メインメニューを開く

御薗村(みそのむら)は、三重県度会郡にあった2005年(平成17年)11月1日に、伊勢市、二見町小俣町と合併し、新しい伊勢市となった。

みそのむら
御薗村
山田奉行所記念館
Misono Mie chapter.png
御薗村章(1980年9月8日制定)[1]
廃止日 2005年11月1日
廃止理由 新設合併
伊勢市、御薗村小俣町二見町伊勢市
現在の自治体 伊勢市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東海地方近畿地方
都道府県 三重県
度会郡
団体コード 24468-6
面積 6.05km2.
総人口 9,115
国勢調査、2005年10月1日)
隣接自治体 伊勢市小俣町
村の木 ウメ
村の花 キク
御薗村役場
所在地 516-8501
三重県度会郡御薗村大字長屋1221
Ise City Misono General Branch 20090907.jpg
伊勢市御薗総合支所(旧・御薗村役場、2009年9月7日撮影)
外部リンク 御薗村(Internet Archive)
座標 東経136度42分36.6秒
北緯34度30分34.3秒
Map.Misono-Vill.Mie.PNG
 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

伊勢平野の南端部に位置する。宮川下流(河口付近)の東岸に位置するが、海(伊勢湾)には面していない。

著しい高台や丘陵は無く、緩やかに海岸方向へ向けて傾斜する低坦地状となっている。村内域で最も高い所でも高度6mに達しない。気候は温暖で、土壌腐植土のため水田は少なく、畑作が発達した[2]

河川編集

  • 宮川

隣接していた自治体編集

  • 伊勢市、度会郡小俣町

歴史編集

  • 明治維新以前の御薗村域は、神領地4ヶ村(高向村、長屋村、王中島村、新開村)と天領地2ヶ村(上条村、小林村)に分かれていた。
  • 明治維新により、旧神領制度が廃止。以降、6ヶ村は度会府度会県、三重県の管轄下と変化する。
  • 1884年明治17年)に6ヶ村が統合し、王中島に「王中島外五ヶ村戸長役場」が設置される。

沿革編集

  • 1889年明治22年)4月1日 - 町村制施行により、高向村・長屋村・新開村・王中島村・上条村・小林村の区域をもって発足。村役場を大字王中島594番地に設置。
  • 1912年(明治45年)6月 - 村役場を大字長屋1599番地に移転。
  • 1932年昭和7年)1月 - 村役場を大字長屋960番地に移転。
  • 1961年(昭和36年)10月 - 第1回村民体育大会が開催。
  • 1979年(昭和54年)5月 - 村役場を大字長屋1221番地に移転。
  • 1980年(昭和55年)9月 - 村章が制定される。
  • 2005年平成17年)11月1日 - 伊勢市・二見町小俣町と合併し、改めて伊勢市が発足。同日御薗村廃止。従来の村役場は「伊勢市役所御薗総合支所」となる。

行政編集

  • 村長:中北隆敏

経済編集

御薗大根の産地であり、伊勢たくあんの生産の中心地であった[3]

企業編集

地域編集

 
山田赤十字病院

教育編集

総合病院編集

名所・旧跡・観光スポット編集

公共施設編集

  • ハートプラザみその

商業施設編集

交通編集

出身者編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 伊勢市・二見町・小俣町・御薗村任意合併協議会"伊勢市・二見町・小俣町・御薗村任意合併協議会 項目別調整方針"(2013年9月28日閲覧。)
  2. ^ 長瀬(1951):54ページ
  3. ^ 長瀬(1951):54 - 55ページ
  4. ^ 伊勢市 編(2012):934ページ
  5. ^ 川端暁彦の「Uの世代」Jリーグ1年生をチェック”. スポーツナビ (2004年8月13日). 2013年1月14日閲覧。
  6. ^ 向笠千恵子+すきや連『日本のごちそう すき焼き』平凡社、2014年11月19日、184-186頁。ISBN 978-4-582-83675-2

参考文献編集

  • 伊勢市 編『伊勢市史 第5巻 現代編』伊勢市、平成24年3月31日、1019p.
  • 長瀬和雄(1951)"伊勢沢庵の生産と経営―農村副業模範村"農耕と園芸(誠文堂新光社).6(12):54-56.
  • 御薗村誌編纂室 編『御薗村誌』三重県度会郡御薗村、平成元年5月31日発行

関連項目編集