石原伸晃

日本の政治家

石原 伸晃(いしはら のぶてる、1957年〈昭和32年〉4月19日 - )は、日本政治家。元衆議院議員(10期)。

石原 伸晃
いしはら のぶてる
Nobuteru Ishihara 2016.jpg
内閣広報室より公表された肖像
(2016年頃 撮影)
生年月日 (1957-04-19) 1957年4月19日(65歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県逗子市
出身校 慶應義塾大学文学部社会学科都市社会学専攻)
前職 日本テレビ報道局記者
自民党幹事長
衆議院議員
内閣官房参与
所属政党無所属→)
自由民主党三塚派加藤派石原派
称号 文学士(慶應義塾大学・1981年
配偶者 石原里紗
親族 父・石原慎太郎
母・石原典子
叔父・石原裕次郎
長弟・石原良純
次弟・石原宏高
三弟・石原延啓
サイン Isihara-Nobuteru signature.png
公式サイト 自由民主党 石原のぶてる

内閣 第3次安倍第1次改造内閣
第3次安倍第2次改造内閣
在任期間 2016年1月28日 - 2017年8月3日

内閣 第2次安倍内閣
在任期間 2012年12月26日 - 2014年9月3日

内閣 第1次小泉第2次改造内閣
第2次小泉内閣
在任期間 2003年9月22日 - 2004年9月27日

内閣 第1次小泉内閣
第1次小泉第1次改造内閣
在任期間 2001年4月26日 - 2003年9月22日

選挙区旧東京4区→)
東京8区
当選回数 10回
在任期間 1990年2月18日 - 2021年10月14日

その他の職歴
Liberal Democratic Party (Japan) Emblem.jpg 第49代 自由民主党幹事長
(総裁:谷垣禎一
2010年9月9日 - 2012年9月28日
Liberal Democratic Party (Japan) Emblem.jpg 第49代 自由民主党政務調査会長
(総裁:安倍晋三
2007年8月27日 - 2007年9月24日
Liberal Democratic Party (Japan) Emblem.jpg 自由民主党幹事長代理
(総裁:安倍晋三
2006年9月20日 - 2007年8月27日
テンプレートを表示

近未来政治研究会(石原派)会長、自民党外交調査会長代行、規制改革担当大臣第1次小泉内閣第1次小泉第1次改造内閣)、国土交通大臣(第34代)、自民党金融調査会長衆議院法務委員長自民党政務調査会長(第49代)、自民党幹事長(第45代)、環境大臣第19代)、内閣府特命担当大臣原子力防災)、内閣府特命担当大臣経済財政政策)、自民党たばこ議員連盟副会長、自民党外交再生戦略会議議長、内閣官房参与(観光立国その他特命担当)等を歴任。日本の印章制度・文化を守る議員連盟(はんこ議連)会員。

父は参議院議員(1期)、環境庁長官(第8代)、運輸大臣(第59代)、東京都知事(第14代・第15代・第16代・第17代)、衆議院議員(9期)、日本維新の会代表、共同代表、次世代の党最高顧問等を歴任した石原慎太郎。叔父は俳優石原裕次郎

経歴編集

生い立ち編集

神奈川県逗子市生まれで鎌倉市立御成小学校慶應義塾高等学校を経て慶應義塾大学文学部社会学科[1]都市社会学専攻)を卒業した。大学時代の部活は日本正統少林寺拳法部の主将を務めていた。大学在学中、エルマイラ大学(アメリカ合衆国ニューヨーク州エルマイラ)に9ヶ月間短期留学した。2005年にはエルマイラ大学から、ブッシュ政権の労働長官を務めたエレーン・チャオ氏とともに名誉博士号を授与された。大学卒業後、1981年日本テレビ放送網に入社[2]して報道局に入局し、大蔵省外務省首相官邸等を担当した。1989年に日本テレビを退社した。

政界へ編集

1990年第39回衆議院議員総選挙旧東京4区(定数5)から無所属で立候補し、自由民主党粕谷茂に次ぐ得票数2位で初当選した。当選後は自民党に入党して安倍派に入会[要出典]した。1993年第40回衆議院議員総選挙で、新党ブームに押されるも得票数5位で再選される。1994年に自民党財政部会長として、保険業の規制緩和、自由化、健全性の維持を目的とする保険業法の56年ぶりの大改正をまとめる。1996年第41回衆議院議員総選挙で、東京8区から自民党公認で立候補し、後に杉並区長に転出する新進党山田宏を約7千票差で下して3選される。1996年第2次橋本内閣通商産業政務次官に任命され、愛知万博の誘致を成功させる。1998年金融国会で金融再生関連法案の成立に尽力した。官僚に依存せずに民間の知恵を活用して独自の政策を立案する若手議員として「政策新人類」に名を連ねる[3]。1996年に三塚派(安倍派の後身)を退会して加藤派に入会する[要出典]2000年加藤の乱で、首相の森喜朗らに対する政権批判の急先鋒として内閣不信任決議案の採決を欠席した[要出典]。加藤の乱の後に分裂した加藤派を退会し、2007年まで無派閥であった[要出典]

小泉政権編集

2001年第1次小泉内閣規制改革担当大臣に任命されて初入閣し、「行政改革を推進するため行政各部の所管する事務の調整」を担当する国務大臣も兼任して第1次小泉第1次改造内閣まで務める。内閣の注目人事の一人として注目を浴び、天下りや無駄遣いの温床となっていると批判が強かった特殊法人等の改革を断行した。2003年に発足した第1次小泉第2次改造内閣国土交通大臣、「首都機能移転の具体化に向けた検討を推進するため行政各部の所管する事務の調整」や「観光立国を実現するための施策を円滑に推進するため行政各部の所管する事務の調整」を担当する国務大臣を兼任する。国交相在任中は主に道路公団問題等に取り組み、民営化に強く反対していた道路公団総裁の藤井治芳を更迭した。民間活力の導入によるサービスの向上を目指してETCの普及を拡大し、ETCを活用したスマートインターを導入した。2004年第2次小泉改造内閣発足に伴い国交相を退任し、党金融調査会長に就任した。2005年には長らく古賀誠道路族がそのポストを占めていた党道路調査会長に就任した。

