メインメニューを開く
忍者列車の網棚に設置された忍者のマネキン人形

忍者列車(にんじゃれっしゃ)とは、伊賀鉄道伊賀線で運行されているラッピング列車の愛称。忍者電車とも呼ばれる。

概要編集

戦国時代伊賀国(現在の三重県伊賀地方)は忍術流派である伊賀流が栄えた。伊賀忍者はその伊賀国を拠点として、戦場やその後方で活躍した。現在でも、伊賀線の沿線には上野城伊賀流忍者博物館など忍者に関する観光地がある。

そこで、1997年平成9年)10月、ゆめぽりす伊賀の街開きを記念して、近畿日本鉄道(近鉄)が860系2両編成 (861編成) を漫画家松本零士がデザインした忍者塗装(青色)に変更した。その後、ピンク色(くノ一)の866編成が追加され、861編成は緑色に変更された。

2007年(平成19年)に伊賀線が近鉄から伊賀鉄道に移管した後、860系は製造が1961年1962年製(台車1957年製)と老朽化が進んでいることから、新しい車両への更新が決定した。東京急行電鉄(東急)から1000系を購入した200系の第1編成に青色の忍者列車ラッピングをして、2009年(平成21年)12月24日より運行を開始している。また201号の運転台側乗務員用出入口のドア横に松本零士の直筆サインが書かれている。[1]。200系はステンレス鋼製であるため、フィルムによるラッピングとなった[2]

カーテンには手裏剣柄のデザインが施されており、網棚には忍者のマネキン人形が設置されている[3]

2016年(平成28年)、緑色の忍者列車の内部が三重県産の木材を使用して改装された。これは伊賀線開業100年の記念事業として行われたものであり、総額2,400万円が改装に費やされた。そのうちの1,800万円には「みえ森と緑の県民税」が活用された。カエデヒノキなど、合計5種類の木材が車内の壁や吊り輪などに使われており、一部の吊り輪は手裏剣の形状に加工されている。木材を使うことが難しいドアや床には木目調のシートが貼られている。12月11日に運行が開始された[4]

車両形式編集

  • 860系(1997年 - 2011年)
    • 861編成(青色→緑色)
    • 866編成(ピンク色)
  • 200系(2009年 - )
    • 201編成(青色)
    • 202編成(ピンク色)[5]
    • 205編成(緑色)
青色ラッピング車両の201編成
ピンク色ラッピング車両の202編成
緑色ペイント車両の861編成
ピンク色ペイント車両の866編成

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『松本零士さんデザイン伊賀鉄道の新車両、車体側面にも忍者の眼』 2009年10月27日付 毎日新聞伊賀版
  2. ^ 860系は普通鋼製であることから直接塗装している。
  3. ^ 空からの絵手紙 - 本社ヘリより 伊賀鉄道 装飾自慢の「すまし顔」/三重”. 毎日新聞 (2016年6月19日). 2017年5月16日閲覧。
  4. ^ 鉄道まるっと切り抜き帳 - 木育トレイン出発進行! 伊賀鉄道伊賀線開業100年”. 中日新聞 (2016年12月13日). 2017年5月16日閲覧。
  5. ^ 伊賀鉄道200系第2編成の撮影会と試乗会を実施 - 交友社railf.jp(『鉄道ファン』)

関連項目編集

松本デザインの他社車両編集

上記のうち、大阪府都市開発5000系以外は松本の作品『銀河鉄道999』をモチーフにしたものである。

その他編集

外部リンク編集