押しボタン式投票

押しボタン式投票(おしボタンしきとうひょう)とは、参議院において1998年平成10年)1月14日に始まった投票方式の一つである。日本の国会では参議院で導入されている。以下、本項では参議院における押しボタン式投票について述べる。

概要編集

本会議場の議席には賛成・反対・取り消しの3つのボタンがある。議席に着いている議員が氏名標をたて、自らいずれかのボタンを押して投票する。投票で誰がどういう判断を下したかは投票してから数時間後に参議院の公式サイト上で公開され[1]、議事録にも掲載される。

流れとして議長の「本案の賛否について投票ボタンをお押し願います」の宣告で投票開始。しばらくしてから「まもなく投票を終了いたします」の終了予告が入り、「これにて投票を終了いたします」の宣告で投票終了となる。

野党牛歩戦術を行いたい時、与党は野党の牛歩戦術を封じるために押しボタン式投票で採決しようとすることがある。ただし参議院規則138条で、5分の1以上の議員の要求がある場合は記名投票にしなければならないと定めており、その場合は牛歩戦術が行える。

なお、押しボタン式投票は衆議院では導入されていない(衆議院での採決は全会一致であれば「異議なし採決」、それ以外は「起立採決」が一般的である。)。

歴史編集

議事進行の迅速化、投票行動が瞬時に明確になるといった利点があり、参議院改革のシンボルとして、1998年に参議院規則の改正により押しボタン式投票が導入された[2]

参議院での初使用は1998年1月14日1995年決算の採決である。

2005年8月8日郵政国会での郵政民営化法案の本会議採決では、牛歩戦術のときとは逆に、与党が記名投票を、野党が押しボタン式投票を主張した。これは、与党側が押しボタン式投票では誰が造反したかすぐにはわからないため造反を誘発すると懸念し、誰が造反したかすぐにわかる記名投票を主張したもの。結局、投票方法は記名投票となったが、採決結果は自民党から反対22票・棄権8票の造反が出て否決された。

ちなみに、押しボタン式の投票装置を世界で最初に発明したのはトーマス・エジソン1868年アメリカ合衆国)であるが、当時のアメリカの議会においては、「野党の議員による牛歩戦術が出来なくなる」という理由により、全く採用されなかった。

その他編集

押しボタン投票で間違えた例編集

起立採決や記名投票では所属政党の他の議員の賛否を確認しながら意思表示ができるため、投票を間違えることはほとんどない。しかし、押しボタン式投票では他の議員の賛否を確認できないため、間違えて本来の意図に反した投票をすることがある[1]

押しボタン式投票で間違えた例
投票年月日 議員 政党 議案 元々の予定 実際の投票
2008年6月6日 山下栄一 公明党 後期高齢者医療制度廃止法案 反対 賛成
2008年6月11日 円より子 民主党 原爆被爆者援護法改正案
ハンセン病問題解決促進法改正案
賛成 反対
2010年3月31日 伊達忠一
岸宏一
自由民主党 高校無償化法案 反対 賛成
2013年3月15日 風間直樹 民主党 日銀総裁同意人事 賛成 反対
2019年12月4日[3] 勝部賢志 立憲民主党 日米貿易協定 反対 賛成

なお、議長が「これにて投票を終了致します」と宣告するまでの間に議員が間違いに気づけば、「取り消し」のボタンを用いて賛否を訂正することができる。

欠席者の投票編集

2010年平成22年)3月31日の本会議で、自由民主党議員の若林正俊は、平成22年度NHK予算承認案件など10件について、自分の議席のボタンのほかに、採決の際に議場にいなかった隣の自民党議員の青木幹雄の議席のボタンを押して投票した[4]。2日後、若林はこの責任を取って参議院議員を辞職した[2]

代理投票をした理由としては、参議院本会議で導入されている押しボタン式投票では、有権者が個々の議員の投票先が容易に閲覧できる仕組みになっていることから、棄権が多くなると国会欠席で政治活動が怠慢であるとして、有権者にネガティブな印象を与えてしまうために、青木から代理投票を依頼されたと推測されたが、若林は記者会見で「魔が差したとしか言いようがない」「青木さんから依頼されたことはない」と謝罪・釈明を行い、青木からの代理投票の依頼を否定した[5]

新型コロナウイルス感染症対策による押しボタン式投票の中止編集

2020年令和2年)4月10日の本会議における採決は、押しボタン式投票ではなく起立採決で行なわれた。これは感染防止のため、密集を避けるため間隔を空けて着席することになり、押しボタン装置のない席を利用する議員が生じたためである[6]。なお、参議院の本会議場は、貴族院時代からの議場をそのまま使用しているため、460席配列されており、議員数(245名)よりも多くの議席がある[7]ため可能になった措置である。また全会一致議案も衆議院と異なり起立で行い、異議なし採決ではなかった。

脚注編集

  1. ^ a b “緊張欠く?押しボタン投票 参院改革のシンボルのはずが”. 朝日新聞: p. 2. (2010年4月3日). http://www.asahi.com/politics/update/0403/TKY201004020514_01.html 2010年4月3日閲覧。 
  2. ^ a b “緊張欠く?押しボタン投票 参院改革のシンボルのはずが”. 朝日新聞: p. 1. (2010年4月3日). http://www.asahi.com/politics/update/0403/TKY201004020514.html 2010年4月3日閲覧。 
  3. ^ “「投票ボタン、押し間違えた」立民・勝部氏が賛成票…日米貿易協定”. 読売新聞. (2019年12月4日). https://www.yomiuri.co.jp/politics/20191204-OYT1T50228/ 2019年12月4日閲覧。 
  4. ^ 参議院規則第135条では、「表決の際に、現に議場にいない議員は、表決に加わることができない」とされて、代理投票の規定は存在しない。
  5. ^ “若林氏辞職「魔が差したとしかいいようがない」”. 産経新聞. (2010年4月2日). http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/100402/stt1004021057007-n1.htm 2010年4月2日閲覧。 
  6. ^ “参院は、議員が1席づつ間隔を空け・・国会再開”. 日テレNEWS24. (2020年4月10日). https://www.news24.jp/articles/2020/04/10/04623506.html 2020年4月11日閲覧。 
  7. ^ 国会体験・見学 > 国会議事堂案内 > 参議院議場, 参議院, https://www.sangiin.go.jp/japanese/taiken/gijidou/6.html 2020年4月11日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集