第1次安倍政権から麻生政権にかけて編集

2006年総裁安倍晋三の下で幹事長代理に就任した。2007年の党役員人事では自民党政務調査会長に起用され、初めて党三役入りし、12月に山崎派へ入会[要出典]した。2008年福田康夫の辞任に伴う自由民主党総裁選挙に史上最年少で立候補するが、得票数4位で落選した。新たに総裁となった麻生太郎の下で再び幹事長代理に就任した。2009年7月、自民党は東京都議会議員選挙で大敗し、東京都連会長の伸晃は、敗北の責任を取り都連会長を辞任する意向を表明したが、第45回衆議院議員総選挙の期日が近く辞任は了承されなかった。8月の第45回衆議院議員総選挙で、東京8区で社会民主党前職の保坂展人を破り、7選される。選挙後の自由民主党総裁選挙では谷垣禎一の推薦人に名を連ねた。

谷垣体制編集

谷垣執行部で国民運動本部長に起用された[要出典]、東京都連会長に再任される。2010年4月、政権力委員会発足に伴い、本部長代理に就任する。9月の党役員人事で東京選出議員として初の自民党幹事長に起用された。2011年の党役員人事で幹事長に再任される。2012年9月、自由民主党総裁選挙に二度目の立候補する。9月26日の総裁選で、1回目の投票で96票を獲得したものの得票数は5人中3位であった[4]

第2次安倍政権以降編集

2012年12月の第46回衆議院議員総選挙では、東京8区で無所属で俳優の山本太郎や民主党公認で前参院議員円より子らを破り、8選される。選挙後に発足した第2次安倍内閣環境大臣内閣府特命担当大臣原子力防災)に任命された。福島第一原発事故によって拡散した放射性物質の除染作業を進めるとともに、除染廃棄物を保管する国の中間貯蔵施設建設に道を拓いた。近未来政治研究会山崎拓から継承し、同会第2代会長に就任した。2014年9月の内閣改造で閣僚を退任し、自民党中小企業・小規模事業者政策調査会会長に就任した。12月の第47回衆議院議員総選挙で9選される。2016年1月28日、第3次安倍第1次改造内閣甘利明経済財政担当相の辞任を受けて後任の内閣府特命担当大臣経済財政政策)に就任し、「経済の再生を政府一体となって推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」や「社会保障及び税に関する改革を一体的に推進するため企画立案及び行政各部の所管する事務の調整」を担当する国務大臣も兼任した。日本経済の基盤ともいえる自由貿易体制の維持・発展のために重要な環太平洋戦略的経済連携協定 (TPP) の承認と関連法案を成立させた。認証時に天皇フィリピン訪問中のため、閣僚認証式は国事行為臨時代行中の皇太子徳仁親王が行った。閣僚の認証式が臨時代行されるのは平成年度で初であった[5]。8月3日に東京都知事選挙の党推薦候補の敗北を受けて都連会長を辞任し、後任に下村博文が就いた。2017年10月の第48回衆議院議員総選挙で10選される。自民党中央政治大学院学院長、自民党外交再生戦略会議議長に就任する。2019年1月11日に自民党金融調査会顧問に就任し、10月に自民党外交調査会長代行に就任した。自民党総務、自民党住宅土地・都市政策調査会会長、自民党税制調査会副会長、自民党外交戦略委員長に就任した。

落選編集

2021年10月31日の第49回衆議院議員総選挙(東京8区)で立憲民主党公認候補で新人の吉田晴美に敗れた[6]。自民党は比例東京ブロックで6議席を獲得したが、76.729%で8番目の惜敗率であった為、比例復活出来ずに落選した[7]。比例東京ブロックで自民党の最後の議席を獲得したのは同じく小選挙区で落選した弟の宏高であった[8]。同選挙区は石原と吉田のほかに元自民党員で日本維新の会公認候補の笠谷圭司(元三田市議会議員)も立候補しており、石原陣営は投票前に「自民党への票を食い荒らし、勝敗を左右しかねない」と警戒していた[9]。石原が吉田に差をつけられた票数は、同じく笠谷が獲得した票数よりも小さかった[10]。12月3日、内閣官房参与(観光立国その他特命担当)に就任[11]

内閣官房参与就任前年の11月17日に石原が代表を務める自民党東京都第8選挙区支部がコロナ禍における困窮事業者向けの雇用調整助成金を受領していたことが、東京都選挙管理委員会が公表した政治資金収支報告書で明らかとなり[12]、12月7日配信の『AERA dot.』が「専門家から疑問の声」と報道[13]後述)し、12月10日に就任から8日で辞任した[14]。4日間分の給与・10万余円も受領を辞退した[15]

12月16日に約9年務めた近未来政治研究会会長を退任して、後任に森山裕が就任し、石原派は森山派へ衣替えした[16]

落選後編集

2022年2月1日、父の石原慎太郎東京都大田区の自宅で死去(満89歳)。伸晃が葬儀で喪主を務めた。

政策・主張編集

憲法編集

  • 憲法改正について、2017年のアンケートでは「賛成」と回答[17]。2021年のアンケートでは「どちらとも言えない」と回答[18]
  • 憲法9条への自衛隊の明記について、2021年のアンケートで「どちらかといえば賛成」と回答[19]
  • 憲法を改正し緊急事態条項を設けることについて、2021年の毎日新聞社のアンケートで「賛成」と回答[20]

外交・安全保障編集

  • 「他国からの攻撃が予想される場合には敵基地攻撃もためらうべきではない」との問題提起に対し、2017年、2021年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[17][18]
  • 北朝鮮に対しては対話よりも圧力を優先すべきだ」との問題提起に対し、2017年のアンケートで「賛成」と回答[17]。2021年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[18]

