メインメニューを開く

惟宗 允亮(これむね の ただすけ)は、平安時代中期の貴族学者氏姓惟宗朝臣のち令宗(よしむね)朝臣。官位従四位下河内守。同時代を代表する明法道の権威。

 
惟宗允亮
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 寛弘6年(1009年)?
改名 惟宗允亮→令宗允亮
官位 従四位下河内守
主君 円融天皇円融天皇花山天皇一条天皇三条天皇
氏族 惟宗朝臣→令宗朝臣
父母 父:惟宗公方?、惟宗致方?、惟宗忠方?等諸説
兄弟 允亮、允政?
允仲?
テンプレートを表示

目次

経歴編集

父は明らかでなく、惟宗公方惟宗致方(公方の子)、惟宗忠方[1]の諸説がある。また、『大日本史』では允亮を惟宗直宗の玄孫とする[2]。なお、子に允仲がいたとする系図がある[1]

明法得業生より立身して、永観2年(984年)に明法博士として名前が現れる。その後も永祚2年(990年)には既に博士を退任しているのにも拘らず勘文提出を命じられている。正暦3年(992年勘解由次官、翌年には左衛門権佐に任じられ、長徳2年(996年)には従五位上に叙され加賀権介を、長保元年(999年)には備中権介を兼務している。また、長徳2年(996年)の長徳の変に際しては検非違使佐として、内大臣藤原伊周逮捕の指揮を執っている。長徳4年(998年)頃、弟と推定される明法博士惟宗允政と共に令宗朝臣の姓を与えられた。令宗とは「律令の宗師」(学界の第一人者)という意味である。

長保元年(999年)6月30日、自宅においての講義を行っている。明法道の学者といえども自宅での講義には天皇宣旨による許可が必要とされており、実際にこれを許されたのは平安前期の讃岐永直、允亮の曽祖父(祖父とも)である惟宗直本とこの時の允亮の3例のみであり、前年の令宗姓の賜姓と並んで彼の社会的名声が破格のものであった事を示している。長保4年(1002年)8月、信濃国における馬を巡る争いを裁決し、「私牧の牝馬が官牧に遊牧した時に生んだ駒は私牧のものとする」とした。

長保5年(1003年正五位下に昇叙、この頃に起きた宇佐八幡宮の内紛の調停のために大宰府へと派遣されている。寛弘3年(1006年)には従四位下に叙せられて、河内守に任ぜられた。従四位下はこの叙任の前年に卒去した陰陽師安倍晴明と同じ位階である。両者ともそれぞれの家格からして前例のない叙任であったという側面からしても、その社会的名声の高さを示している。翌年には任国から平安京に召還されて藤原道長の屋敷(土御門殿)にて開かれた諸道論議の場に参加している。任が終わった後も河内国大県郡に留まり程なく病死したと言われている。

藤原実資の依頼で執筆されたとされる『政事要略』130巻は現在では25巻しか伝わっていないが、当時の律令学説を知る上で貴重であると共に、彼の知識の深さを物語っている。他にも『類聚判集』100巻・『類聚律令刑官問答私記』1巻などの著書があったとされるが、全て散逸している。また、彼の日記『宗河記』の逸文が残されている他、『延喜式』の注釈の中にも彼を由来とするものが残されている。

長保元年の自宅での講義を実際に聞いたとされる大江以言千里の孫で文章博士)は、允亮の講義の素晴らしさを日記で記しており、後世においても大江匡房葉室定嗣などが高く評価している。

官歴編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『惟宗系図』(東大史料編纂所蔵)(宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年 による)
  2. ^ 『大日本史』氏族史
  3. ^ a b c d 『政事要略』
  4. ^ 『小野宮年中行事』
  5. ^ a b 『魚魯愚鈔』第7
  6. ^ 『大間書』
  7. ^ 『勘仲記』

参考文献編集

  • 宮崎康充編『検非違使補任 別巻』続群書類従完成会、2006年

関連事項編集