愛宕神社 (東京都港区)

東京都港区愛宕一丁目にある神社

愛宕神社(あたごじんじゃ)は、東京都港区愛宕一丁目にある神社である[1]山手線内では珍しい自然に形成されたである愛宕山標高25.7m)山頂にある。天然の山としては23区内で一番の高さ。京都愛宕神社が総本社である。

愛宕神社
Atago Jinja.jpg
一の鳥居
所在地 東京都港区愛宕一丁目5番3号
位置 北緯35度39分53.2秒
東経139度44分54.4秒
座標: 北緯35度39分53.2秒 東経139度44分54.4秒
主祭神 火産霊命
社格 旧村社
創建 慶長8年(1603年
例祭 9月22日 - 24日
地図
愛宕神社の位置(東京都区部内)
愛宕神社
愛宕神社
テンプレートを表示
丹塗りの門と社殿
参道の「出世の石段」
3代歌川広重『東京名所図会』愛宕山見晴らしの図

防火・防災に霊験のある神社として知られる。

祭神編集

2017年(平成29年)現在、天神社の名は境内掲示板の由緒には書かれているが、公式サイトには書かれていない。この天神社は江戸二十五天神で愛宕下長者弁天同所・愛宕下長者弁天町などと呼ばれるものと云われる。

歴史・勝軍地蔵菩薩編集

勝軍地蔵菩薩編集

1603年慶長8年)、徳川家康の命により創建[1]。また、徳川家康が信仰した勝軍地蔵菩薩を勧請し、愛宕神社を創建。同神社の本地仏として別当寺の円福寺に祀ったことにはじまる。明治の廃仏毀釈により円福寺が廃寺になると、勝軍地蔵菩薩像は近くの真福寺に移されたが関東大震災で焼失。1934年の弘法大師1100年御遠忌記念として銅製で復元され、現在は、1997年に建設された真福寺・愛宕東洋ビル一階外側に祀られている。

「寛永三馬術」曲垣平九郎(まがき・へいくろう)の故事編集

寛永11年、江戸三代将軍、徳川家光公が芝の増上寺に参詣した帰り道、愛宕神社の下を通った。

愛宕山には源平の梅が満開に咲いており、それを見た家光公が、「馬に乗ってあの梅を取って参れ!」と命じられた。

しかし、愛宕山の石段はとても急勾配であり、馬で石段をのぼって梅を取ってくることなど、とてもできそうになかった。そのため、近習の家臣たちは誰一人動こうとしなかった。

そんな中、四国丸亀藩の家臣、曲垣平九郎が馬に乗って石段をのぼり降りし、見事山上の梅を手折って家光公に献上した。

家光公は、泰平の世にあって馬術の稽古を怠らない平九郎の姿勢を称賛し「日本一の馬術の名人」と讃えた。そして、平九郎の名は一日にして全国にとどろいたと伝えられている。

この故事にちなみ、愛宕神社正面の坂(男坂)は「出世の石段」と呼ばれている[3]

境内末社編集

太郎坊社
福寿稲荷社(福寿稲荷神社[2]
弁財天社
大黒天社(大黒天神祠[2]・恵比寿神祠[2]

主な祭事編集

  • 千日詣り(6月23日夜~24日早朝) - この両日に社殿前にしつらえた茅の輪をくぐり参詣すれば千日分の御利益があるとされた。別名・茅の輪くぐり。同時に催されるほおずき市はこの地が元祖。
  • 例大祭(9月22日24日) - 別名・出世の石段祭。2年に1度、神輿が男坂(出世の石段)を行き来する。

氏子地域編集

港区新橋五丁目1~6・20~25・34~36、六丁目1~3・14~18
港区西新橋二丁目16~19・32~35、三丁目
港区愛宕一丁目~二丁目

その他編集

出典編集

  1. ^ a b 角川日本地名大辞典編纂委員会編『角川日本地名大辞典13 東京都』角川書店、1978年、1004頁
  2. ^ a b c d 境内掲示板。
  3. ^ 愛宕神社トリビア 其の二”. 愛宕神社. 2020年4月7日閲覧。
  4. ^ さい銭も電子マネーで=定番の5円硬貨、近年減少時事通信社(2017年1月4日)2017年1月5日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集