ジェンダー編集

  • 選択的夫婦別姓制度の導入について、2014年のアンケートでは「反対」と回答[22]。2017年、2021年のアンケートでは「どちらとも言えない」と回答[17][18]
  • 同性婚を可能とする法改正について、2017年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[17]。2021年のアンケートで「反対」と回答[19]
  • LGBTなど性的少数者をめぐる理解増進法案を早期に成立させるべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「どちらとも言えない」と回答[18]
  • クオータ制の導入について、2021年のアンケートで「どちらかといえば反対」と回答[19]

その他編集

  • 森友学園を巡る公文書改竄問題で、財務省が開示を拒んでいた「赤木ファイル」が2021年6月22日、大阪地裁の命令によって公開された[23]。国の対応をどう考えるかとの問いに対し、2021年の毎日新聞社のアンケートで「さらに調査や説明をすべき」と回答[20]
  • 原子力発電への依存度について今後どうするべきか」との問題提起に対し、2021年のアンケートで「現状を維持すべき」と回答[19]
  • 村山談話・河野談話を見直すべき。
  • 「女性宮家」の創設に反対。
  • 2008年10月26日にNHKの番組に出演し、金融危機で経営不安に陥っている金融機関への資本注入を実現する金融機能強化法改正案に関して、「法律の中には銀行(「新銀行東京」と「金融危機で苦しんでいる銀行」)に区別はない」と述べ、2008年秋の世界的な金融危機とは無関係に経営が行き詰まっている新銀行東京も対象に含まれるとの見解を示した[25]

発言編集

河野談話編集

2012年9月14日、自由民主党総裁選挙の立候補者5人による共同記者会見で、河野談話について評価した上で「広義においてはそういうこと(強制連行)もあったんではないかとうかがえる文面になっている。そこに知恵があった」と述べた[26]

尖閣諸島編集

2012年9月11日のテレビ朝日系『報道ステーション』で、中国による尖閣諸島侵攻の可能性を問われ、「攻めてこない。誰も住んでいないんだから」と断言[27]した。産経新聞は「国家主権に関わる領土問題について認識の甘さを露呈」と批判的に報じた[27]

原発編集

  • 2011年6月6日放映のテレビ朝日系『ビートたけしのTVタックル』で、汚染土壌の保管先について「福島第一原発の『サティアン』のあるところにしか持っていけませんよ!」と発言していたと報じられた[28]
  • 2012年9月13日、TBS系のテレビ番組で、東京電力福島第一原発事故により汚染された土壌の保管先について「福島原発第一サティアンしかない」と発言した。オウム真理教が、教団関連施設をサティアンサンスクリット語で「真理」)と呼称していた為、「配慮を欠く発言との批判も出かねない」と報じられた[29]。自民党参議院議員の佐藤正久はツイッターで、「石原幹事長、ちょっと言葉に気をつけた方がよい。第一原発で安全化のために酷暑の中で働いている方々はどう思うだろうか?」と述べた[28]。2012年9月13日夜、石原自身はこの失言について「福島第一原発というつもりだった。単なる言い間違えだ」と釈明した[30]
  • 2014年6月16日、官邸で記者団に対し、東京電力福島第一原発事故に関する除染廃棄物を保管する国の中間貯蔵施設建設について「最後は金目(かねめ)でしょ」と発言した[31]

宗教編集

2011年9月10日の青森県弘前市の講演で、アメリカ同時多発テロ事件について「産業革命から続いた西欧文明キリスト教支配に対するイスラム圏反逆で、歴史の必然として起きた出来事ではないか」[32]と述べた[33]

イスラム国際政治を専門とする静岡県立大学国際関係学部准教授宮田律は「欧米イスラム世界の衝突があったときに、『歴史の必然』なんて言ったら、対立構造は残ってしまう。自民党の幹事長たる人がそういうことを言うのは、無責任」、「政治家としての主体的な努力を、一切放棄した発言に聞こえる」、「昔から言動に軽さの目立った石原君のことですから、感覚的に深い主張もなく、『歴史の必然』なんて言ったんでしょう」と週刊朝日の取材に対して答えた[34]。また、週刊朝日において、「宮田と石原は大学時代の同級生である」と報じられた[34]
作家高杉良は、自民党の「軽い政治家」の例として石原の名を挙げており、「9・11のことを『歴史の必然』などと発言しているでしょう。そんな程度の幹事長です。軽すぎますよ」と評している[35]

