メインメニューを開く

愛情物語』(あいじょうものがたり)は、1984年日本映画原田知世主演で、赤川次郎の同名小説を原作とする。同時上映は『メイン・テーマ』。

愛情物語
監督 角川春樹
脚本 剣持亘
原作 赤川次郎
製作 角川春樹
出演者 原田知世
音楽 甲斐正人
撮影 仙元誠三
編集 鈴木晄
製作会社 角川春樹事務所
配給 東映
公開 日本の旗 1984年7月14日
上映時間 100分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 18億5000万円[1]
テンプレートを表示

製作経緯編集

角川春樹原田知世の映画を大林宣彦に「大林さんで、最低2、3本続けて撮ってください」と言っていたが、『時をかける少女』の尾道での撮影を見学した角川が、カメラの前で大林にすべてを委ねる知世に嫉妬し、「自分の方を向かせたい」と2本目の知世の映画は「僕が自分で演出したい」と角川が監督をした[2]

ストーリー編集

16歳の誕生日、仲道美帆は母・治子と共にミュージカル「カーテン・コール」を見にきていた。感激した美帆は今まで習っていたクラシックバレエを辞め、1週間後「カーテン・コール」のオーディションを受けること決意する。毎年、美帆の誕生日には誰からかわからぬ花束のプレゼントが贈られてきていた。美帆はその花束の贈り主を「あしながおじさん」と名付け、誕生日を楽しみにしていた。オーディションのため日々ダンス練習に励む美帆だが、その練習中にシューズが壊れてしまう。美帆は家に置いてある赤いトウシューズを思い出し、家へ急ぎ立ち帰る。家へ着くなりその赤いトウシューズを履く美帆。すると、赤いトウシューズはすっぽりと美帆の足に収まる。美帆は捨て子だった。その美帆と共にあったのがその「赤いトウシューズ」だった。その捨て子だった美帆を拾い、育てたのが治子だった。帰宅した治子は美帆から、赤いトウシューズが履けたら「あしながおじさん」を探しに行くという約束を覚えている?と言われ困惑する。しかし、美帆の意思は固かった。ずっと小さい頃からの約束。そして、自分を捨てた両親に一度会ってみたいという彼女の願望だった。治子は戸惑いながらも美帆を「あしながおじさん」を探す旅へ送り出す。

キャスト編集

スタッフ編集

劇中歌編集

  • Dancing in the Night(歌:Jill Colucci、作詞・作曲:Joey Carbone、編曲:Joey Carbone / Richie Zito / 甲斐正人)
  • 〜タイス〜より瞑想曲 (作曲:ジュール・マスネ
  • Trouble (歌:Carmen Grillo、作詞・作曲:Richie Zito、編曲:Joey Carbone / Richie Zito)
  • You Could Be the One (歌:Heather Huffman、作詞・作曲:Joey Carbone、編曲:Joey Carbone / Richie Zito)
  • 地下鉄のザジ Zazie dans le métro (歌:原田知世、作詞・作曲:大貫妙子、編曲:清水信之
  • Chotto Matte Kudasai (歌:ローズマリー・バトラー、作詞:Jan Ince、作曲:Phil Palmer、編曲:Peter Bernstein)
  • I Dream of Loving You (歌:Karen Tobin、作詞・作曲:Joey Carbone、編曲:Joey Carbone / Richie Zito)
  • ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ (歌:原田知世、作詞・作曲:松任谷由実、編曲:松任谷正隆
  • What Can I Do(歌:Kathi Pinto、作詞・作曲:Joey Carbone、編曲:Joey Carbone / Richie Zito / 甲斐正人)
  • ウイニングラン(Call of the Wild) (歌:ローズマリー・バトラー、作詞:Rick Neigher、作曲:Joe Curiale / ローズマリー・バトラー、編曲:Peter Bernstein)
  • 男が女を愛する時(When a Man Loves a Woman) (歌:ローズマリー・バトラー、作詞:Andrew Wright、作曲:Clavin Lewis、編曲:Peter Bernstein)
  • 愛情物語 (歌:原田知世、作詞:康珍化、作曲:林哲司、編曲:萩田光雄
  • Love's the Answer (歌:Kathi Pinto、作詞・作曲:Joey Carbone、編曲:Joey Carbone / Richie Zito / 甲斐正人)
  • Dancing in the Night (歌:Jill Colucci、作詞・作曲:Joey Carbone、編曲:Joey Carbone / Richie Zito / 甲斐正人)

受賞歴編集

脚注編集

  1. ^ 1984年配給収入10億円以上番組 - 日本映画製作者連盟
  2. ^ 大林宣彦『映画、この指とまれ』徳間書店アニメージュ#レーベルアニメージュ文庫〉、1990年、89-90頁。ISBN -4-19-669627-9

関連項目編集

外部リンク編集