メインメニューを開く

戸梶 正夫(とかじ まさお、1939年4月17日 - )は兵庫県神戸市長田区出身の元プロ野球選手捕手)。

戸梶 正夫
基本情報
出身地 日本の旗 日本 兵庫県神戸市長田区
生年月日 (1939-04-17) 1939年4月17日(80歳)
身長
体重
176 cm
71 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1958年
初出場 1958年7月20日
最終出場 1967年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

育英高校では3年次の1957年に捕手としてエース・永井進(阪急)とバッテリーを組み、春夏連続で甲子園出場を果たす。春の選抜は2回戦(初戦)で倉敷工に完封負けを喫したが、巨人阪急が「兵庫県ナンバーワンの大型捕手」として注目。夏の選手権も春と同じく2回戦から出場したが、広島商に延長10回サヨナラ負け。夏の大会終了後には新三菱重工に入社が内定していたが、河西俊雄スカウトの熱心の勧誘もあって1958年大阪タイガースへ入団。同年7月20日国鉄戦(甲子園)で初出場を果たし、9月7日の巨人戦(甲子園)ではプロ初安打を含む3打数3安打を挙げたほか、安原達佳からプロ初本塁打・初打点も記録した。打撃には難があったものの、強肩を買われて1960年から一軍に定着。正捕手・山本哲也の壁を破れなかったが、1962年には自己最多の65試合に先発マスクを被り、チームのリーグ優勝に貢献。東映との日本シリーズでは全7戦中3戦に出場。打撃成績では2打数無安打に終わったが、第5戦では代走で出場して1得点を記録。同年オフには他球団への移籍も噂されたが、藤本定義監督が放出を許さずに残留。1963年福塚勝哉・山本哲也に次ぐチーム3位の60試合に出場し、相性の良かったジーン・バッキーとのバッテリーを中心に起用された。この年の阪神は戸梶ーバッキーのほか、福塚ー村山実や山本ー小山正明など相性の良さで捕手を起用し、今でいう「プラトーン・システム」でやりくりした。1964年には自己最多の5本塁打を放って2年ぶりのリーグ優勝に貢献したが、南海との日本シリーズでは出場機会が無かった。公式戦で放った5本中4本は巨人戦から放ったものであり、その4本中2本は藤田元司から記録。8月2日に甲子園で行われたダブルヘッダーでは2試合連続で本塁打を記録しており、第1試合では2本放つなどして2試合で3本放った。1966年東京オリオンズへ移籍するが、あまり活躍の場はなく1967年限りで引退。

引退後は三宮で食堂を経営。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1958 阪神 11 11 11 2 4 0 0 1 7 2 0 0 0 0 0 0 0 1 1 .364 .364 .636 1.000
1959 36 30 28 1 7 3 0 0 10 1 0 0 0 0 2 0 0 5 3 .250 .300 .357 .657
1960 41 53 51 3 10 0 0 1 13 1 0 0 0 0 2 0 0 10 2 .196 .226 .255 .481
1961 69 112 103 4 24 3 1 1 32 6 1 0 2 0 7 0 0 24 1 .233 .282 .311 .592
1962 90 211 197 7 39 8 1 1 52 14 0 2 2 0 10 0 2 35 1 .198 .244 .264 .508
1963 60 95 81 6 14 2 0 1 19 6 0 0 1 1 11 0 1 16 4 .173 .280 .235 .514
1964 63 153 138 15 28 1 1 5 46 11 1 0 2 0 13 0 0 18 4 .203 .272 .333 .605
1965 22 35 32 2 3 1 0 0 4 1 1 0 1 0 2 0 0 6 0 .094 .147 .125 .272
1966 東京 13 9 9 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 4 0 .000 .000 .000 .000
1967 16 19 19 3 4 0 0 0 4 1 0 0 0 0 0 0 0 5 0 .211 .211 .211 .421
通算:10年 421 728 669 43 133 18 3 10 187 43 3 3 8 1 47 0 3 124 16 .199 .255 .280 .534

背番号編集

  • 31 (1958年 - 1965年)
  • 28 (1966年 - 1967年)

関連項目編集