その他の発言編集

  • 2011年6月14日、自民党幹事長在任時の記者会見で、福島第一原子力発電所事故後の反原発の動きについて「あれだけ大きな事故があったので、集団ヒステリー状態になるのは心情としては分かる」と述べた[36]
  • 脳死臓器移植法の採決に際して、自身の長男が心臓の毛細血管の病気で脳に血液が回らなくなった際に、医師に「意識はなくても人工心臓を着ければ成長はする」と言われたエピソードを紹介し、「赤ちゃんだって尊厳はある。尊厳なくしては人間ではない。その時から、脳死は人の死だと思った」と発言し、脳死を尊厳死の一つとして理由づけた[37]
  • 2012年2月6日、スポニチに“BS朝日のテレビ番組で、胃ろう措置について「人間に寄生しているエイリアンが人間を食べて生きているみたいだ」と発言した”と報じられた。しかし、石原本人は、「間違いだ。しっかりとセンテンスを見ていただきたい」と2月7日の会見で反論した[38]。また、「私は人間の尊厳を重んじなければならないと絶えず言っていて、私自身もそういうこと(胃ろう措置)は夫婦の間で行わないと決めている」と述べた。厚生労働相の小宮山洋子は「病気の方、ご家族に不快な思いをさせる言葉の使い方は慎重であってほしい」と石原を批判した[38]
  • 自民党が2011年3月23日に子ども手当のつなぎ法案に反対する方針を固めた際、幹事長であった石原は「児童手当に戻しても大した混乱は起きない。子供を社会でつくろうというポル・ポト派と一緒の考えに与するわけにはいかない」と述べた[39]
  • 2011年9月10日、青森県弘前市での講演で、当時経済産業大臣だった鉢呂吉雄が福島県の被災地を視察したあとの一連の発言をめぐって、「万死に値する」とした[33]
  • 2012年7月3日、民主党の内紛で停滞する国会を、「本来なら民主党が『特別委員会をいつまでにつくります』というのがあって然るべきだが、脳死ですね」と記者会見で発言した。しかし、「全く機能不全。ひどすぎる」と言い直した。だが、「患者家族の批判招く可能性がある」と報じられた[40]。9月11日には「報道ステーション」の特集『総裁選候補者に聞く』で「たとえば、40万人に受給者が増えた生活保護費。これは生活保護ビジネスみたいなものがあって、5万円以上の家賃をはらってタコ部屋みたいなところに押し込まれてる人はかわいそうです。東京都なんかはですね、廉価でまあ5千円程度なんですけども、都営の住宅をこれは2LDKぐらいの60平米ぐらいのところを供給している。こういうもので本当に困っている人たちに衣食住、手を差し伸べる。やっぱりそういうものに変えていけば、『ナマポ』、古舘さんもご存知だと思うが『ゲットしちゃった』『簡単よ』『どこどこに行けば簡単にもらえるわよ』、こういうものを私は是正する事が出来ると思う」と発言した。
  • 2019年5月21日、自民党本部で開かれた党外交調査会と韓国国会議員団との会談で、議員団に「おいでになった目的は何ですか?」と、突き放すように質問した[41]
  • 2020年6月11日、石原派の会合で自民党内に『消費税をゼロにする』と主張する者がいることに対し、「消費税ゼロなんてことを言ったら、どこかの政党と一緒だ。自民党は保守政党。私たちはその矜持を持って、国民から直接声を聞いて、本当に国民が望んでいる政策を取りまとめていきたい」と発言した[42]

人物・逸話編集

  • 小泉政権の主要政策の一環である道路公団民営化を任せられ脚光を浴びたが、道路族の猛攻を抑えきれず、妥協を重ねて屈したとする評価が多い[43]。これに対し石原は「最終報告には実現不可能な部分もある」とのコメントをしている[43]
  • 「政策新人類」として若手の頃から経済・金融政策に通じた議員として注目される一方、週刊文春に「チャンスに打てない中軸打者」[2]、「“お坊ちゃま”特有の打たれ弱さは抜けそうにない。お坊ちゃま」と批判され[44]、党内からは「攻撃力に欠ける」との声や、「打たれ弱さ」と「のん気さ」ばかりが目立つとも指摘された[2]
  • 2000年11月の「加藤の乱」では、自民党からの除名も覚悟のうえで、血判状に誓いを立てて党執行部への反乱側に参加した。内閣不信任案の採決が行われる本会議へ出席する直前、石原は岸田文雄根本匠塩崎恭久とともに4人だけで出陣式を行った。その乾杯に選んだのがドライマティーニであった。以後、毎年同じ時期にその4人で『ドライマティーニの会』を開催し、最初の一杯は必ずドライマティーニである[45][46]
  • 2012年自民党総裁選では当時の谷垣禎一自民党総裁に仕える立場の幹事長でありながら自ら立候補し、結果的に谷垣を不出馬に追い込むことになった。石原は「谷垣総裁を支えてきたが、谷垣さんを支えるために政治をやってきたわけではない」[47]と述べた。谷垣は「総裁選には当然、出るつもりでいました。普通の流れでいけば、そうでしょう。だけど、党執行部から何人も出るのはおかしい。悠々与党であるときなら「勝負しようぜ」でもいいのかもしれませんが、野党のときに一心同体ぐらいのつもりでやってきた人から「出る」と言われたわけですから、言われた瞬間に「これはもう私は辞めた方がいいな」と即断しました。「私は執行部の中も統一できないんだ。頼むに足らずと批判されているんだな」という思いでしたね。それでは党をまとめていけない。私の不徳の極みです。」[48]と述べた。これに対し麻生太郎元首相は、「平成の明智光秀だ」、「人間としてどうか」、「あんな奴を支援する人の気が知れない」と批判したことがある[49]
  • 2016年東京都知事選挙に立候補した山口敏夫は「伸晃はもうすぐ60歳。大臣もやってる。それが5歳や10歳の子供じゃあるまし、『父ちゃん、俺たちの担いだ候補が負けそうだから、ぜひ応援して下さい』と応援ベンチに引っ張り出した」と都連会長の手腕に疑問を呈した[50]
  • 2021年1月22日、新型コロナウイルス感染が判明し、都内では症状が出ていても入院できず自宅待機を余儀なくされている感染者が数千人いるにもかかわらず[51]即入院した[52]。「発熱やせきなどの症状はなく、いわゆる〝無症状感染〟だが、不整脈などの持病があるため、大事をとって、即日入院した」ことに対して、「特別待遇」や「上級国民」との声が上がった[53]。1月8日から新型コロナウイルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言が出されている中、21日には自身が率いる「近未来政治研究会」の派閥総会に出席し、さらに同派閥に所属している野田毅元国家公安委員長、坂本哲志一億総活躍担当相らと会員制のレストランで約40分間、派閥の運営を話し合いながら昼食をとっていた[53][54]。1月12日に西村康稔経済再生担当相が「昼間も外出自粛をお願いしたい。昼に皆とご飯を食べていいということではない」と語り[55]、自民党内で昼食時に弁当を配るのもやめて、夜だけでなく昼の会食も控えるよう申し合わせしていた中での21日の昼食だった[53]

