10日に貴族院議員となる[6]。第3回貴族院伯爵議員選挙で再選され[7]、1911年(明治44年)7月9日に任期満了となる[注釈 1]。第5回貴族院伯爵議員選挙で再選され、1918年(大正7年)7月10日から[8]、1925年(大正14年)7月9日まで[3]通算3期在任した。院内では研究会に所属した[3]。また、1900年(明治33年)まで内閣総理大臣秘書官を務めた。

日本製鋼所、日英共同事業に携わる。また、武蔵電気鉄道社長などを務めた。

栄典編集

位階
勲章等
外国勲章佩用允許

家族・親族編集

廣澤家
親戚

系譜編集

┏木戸 孝允
┃
┗━━━治子
    ┃
    ┣━━━━木戸 孝正
    ┃       ┃    ┏━木戸 幸一   都留 重人
 来原 良蔵      ┣━━━━┫            ┃
            ┃    ┗━和田 小六━┳━━━━正子
       ┏━━━━寿栄           ┃
       ┃                 ┗━和田 昭允
       ┣━山尾 三郎
 山尾 庸三━┫
       ┃ 大隈 信常━━━━━━━━豊子
       ┃              ┃
       ┗━━━━千代        ┣━━━━廣澤 眞信
            ┃         ┃       ┃
            ┣━━━━┳━廣澤 眞吾      ┃
            ┃    ┃            ┃
 廣澤 眞臣━━━廣澤金次郎   ┃ 毛利 元道━━━━━━妙子
                 ┃
                 ┗━━━━直子 ┏━━━━直子
                      ┃  ┃
         池田吾一郎━━━━━池田 勇人 ┃
                      ┃  ┣━━━━紀子
                      ┣━━┫    ┃
                      ┃  ┃ 池田 行彦
                      満枝 ┃
                         ┃
                         ┗━━━━祥子

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』29頁では明治30年7月から大正14年7月まで在任の記載であるが、明治44年の改選伯爵議員の『官報』〔第8423号、明治44年7月20日、478頁〕掲載の当選者名簿に記載はない

出典編集

  1. ^ a b c d 『議会制度七十年史 第1』27頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年2月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e 『慶応義塾出身名流列伝』881 - 882頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2010年2月11日閲覧。
  3. ^ a b c 『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』28-29頁。
  4. ^ a b c d 『人事興信録 第6版』ひ16頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年2月4日閲覧。
  5. ^ a b c d 『人事興信録 第4版』ひ16頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年8月9日閲覧。
  6. ^ 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、7頁。
  7. ^ 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、12頁。
  8. ^ 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、25頁。この頁では連続再選の〇印は付されていない。
  9. ^ 『官報』第6135号「叙任及辞令」1903年12月12日。
  10. ^ 『官報』第8257号「叙任及辞令」1910年12月28日。
  11. ^ 『官報』第1930号「叙任及辞令」1919年1月11日。
  12. ^ 『官報』第373号「叙任及辞令」1928年3月29日。
  13. ^ 『官報』第307号「叙任及辞令」1884年7月8日。
  14. ^ 『官報』第7272号「叙任及辞令」1907年9月23日。
  15. ^ a b 『官報』第298号「叙任及辞令」1927年12月24日。

参考文献編集

  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第6版』人事興信所、1921年。
  • 三田商業研究会編 編 『慶應義塾出身名流列伝』実業之世界社、1909年(明治42年)6月。 
  • 『貴族院要覧(丙)』昭和21年12月増訂、貴族院事務局、1947年。
  • 衆議院、参議院編『議会制度七十年史 第1』大蔵省印刷局、1960年。
  • 衆議院・参議院編『議会制度百年史 - 貴族院・参議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 『昭和人名辞典』 第1巻 東京篇、日本図書センター、1987年10月、524頁頁。ISBN 4-8205-0693-5 
  • 小谷野敦 『日本の有名一族 近代エスタブリッシュメントの系図集』幻冬舎〈幻冬舎新書〉、2007年9月、113-115頁頁。ISBN 978-4-344-98055-6 

関連項目編集


爵位
先代
叙爵
伯爵
廣澤(金次郎)家初代
1884年 - 1928年
次代
廣澤眞吾
ビジネス
先代
岡田治衛武
武蔵電気鉄道社長
1911年 - 1919年
次代
矢野恒太