メインメニューを開く

小俣町(おばたちょう)は三重県伊勢市の地名および三重県度会郡にあった伊勢参宮街道の最後の宿場として栄えた。商工農のバランスがとれており、合併直前、県下では5番目の人口密度で、人口も毎年微増していた。2005年11月1日に伊勢市・二見町御薗村と合併して新たに伊勢市となった。

おばたちょう
小俣町
離宮院公園
Obata Mie chapter.png
小俣町章(1958年10月20日制定[1]
廃止日 2005年11月1日
廃止理由 新設合併
伊勢市、御薗村小俣町二見町伊勢市
現在の自治体 伊勢市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東海地方近畿地方
都道府県 三重県
度会郡
団体コード 24463-5
面積 11.56km2.
総人口 18,986
国勢調査、2005年10月1日)
隣接自治体 伊勢市多気郡明和町度会郡玉城町、度会郡御薗村
町の木 サクラ
町の花 キク
小俣町役場
所在地 519-0592
三重県度会郡小俣町元町540
Ise City Obata General Branch.jpg
伊勢市小俣総合支所(旧・小俣町役場)2008年10月12日撮影
外部リンク 小俣町(Internet Archive)
座標 東経136度40分29.4秒
北緯34度30分27.3秒
Map.Obata-Town.Mie.PNG
 表示 ウィキプロジェクト

地理編集

伊勢平野の南部に位置する。宮川下流の西岸に位置するが、海には面していない。町の西端部に標高40m前後の丘陵地(大仏山)が僅かに存在するが、殆どは標高20m未満の平地である。

  • 河川:宮川、外城田川、汁谷川

隣接していた自治体編集

2005年の市町村合併前に隣接していた自治体(☆は現在も隣接している自治体)

歴史編集

  • 小俣町域での出来事が歴史に登場するのは、797年(延暦16年)の離宮院創設の頃であるが、室町時代末期には廃墟となっている。現在の集落の基が形成されたのは、1588年(天正16年)の蒲生氏郷による伊勢参宮街道の大改修に前後して街道筋の町が整備された頃である[2]
  • 廃藩置県(明治4年)以前の小俣村は、紀州藩領と鳥羽藩領に分かれていた。度会県発足後に一つの行政区となるが、村の行政は元紀州藩領と元鳥羽藩領に別れたまま、差配されていた。この影響は小俣町成立後の昭和4年まで続いた[3]

沿革編集

行政編集

  • 市町村合併直前の町長:奥野英介

国の機関編集

経済編集

地域編集

教育編集

交通編集

鉄道編集

路線バス編集

廃止路線

  • 小俣町福祉バス(2005年の市町村合併後も、しばらく継続。2007年に伊勢市コミュニティバスへ移行。)

タクシー編集

道路編集

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事編集

名所・旧跡編集

観光スポット編集

祭事・催事編集

  • かんこ踊り(8月15日)
  • おばたまつり(8月下旬)
    • 1997年(平成9年)10月10日に第1回を開催(第1回は町民体育祭と同時開催)[5]。市町村合併後も継続実施。
  • 町民体育祭(10月中旬)
  • 掛橋御頭舞(2月11日)
  • 官舎神社御頭舞(2月11日)

地名編集

1970年代より以前、小俣町には大字が無く小字のみが存在していた。また土地地番については町全域の通し番号であった。

町内の自治活動は1958年(昭和33年)4月1日に小俣町全域で発足した自治会による区割り(自治区と呼ばれる。発足時は22区、現在は30区)単位で行うのが、一般的である。(2005年の市町村合併後も同様)

但し、土地地番の振り方については何かと不都合が多かった為、1980年代前後に地籍調査を実施、境界線の曖昧な小字を廃止し、数区の自治区を組み合わせることにより新しく7区の大字を設定、土地地番を大字ごとに振り直した。

2005年の新・伊勢市の発足に伴い、各大字は「小俣町」を冠して伊勢市の町名となった。(例 小俣町元町、小俣町本町など)

各大字の概要を以下に示す。 外部リンク - 自治区区割マップ(PDF)