政治資金編集

  • 道路特定財源を資金源とする道路運送経営研究会(道路特定財源の一般財源化に反対している)から献金を受けている[56]
  • パチンコメーカー奥村遊機の経営者から350万円、同じくパチンコメーカーのサミーから10万円の献金を受けている[57]
  • 東京電力や関連企業がパーティー券購入額の目安として、東京電力が政治家の電力業界での重要度を査定しランク付けしていた上位10議員の内の1人であった。議員秘書等から依頼に応じパーティー券を購入し、一回あたりの購入額を政治資金収支報告書に記載義務のない20万円以下にして東電からの資金の流れが表面化しないようにしていた[58]
  • 個人献金346件について、相手(田原総一朗、杉並区議の大熊昌巳、明治大学大学院教授の青山佾など)の職業を実態に関係なく全て「団体役員」と政治資金収支報告書に記述していた。過失でなく故意ならば政治資金規正法違反(虚偽記載)の疑いがある[59]
  • 父親で都知事であった石原慎太郎の提唱で都税1000億を投入して設立された新銀行東京に対して、石原伸晃の元私設秘書が決算書類の改ざんを知りながらもブローカーの仲介を引き受け、自民党都議に口利き仲介していたことが判明している。石原伸晃事務所は「(元秘書は)既に退職しており、口利きなどについては承知していない」としている[60]。その後、慎太郎は「口利きするのは、それこそ政治家の仕事」として政治家の口利きを肯定する発言をしている[61]
  • 2003年、消費者金融業界の政治団体「全国貸金業政治連盟」(全政連)からパーティー券購入などにより資金提供を受けていたことが報じられた[62]
  • 2004年、日本歯科医師連盟前会長の臼田貞夫(贈賄容疑で逮捕。日歯連闇献金事件を参照)と関係が深く、4000万円の迂回献金を受け取っていたことが報じられた[63]
  • 2009年と2010年の2年間に、自身が代表を務める自民党東京都第8選挙区支部の政治資金より、「会費」の名目で崇教真光に対し計36万円以上を支出していたことが報じられた。石原の事務所は、適正に処理し報告したと述べた[64]
  • 2011年から2015年まで6年間に、全国たばこ販売政治連盟全国たばこ耕作者政治連盟のいずれかから70万の資金提供を受けた。自民党たばこ議員連盟にも所属している[65]
  • 2015年、石原の政党支部が、国交省の補助金交付が決まっていた企業から寄付を受けていたことが判明した[66]。政治資金規正法では、補助金交付決定から1年以内の企業からの寄付を禁じている[66]
  • 2021年11月17日、東京都選挙管理委員会が前年分の政治資金収支報告書を公表。これにより、石原が代表を務める自民党東京都第8選挙区支部が2020年に新型コロナウイルス対策の雇用調整助成金(雇調金)を3回にわたり、計約60万8千円受け取っていたことが明らかとなった[12]。雇調金は政治団体も申請することができ、石原の事務所は「所管官庁に確認したうえで必要な書類を添付し、適切に申請し、審査いただいたものと承知しております」とコメントした。これに対し12月9日、立憲民主党の小川淳也政務調査会長は記者会見し、「極めて不適切で検証したい」と批判。国民民主党の玉木雄一郎代表も記者団の取材に応じ、「私も私設秘書を雇っているので『仕事がなくなった』と言って申請をすることもできるが、普通はやらない」と批判した[67]

選挙歴編集

当落 選挙 施行日 選挙区 政党 得票数 得票率
(%)
得票順位
/候補者数
定数 票差
(と次点者)
惜敗率
(%)
比例区
順位
政党当選者数
/政党候補者数
第39回衆議院議員総選挙 1990年02月18日 旧東京4区 無所属 73,939 13.81 2/17 5 12,628 - - -
第40回衆議院議員総選挙 1993年07月18日 旧東京4区 自由民主党 61,261 12.26 5/12 5 3,213 - - -
第41回衆議院議員総選挙 1996年10月20日 東京8区 自由民主党 74,856 32.67 1/5 1 7,186 - - -
第42回衆議院議員総選挙 2000年06月25日 東京8区 自由民主党 105,779 43.66 1/4 1 28,647 - - -
第43回衆議院議員総選挙 2003年11月09日 東京8区 自由民主党 136,429 54.98 1/4 1 58,422 - - -
第44回衆議院議員総選挙 2005年09月11日 東京8区 自由民主党 161,966 57.26 1/3 1 67,892 - - -
第45回衆議院議員総選挙 2009年08月30日 東京8区 自由民主党 147,514 49.95 1/4 1 30,791 - - -
第46回衆議院議員総選挙 2012年12月16日 東京8区 自由民主党 132,521 46.93 1/4 1 61,493 - - -
第47回衆議院議員総選挙 2014年12月14日 東京8区 自由民主党 116,193 47.56 1/4 1 42,845 - - -
第48回衆議院議員総選挙 2017年10月22日 東京8区 自由民主党 99,863 39.22 1/6 1 23,580 - - -
第49回衆議院議員総選挙 2021年10月31日 東京8区 自由民主党 105,381 37.17 2/3 1 - 76.73 8 6/28
当選回数10回 (衆議院議員10)

所属団体・議員連盟編集

略歴編集

編集

家族・親族編集

石原家編集

(愛媛県松山市八幡浜市大洲市、兵庫県神戸市須磨区、北海道小樽市、神奈川県逗子市東京都
  • 祖父・(山下汽船社員)
1899年明治32年)12月生 〜 1951年昭和26年)10月没
愛媛県喜多郡長浜町(現大洲市)生まれ。父(石原4兄弟の曾祖父)・信直は警察官だった。宇和島中学(現在の宇和島東高校中退。14歳で山下汽船に店童として入社した。店童[82]あがりだったにもかかわらず、最後は関連会社重役にまで出世した。
  • 祖母・光子広島県、加藤三之助の娘)
1909年明治42年)9月生 〜 1992年平成4年)6月没。
1934年昭和9年)12月生 〜 1987年(昭和62年)7月没。
1932年(昭和7年)9月生〜 2022年令和4年)2月没。葬儀では伸晃が喪主を務めた。
  • 母・典子(神奈川県、石田光治の娘)
1938年(昭和13年)1月生〜 2022年令和4年)3月没。
伸晃は1988年(昭和63年)、女優・女性タレントであった田中理佐と結婚、衆議院議員選挙に初当選した1990年(平成2年)には女児が誕生した[83]。第2子として1993年(平成5年)に誕生した長男には先天性動静脈瘻があり、2度の外科手術を受けたものの生後5ヶ月で死亡した[83]1999年(平成11年)、次男となる男児が誕生した。
結婚時、伸晃の母親・典子から画数の不良を指摘された田中は、自身の名前を出生名であった「理佐」から「里紗」へ改めている[83]

