メインメニューを開く

憲法みどり農の連帯(けんぽうみどりのうのれんたい)は1995年に設立された日本政治団体

1995年に、社会党小選挙区制導入に反対した議員が結成した「新党護憲リベラル」から「平和・市民」へと名称変更を図った際に、自社さ連立政権閣外協力的な立場をとる田英夫國弘正雄らと反自民党・反新進党革新路線を堅持する翫正敏らとの路線対立が表面化し、袂を分かった翫が星野安三郎立正大学名誉教授憲法教育法学)らと共に作った護憲新党。翫と星野が共同代表を務めた。また、「青年新党ディスカバリー」として活動していた梅津慎吾や、環境政党希望」の元活動家など、各地の市民運動環境保護運動の活動家が参加した。シンボルマークには、スローフードスローシティスローライフ運動と同じくカタツムリが採用された。

1995年の第17回参議院議員通常選挙間近に作ったこともあり、翫ら候補者個人の知名度はあったものの、党の知名度は全く浸透しなかった。前職参議院議員の翫がいたため、公認候補は「一般候補」「準一般候補」としてマスコミでも取り上げられたが、全員落選。とりわけ比例代表での得票は新時代党教育党の半分以下、日本世直し党「開星論」のUFO党の得票数をも下回るという惨敗に終わった。以後、選挙への候補者擁立はない。1995年参院選東京選挙区の公認候補だった尾形憲法政大学名誉教授平和学)が共同代表に加わり、現在も護憲と環境保護を謳い活動している。また、翫は後に新社会党でも活動している。

突然の分裂は「連帯、平和・市民、みどりといのちの市民・農民連合スポーツ平和党護憲新党あかつき)の市民派四分裂」と言われ、庄幸司郎などから「連帯」側への批判が相次いだが、翫は「右傾化し自民に追従した田らこそ分裂の元凶」と強く反論した。