なお、人口は2008年10月1日現在(伊勢市発行『市勢統計要覧 2008年度版』より)。

元町編集

  • 「もとまち」と読む。小俣町東部に位置する。第一部自治区域には宿場町の中心(本陣など)があった。現在は総合支所(旧・町役場)がある栄町周辺が小俣町の中心となっている。
  • 人口:4,075人
  • 郵便番号519-0503
  • 町内の自治区:第一部、栄町、共敬、中小俣(なかおばた)、大久保、下小俣(しもおばた)
  • 主な施設:伊勢市小俣総合支所(栄町自治区)、伊勢市立小俣小学校(共敬自治区)、小俣郵便局(共敬自治区)、伊勢市消防署小俣分署(下小俣自治区)、小俣駅(下小俣自治区)、第三銀行小俣支店(共敬自治区)

本町編集

  • 「ほんまち」と読む。小俣町中央よりやや南に位置する。宮川駅の開業(1893年)や宮川モスリン(現・ユニチカ宮川事業所)の創業(1921年)と共に発展した地域。2007年(平成19年)には、三交不動産およびユニチカエステートにより、地域内に「リンクスコート小俣本町」(全93区画)の開発が行われている。
  • 人口:3,972人
  • 郵便番号:〒519-0505
  • 町内の自治区:東本町、西本町、南本町、北本町、上久保(かみくぼ)、清明、掛橋(かけはし)
  • 主な施設:宮川駅(東本町自治区、南本町自治区)、 離宮院公園(南本町自治区、伊勢神宮の離宮跡地を公園化したもの)、伊勢市立小俣図書館(北本町自治区)、ユニチカ宮川事業所(清明自治区)、コープみえみやがわ店(西本町自治区)

宮前編集

  • 「みやまえ」と読む。小俣町南部に位置する。
  • 人口:2,120人
  • 郵便番号:〒519-0504
  • 町内の自治区:新川原、宮前、松倉、高畑
  • 主な施設:バリューセンター小俣店(高畑自治区)、宮川医療少年院(新川原自治区)、百五銀行筋向橋支店度会橋出張所(高畑自治区)

相合編集

  • 「そうごう」と読む。小俣町中央部に位置する。
  • 人口:1,632人
  • 郵便番号:〒519-0502
  • 町内の自治区:米子、新出(しんで)、六軒屋、上惣
  • 主な施設:伊勢市立小俣中学校(新出自治区)、百五銀行宮川支店(新出自治区)、生鮮市場ベリー小俣店(新出自治区)、マスヤ本社工場(六軒屋自治区)、JA伊勢小俣支店(新出自治区)

明野編集

  • 「あけの」と読む。小俣町北部に位置する。明野ヶ原(台地)の南部。
  • 人口:4,668人
  • 郵便番号:〒519-0501
  • 町内の自治区:明野第一、明野第二、明野第三、明野第四、明野第五、明野第六
  • 主な施設:陸上自衛隊明野駐屯地(自治区外)、三重県立明野高等学校(明野第三自治区)、伊勢市立明野小学校(明野第一自治区)

湯田編集

  • 「ゆた」と読む。小俣町南西部に位置する。
  • 人口:1,997人
  • 郵便番号:〒519-0506
  • 町内の自治区:湯田
  • 主な施設:美和ロック伊勢工場(湯田自治区)

新村編集

  • 「しむら」と読む。小俣町北西部に位置する。大仏山丘陵付近。
  • 人口:579人
  • 郵便番号:〒519-0507
  • 町内の自治区:東新村、西新村
  • 主な施設:大仏山公園(小俣町東新村自治区・玉城町・明和町にまたがる)、伊勢市小俣総合体育館(東新村自治区)

出身者編集

参考文献編集

  • 『小俣町史 通史編』(昭和63年11月3日発行、編集:小俣町史編さん委員会、発行:小俣町)
  • 『小俣町史 続編』(平成17年10月31日発行、編集:小俣町史編さん委員会、発行:小俣町)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 伊勢市・二見町・小俣町・御薗村任意合併協議会 項目別調整方針”. 伊勢市・二見町・小俣町・御薗村任意合併協議会. 2014年3月6日閲覧。
  2. ^ 『小俣町史 通史編』(昭和63年発行)33、110ページ
  3. ^ 『小俣町史 通史編』(昭和63年発行)218-225、357ページ
  4. ^ 2003年9月26日および同年11月17日付け 中日新聞 朝刊記事より
  5. ^ 1997年8月13日および同年10月3日付け 伊勢志摩版、同年10月11日付け 広域三重 中日新聞 朝刊記事より
  6. ^ 『小俣町史 通史編』(昭和63年発行)巻末年表

関連項目編集