その他編集

脚注編集

[脚注の使い方]

出典編集

  1. ^ 『石原慎太郎を知りたい:石原慎太郎事典』志村有弘2001年発行、1ページ
  2. ^ a b c PRESIDENT (2011年4月25日). “自由民主党幹事長 石原伸晃 -4選を決めた石原都知事の「のん気」な跡取り”. PRESIDENT Online. http://president.jp/articles/-/4030 2014年9月8日閲覧。 
  3. ^ 芹川洋一著、平成政権史、日経プレミアシリーズ、2018年、137頁、日本経済新聞出版社
  4. ^ “石破氏1位、党員票で圧倒=安倍氏と決選投票-自民総裁選”. 時事通信. (2012年9月26日). http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012092600189 2013年11月5日閲覧。 [リンク切れ]
  5. ^ “皇太子さまが認証式臨時代行” (日本語). ロイター. 共同通信 (トムソン・ロイター). (2016年1月28日). http://jp.reuters.com/article/idJP2016012801001922 2016年1月28日閲覧。 
  6. ^ 衆議院選挙2021 東京(千代田区・港区など)開票速報・選挙結果”. 衆議院選挙2021特設サイト. NHK. 2021年11月1日閲覧。
  7. ^ 【2021年 衆院選】東京ブロック(比例区)開票速報”. 衆議院選挙(2021年総選挙)特設サイト. 朝日新聞社. 2021年11月18日閲覧。
  8. ^ 自民の石原伸晃氏が落選確実、比例復活もできず 弟の宏高氏と明暗:東京新聞 TOKYO Web” (日本語). 東京新聞 TOKYO Web. 2021年11月1日閲覧。
  9. ^ 竹之内秀介 (2021年10月25日). “選挙区を歩く 東京8区 「石原王国」に地殻変動”. 産経新聞. https://www.sankei.com/article/20211025-2S3VJQVLIJNKBKKK7XLIXRFMHM/ 2021年11月10日閲覧。 
  10. ^ 2021衆院選 開票速報 東京8区”. 朝日新聞. 2021年11月10日閲覧。
  11. ^ “首相補佐官に寺田氏、石原氏は内閣官房参与に”. 産経新聞. (2021年12月3日). https://www.sankei.com/article/20211203-5KTVZ2KYOBMNXBIJR3PXVBRMJ4/ 2021年12月3日閲覧。 
  12. ^ a b 政治資金収支報告書 自由民主党東京都第八選挙区支部(令和2年分 定期公表) (PDF)”. 東京都選挙管理委員会 (2021年11月17日). 2021年12月10日閲覧。
  13. ^ 吉崎洋夫 (2021年12月7日). “【独自】石原伸晃事務所がコロナ助成金約60万円を受給 「確認の上で申請」と釈明するも専門家から疑問の声”. AERA. https://dot.asahi.com/dot/2021120700080.html 2021年12月10日閲覧。 
  14. ^ “自民 石原元幹事長 内閣官房参与を辞任 雇用調整助成金受領で”. NHK. (2021年12月10日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211210/k10013383721000.html 2021年12月10日閲覧。 
  15. ^ 石原伸晃氏、内閣官房参与の給与辞退 勤務日数は4日間共同通信・日本経済新聞2021年12月13日
  16. ^ 自民党“森山派”が発足 “石原派”9年の歴史に幕”. JNN (2021年12月16日). 2021年12月16日閲覧。
  17. ^ a b c d e f g h 石原伸晃”. 2017衆院選 候補者アンケート(朝日・東大谷口研究室共同調査). 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  18. ^ a b c d e f 石原伸晃”. 朝日・東大谷口研究室共同調査 - 2021衆議院選挙. 朝日新聞社. 2021年10月22日閲覧。
  19. ^ a b c d 東京8区”. NHK 衆議院選挙2021 候補者アンケート. 2021年10月21日閲覧。
  20. ^ a b 自民 東京8区 石原伸晃”. 第49回衆院選. 毎日新聞社. 2022年6月7日閲覧。
  21. ^ “島根で5度目の竹島の日 知事「世論の高揚不可欠」”. 共同通信社. 47NEWS. (2010年2月22日). http://www.47news.jp/CN/201002/CN2010022201000712.html 2010年11月23日閲覧。 
  22. ^ 朝日新聞、2014年衆院選、朝日・東大谷口研究室共同調査、2014年。
  23. ^ 原田晋也、皆川剛 (2021年6月23日). “森友問題「赤木ファイル」黒塗りでも読み解けたこと、残った謎 安倍昭恵氏の削除は初日に指示”. 東京新聞. https://www.tokyo-np.co.jp/article/112153 2021年9月21日閲覧。 
  24. ^ “公団総裁解任は妥当 藤井氏の取り消し請求棄却”. 共同通信. (2006年9月6日). http://www.47news.jp/CN/200609/CN2006090601003039.html 2014年9月8日閲覧。 
  25. ^ 2008年10月27日 時事通信
  26. ^ “【自民総裁選】河野談話、靖国、尖閣で各候補の違い浮き彫り”. MSN産経ニュース. (2012年9月14日). オリジナルの2012年9月15日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120915002054/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120914/stt12091423530023-n1.htm 2013年11月8日閲覧。 
  27. ^ a b “【尖閣国有化】中国は「尖閣に攻めてこない」 自民・石原氏が断言”. MSN産経ニュース. (2012年9月12日). オリジナルの2012年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120912032646/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120912/stt12091200290001-n1.htm 2013年11月8日閲覧。 
  28. ^ a b “石原幹事長、失言再犯 福島原発を“福島第1サティアン””. J-CASTニュース. (2012年9月13日). http://www.j-cast.com/2012/09/13146358.html 2012年9月20日閲覧。 
