憲法20条を考える会

憲法20条を考える会(けんぽう20じょうをかんがえるかい)は、1994年(平成6年)2月に結成された野党時代の自由民主党内の勉強会。細川内閣創価学会の関係を政教一致であると批判するために結成された。後に当会を母体に四月会が結成されることとなる。自自公連立政権の発足とともに自然と解消され、政教分離を貫く会に受け継がれた。

組織編集

関連項目編集