メインメニューを開く

悼襄王(とうじょうおう、? – 紀元前236年、在位紀元前244年 - 紀元前236年) は、中国戦国時代の第9代君主。孝成王の子。

悼襄王
王朝
在位期間 前245年 - 前236年
都城 邯鄲
姓・諱 趙偃
諡号 悼襄王
没年 紀元前236年
孝成王
后妃 悼倡后

長年の功臣廉頗を年老いたとして退け、名将李牧や学人龐煖ら新しい将軍を起用した。治世には得失が有り、長平の戦いの大敗を起因とする衰亡は止められなかった。

在位中の出来事編集

趙孝成王21年(紀元前245年)、孝成王は相国の信平君廉頗の繁陽を討たせ、占領に成功[1][2]。このとき、丁度、孝成王が崩御し、子の偃が即位した(悼襄王)[2]。悼襄王は将軍を武襄君楽乗に交代させたが、廉頗はこれを不満に思い、楽乗を攻撃し敗走させた後、魏に亡命した[1][2]。後年、趙王は廉頗を呼び戻そうとしたが、廉頗を嫌っていた郭開の謀略により沙汰止みになった[2]

趙悼襄王元年(紀元前244年)、魏に対し大いに備え、平邑中牟の道を通じようとしたが、成功せず[3]

2年(紀元前243年)、孝成王の代に匈奴への守備隊長として名を馳せていた李牧[2]を将軍として起用し、を攻撃させ、武遂と方城を落とす[4][5](趙悼襄王元年=紀元前244年説もある[2])。

同年、が悼襄王の兄の春平侯を招いたが、世鈞が秦相の文信侯呂不韋に進言するには、「春平侯は悼襄王の寵愛を受けていたため、趙の郎中に妬まれ『春平侯を秦に入れさせれば、秦は彼を拘留するだろう』と謀られ、秦に送られました。彼を留めてしまっては、趙との交流を絶ち、さらに趙の郎中の思惑通りになってしまいます。ここは、春平侯を返して、代わりに平都侯を留めるのがよいと思います。さすれば、趙王は春平侯の言を快く聞き入れ、さらに領地を割いて平都侯を贖うでしょう」と言ったので、呂不韋は春平侯を趙に返した[4][6]

同年、韓皋の城市を築く[4]

同年三月、人質交換により太子が秦から帰る[5][7]

3年(紀元前242年)、武霊王の代から兵家縦横家として高名であった学者の龐煖(龐煥)[8]を将軍として起用、これを侮って攻めてきた燕軍の2万を伐ち、将軍劇辛を生け捕りにして殺す[5][9]

同年、趙の宰相と魏の宰相が柯で会見し、同盟を結ぶ[5](魯荘公と斉桓公の故事に因むか)。

4年(紀元前241年)、龐煖を将軍として趙・楚・魏・燕の四箇国の精兵を率いて秦の蕞を攻めさせたが、陥落させる事ができず、そのため兵を移してを討ち、饒安を取る[10]。なお、同年に楚の春申君合従軍を率いているが函谷関で敗退している[11]

5年(紀元前240年)、傅抵を将軍に任じ、平邑に配置する[12]。また、慶舎を将軍として、東陽河外の軍を率いて、河梁を守らせる[12]

6年(紀元前239年)、秦将の長安君成蟜(秦王政(後の秦始皇帝)の弟)が趙に寝返ったため、饒に封じるが、成蟜は秦の攻撃を受け屯留で戦死する[13][14]

同年、魏が趙にを譲渡する[14]

8年(紀元前237年)、趙と斉の使者が秦を訪れ、酒宴を開く[5][15]

9年(紀元前236年)、龐煖を将軍として燕を北伐し、貍・陽城などを取る[16][17]。しかし、その隙に秦の将軍王翦桓齮楊端和の攻撃を受け、鄴・閼与など九城を失う[5][16][18]。龐煖は趙を救わんとして南下するが時遅く、一帯を失う[17]

この年、崩御し、廃嫡した子の公子嘉に代わって太子となったその弟の太子遷が即位(幽繆王[16]。幽繆王は暗愚な王であり、その代に趙は滅亡した。

脚注編集

  1. ^ a b 史記』「趙世家」孝成王二十一年
  2. ^ a b c d e f 『史記』「廉頗藺相如列伝」
  3. ^ 『史記』「趙世家」悼襄王元年
  4. ^ a b c 『史記』「趙世家」悼襄王二年
  5. ^ a b c d e f 『史記』「六国年表」
  6. ^ 戦国策』「趙策」趙策四
  7. ^ 『史記』「秦始皇本紀」秦始皇四年三月
  8. ^ 漢書』「芸文志」、『鶡冠子』「近迭」「世賢」「武霊王」
  9. ^ 『史記』「趙世家」悼襄王三年、「燕世家」今王喜十二年
  10. ^ 『史記』「趙世家」悼襄王四年
  11. ^ 『史記』「春申君列伝」
  12. ^ a b 『史記』「趙世家」悼襄王五年
  13. ^ 『史記』「秦始皇本紀」始皇八年
  14. ^ a b 『史記』「趙世家」悼襄王六年
  15. ^ 『史記』「秦始皇本紀」秦始皇十年
  16. ^ a b c 『史記』「趙世家」悼襄王六年
  17. ^ a b 韓非子』「飾邪篇」
  18. ^ 『史記』「秦始皇本紀」秦始皇十一年
先代:
孝成王
の君主
紀元前244年 - 紀元前236年
次代:
幽繆王