  29. ^ “石原伸晃氏、テレビで問題発言 福島第1原発を「サティアン」”. スポーツニッポン. (2012年9月13日). http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/09/13/kiji/K20120913004105140.html 2012年9月20日閲覧。 
  30. ^ “石原氏「福島第1サティアンに」 汚染土壌処理問題で 「単なる言い間違え」?”. サンケイビズ. (2012年9月13日). http://www.sankeibiz.jp/macro/news/120913/mca1209132312015-n1.htm 2012年9月20日閲覧。 [リンク切れ]
  31. ^ https://twitter.com/kyodo_official/status/478459105804181504
  32. ^ “石原自民幹事長、米中枢同時テロ「歴史の必然として」”. MSN産経ニュース. (2011年9月10日). オリジナルの2011年9月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110910145803/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110910/stt11091017550007-n1.htm 2013年11月8日閲覧。 
  33. ^ a b “自民党幹事長 首相の任命責任も”. NHKオンライン. (2011年9月10日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110910/t10015519021000.html 2013年11月5日閲覧。 [リンク切れ]
  34. ^ a b 宮田律「自民党政権でも外交はダメダメ」『週刊朝日』116巻48号、朝日新聞出版2011年10月7日、28頁。
  35. ^ 高杉良小宮悦子「『虚像』刊行記念特別対談――野田総理は『小泉&竹中』の負の遺産を断ち切れるか!」『週刊新潮』56巻39号、新潮社2011年10月13日、68頁。
  36. ^ “反原発、「集団ヒステリー」=石原自民幹事長”. 時事通信. (2011年6月14日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201106/2011061400416 2013年11月5日閲覧。 [リンク切れ]
  37. ^ 1997年4月25日 読売新聞
  38. ^ a b “石原伸晃氏の「エイリアン」発言 各党から批判の嵐”. スポーツニッポン. (2012年2月8日). オリジナルの2012年2月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120210223243/http://www.sponichi.co.jp/society/news/2012/02/08/kiji/K20120208002589010.html 2013年11月8日閲覧。 
  39. ^ “【東日本大震災】自公、子ども手当つなぎ法案に反対へ 石原幹事長「ポルポトに与しない!」”. MSN産経ニュース. (2011年3月23日). オリジナルの2011年3月25日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110325110029/http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110323/stt11032322480007-n1.htm 2013年11月8日閲覧。 
  40. ^ msn 産経ニュース 2012.7.3 石原・自民幹事長、民主党は「脳死ですね」 患者家族の批判招く可能性も
  41. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年5月21日). “韓国議員団が自民議員らと面会…関係改善に焦る韓国側” (日本語). 産経ニュース. 2020年11月18日閲覧。
  42. ^ 自民・石原氏「保守政党は『消費税ゼロ』言っちゃダメ」” (日本語). 朝日新聞デジタル (2020年6月11日). 2021年10月8日閲覧。
  43. ^ a b “やっぱり大ウソだった「道路公団改革」の現状”. 講談社. (2003年5月14日). オリジナルの2003年6月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030624060101/http://kodansha.cplaza.ne.jp/broadcast/special/2003_05_14/content.html 2013年11月8日閲覧。 
  44. ^ チャンスに打てない中軸打者石原伸晃「本日も空振り」」『週刊文春』2006年12月21日号、文藝春秋、2006年12月14日、2010年10月11日閲覧。
  45. ^ 福井 慶仁 (2019年12月12日). “ドライマティーニ密談で蘇る「加藤の乱・血判状」の記憶 自民ベテラン4人が語り合った「ポスト安倍」への夜”. FNNプライムオンライン. https://www.fnn.jp/articles/-/16282 2021年12月8日閲覧。 
  46. ^ “岸田首相と“トモダチ” 落選の石原伸晃氏「内閣参与」に 任命に“異論も””. FNNプライムオンライン. (2021年12月6日). https://www.youtube.com/watch?v=Uga8UEH6f00 2021年12月8日閲覧。 
  47. ^ 自民党総裁選、現職の出馬断念は菅首相が5人目 政界Zoom” (日本語). 日本経済新聞. 2021年9月17日閲覧。
  48. ^ 話の肖像画 谷垣禎一(21)総裁選出馬を断念…不徳の極み” (日本語). 産経新聞. 2022年4月22日閲覧。
  49. ^ “早くも組閣人事に色めきたつ 自民党の「気分はもう与党」”. 週刊文春. (2012年10月25日). http://shukan.bunshun.jp/articles/-/1948 2014年9月8日閲覧。 
  50. ^ 【都知事選】山口敏夫氏が石原親子を猛批判「親ばか。せがれはもっと頭が悪い」
  51. ^ 【ニューズウィーク】2021年1月22日付「東京都22日の新型コロナ新規感染1,175人・重症者は158人 自宅療養者は11日連続8,000人以上」
  52. ^ “自民・石原伸晃元幹事長がコロナ感染 既往症のため入院”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2021年1月22日). https://www.asahi.com/articles/ASP1Q65WSP1QUTFK01X.html 2021年1月22日閲覧。 
