メインメニューを開く

拳銃無宿 脱獄のブルース』(けんじゅうむしゅく だつごくのブルース)は、1965年12月4日に公開された日本映画である。製作・配給は日活。監督は森永健次郎。主演は渡哲也

拳銃無宿 脱獄のブルース
監督 森永健次郎
脚本 星川清司石森史郎
原作 阿部啓三郎
製作 仲川哲朗(企画)
出演者 渡哲也松原智恵子藤竜也
音楽 渡辺宙明
主題歌 「男の波止場」「ぬれた街角」
撮影 松橋梅夫
編集 井上治
製作会社 日活
配給 日活
公開 1965年12月4日
上映時間 80分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

目次

あらすじ編集

ヤクザの武原圭之助に拾われて育てられた佐賀達治と郷田剛。成長した達治はヤクザたちから恐れられる拳銃使いとなったが、裏の稼業から足を洗って組の建設の仕事に就いていた。一方の剛は武原の下でナイトクラブのシノギを続け、夜の街の帝王となっていた。

表の仕事を地道にこなす達治であったが、武原と対立関係にある赤沢重蔵の清風会が仕掛けてきた高速道路工事の権利問題に巻き込まれる。達治の機転で一度は収まったかに見えたこの問題も、武原が狙撃されたことによってこじれ、赤沢をはじめとする関係者たちが武原の手で次々と殺されていく。挙げ句に、武原に代わって刑務所行きとなった剛までも命を狙われていることを知った達治は剛の脱獄に手を貸し、そして危機を救うために再び拳銃を手にする[1]

キャスト編集

スタッフ編集

同時上映編集

脚注編集

外部リンク編集