  53. ^ a b c コロナ感染・石原伸晃氏に「上級国民」批判 〝禁〟破り会食、即入院(東スポWeb)” (日本語). Yahoo!ニュース. 2021年1月22日閲覧。
  54. ^ 共同通信「「慎重であるべきだった」」『Reuters』、2021年1月26日。2021年1月26日閲覧。
  55. ^ 西村担当相、外食ランチも自粛呼び掛け 「しばらく家庭で食事を」:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2021年1月22日閲覧。
  56. ^ http://www.soumu.go.jp/senkyo/seiji_s/kanpo/020913/203/pdf/20020913g00203y0116.pdf [リンク切れ]
  57. ^ [1]
  58. ^ “東電、10議員を「厚遇」 パーティー券を多額購入”. 朝日新聞. (2012年1月8日). オリジナルの2012年1月8日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120108050344/http://www.asahi.com/national/update/0107/TKY201201070496.html 2013年11月8日閲覧。 
  59. ^ “石原環境相への個人献金 346件すべて「団体役員」 ジャーナリスト・区議・会社社長も”. しんぶん赤旗. (2013年1月3日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2013-01-03/2013010311_01_1.html 2013年11月5日閲覧。 
  60. ^ 2008年10月18日 読売新聞
  61. ^ 2008年11月1日 スポーツ報知
  62. ^ “パーティー券リストの面々”. しんぶん赤旗. (2003年9月12日). http://www.jcp.or.jp/akahata/aik2/2003-09-12/14_01.html 2013年11月5日閲覧。 
  63. ^ 2004年5月13日(木)「しんぶん赤旗」
  64. ^ 石原幹事長、宗教法人に「会費」=自民支部から2年36万円—「適正に処理し報告」”. asahi.com. 朝日新聞社 (2011年11月24日). 2011年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年11月8日閲覧。
  65. ^ タバコ業界からの政治献金が 受動喫煙防止の立法を妨げている -国民世論も国際的協定・趨勢も許すものではない- 子どもに無煙環境を推進協議会、日本禁煙学会理事 野上浩志
  66. ^ a b 読売新聞、2015年3月3日
  67. ^ “自民 石原伸晃元幹事長が代表の党支部 雇用調整助成金受給”. NHK. (2021年12月9日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20211209/k10013382241000.html 2021年12月10日閲覧。 
  68. ^ 「自民党たばこ議員連盟」役員(2017/3/7現在)及び役員へのタバコ販売&耕作者政治連盟からの6年間の献金額(万円)”. 2018年4月11日閲覧。
  69. ^ 自民党たばこ議員連盟臨時総会(出席者)”. 2018年4月11日閲覧。
  70. ^ 国会議員懇談会会員リスト”. 神道政治連盟 (2013年10月25日). 2013年11月5日閲覧。
  71. ^ a b c 俵義文、日本会議の全貌、花伝社、2016年
  72. ^ http://www.jiji.com/jc/article?k=2016102600588&g=pol
  73. ^ “韓国議員団が自民議員らと面会…関係改善に焦る韓国側”. 産経新聞. (2019年5月21日). https://www.sankei.com/politics/news/190521/plt1905210057-n1.html 2019年5月26日閲覧。 
  74. ^ 『現代印章 2019年4月号』(ゲンダイ出版)
  75. ^ Elmira College”. エルマイラ大学. 2013年11月5日閲覧。
  76. ^ 自由民主党役員表”. 自由民主党 (2010年9月9日). 2013年11月5日閲覧。
  77. ^ 選挙区 東京8区 2017 衆院選(開票速報) NHK選挙WEB”. 2017年10月23日閲覧。
  78. ^ 自民 石原伸晃 元幹事長 落選が確実に 比例でもおよばず NHK NEWS WEB”. 2021年11月1日閲覧。
  79. ^ 首相補佐官に寺田氏、石原氏は内閣官房参与に”. 産経新聞社 (2021年12月3日). 2022年7月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月18日閲覧。
  80. ^ 自民 石原元幹事長 内閣官房参与を辞任 雇用調整助成金受領でNHK 2021年12月10日
  81. ^ 石原伸晃氏がレジオン・ドヌール勲章を受章” (日本語). La France au Japon. 2020年10月23日閲覧。
  82. ^ 店童(てんどう)とは、海運会社独特の制度で、商店でいえば丁稚に相当し、宿舎と食事は確保してくれる代わりに、給料は一切なかった。便所掃除、社員の磨き、使い走り。店童は上司から命じられれば何でもやらなければならなかった。時には、入れや、なじみの遊廓女郎菓子を届けることまでやらされた (『てっぺん野郎─本人も知らなかった石原慎太郎』31頁)。
  83. ^ a b c 『妻の目』(石原伸晃公式ウェブサイト) 平成13年7月のエントリー、平成22年10月2日閲覧
  84. ^ [2] NPO法人日中国会議員書画展実行委員会
  85. ^ 毎日新聞社会部『オウム「教祖」法廷全記録3』 p.316

関連項目編集

外部リンク編集

公職
先代
設置
  内閣官房参与(観光立国その他特命担当)
2021年
次代
廃止
先代
甘利明
  内閣府特命担当大臣経済財政政策
第21代:2016年 - 2017年
次代
茂木敏充
先代
長浜博行
  環境大臣
第19代:2012年 - 2014年
次代
望月義夫
先代
長浜博行
  内閣府特命担当大臣原子力防災
第3代:2012年 - 2014年
次代
望月義夫
先代
林寛子
  国土交通大臣
第3・4代:2003年 - 2004年
次代
北側一雄
先代
橋本龍太郎
  規制改革担当大臣
第2代:2001年 - 2003年
次代
金子一義
議会
先代
塩崎恭久
  衆議院法務委員長
2005年 - 2006年
次代
七条明
党職
先代
大島理森
自由民主党幹事長
第45代:2010年 - 2012年
次代
石破茂
先代
中川昭一
自由民主党政務調査会長
第49代:2007年
次代
谷垣禎一
先代
太田誠一
自由民主党党改革実行本部長
2007年
次代
武部勤
先代
山崎拓
近未来政治研究会会長
第2代:2012年 - 2021年
次代
森山裕