西尾 三枝子(にしお みえこ、1947年7月11日 - )は、日本の女優

にしお みえこ
西尾 三枝子
西尾 三枝子
『映画情報』1966年2月号の裏表紙
生年月日 (1947-07-11) 1947年7月11日(76歳)
出生地 日本の旗鹿児島県加世田市
(現・南さつま市
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 舞台・テレビ・映画
活動期間 1964年 - 現在
備考
身長158cm 体重52kg。
テンプレートを表示

鹿児島県加世田市(現・南さつま市)出身。身長158cm、体重52kg。

来歴 編集

 
砂の上の植物群』(1964年)の撮影現場。左から原作者の吉行淳之介、監督の中平康、出演者の西尾。

1963年、第7期日活ニューフェイスとして入社し、1964年にデビュー(同期は山本陽子谷隼人沖田峻一郎など)。主に青春映画を中心として活躍した。特にデビュー当初はまだ現役の女子高校生だったが、高校生とは思わせないほどの演技ぶりを見せていた。

また歌唱力にも長けており歌手としても活動したが、大ヒットには恵まれなかった。

1966年に日活を退社。その後、徐々にヌード、セクシー路線への出演を要求されるようになったことも伴い、活動の場をテレビドラマへ移行。数々のテレビドラマでレギュラーに、ゲストにと活躍するようになる。

結婚などに伴い休業していたが2000年頃より活動を再開。「女性中心の舞台を演じてみたい」という想いがつのり、その念願叶い劇団「女塾」を旗揚げ。自らプロデューサーとして活動を行った。

プロレスラー・元プロレスレフェリーマイティ井上大衆演劇俳優の松井誠は元夫(共に離婚)[1]。松井との息子に俳優の和悠斗がいる。赤坂でカラオケスナックを経営していた[1]が、2019年を以て閉店している。

主な出演作品 編集

テレビドラマ 編集

  • 美しい十代(1964年 日活) - 竹内ミカ
  • 明日ある道(1964年)
  • おにぎり(1966年)- ゲスト
  • 泣いてたまるか(1966年、1968年)- ゲスト・セツコ 役、他
  • 山のかなたに(1966年)
  • 魚河岸の石松(1966年)- 第9話ゲスト
  • 愛(かな)しき哉(1966年)- 関沢節 役
  • 新吾十番勝負 第12話「狼谷の決斗」(1966年、TBS / 松竹テレビ室)- エミ
  • 太郎(1967年)- 第9話ゲスト・みち子
  • 鉄道公安36号(1967年)- ゲスト
  • てなもんや三度笠(1967年)- 第268話ゲスト・おみえ
  • 青空に叫ぼう(1967年)- 村瀬麻紀
  • お嫁さん(1967年)- 第2シリーズ・北野智子
  • 恋はいろいろ(1967年)- 踊り子ゆかり
  • わが敵(1967年)
  • 蛍火(1967年)- 後編ゲスト・お良
  • 野次馬がいく 第8話「泣くな!大親分」(1967年)- ゲスト・お雪
  • 愛の歌(1967年)
  • 青島幸男の しまった!(1967年)- ゲスト
  • 東芝日曜劇場 わが敵(1967年)
  • 東京警備指令 ザ・ガードマン(1967年 TBS / 大映テレビ)- 第134話ゲスト・絵理
  • 銭形平次CX / 東映
    • 第80話「待っていた女」(1967年) - おゆき
    • 第165話「満月の影」(1969年) - お町
  • 秘密指令883(1967年)- 第11話ゲスト・夏目
  • ローンウルフ 一匹狼(1967年)- 第11話ゲスト
  • 第13話「絵姿五人小町」(1967年) - 五人小町の志津
  • もがり笛(1968年)
  • 刑事(でか)さん(1968年)- 第6話ゲスト
  • ジョン万次郎(1968年)- 第2話ゲスト・小夜
  • 木下恵介アワー おやじ太鼓(1)(1968年 TBS)- 水原トシ  第8話、第9話、第17話、第21話、第28話、第29話、第37話
  • あねいもうと(1968年)- けい子
  • 次郎長三国志(1968年)- ゲスト
  • 七人の刑事(1968年)- ゲスト
  • 道頓堀(1968年)- ゲスト・おしず
  • 鞍馬天狗(1968年)- 第84話ゲスト・喜多
  • 喧嘩太郎(1969年)- ゲスト
  • 大奥(1969年)- 第20・21話ゲスト・女中せき
  • 頑張れ!かあちゃん(1969年)- はま子
  • おやじとオレと(1969年)- ゲスト
  • 東京バイパス指令(1969年)- 第29話ゲスト・麻美
  • 木下恵介アワー おやじ太鼓(2)(1969年 TBS)- 水原トシ  第41話、第50話、第65話(話数は第一部からの連続)
  • パンとあこがれ(1969年)- 島村静子
  • サインはV(1969年 TBS)- 朝丘ミヨ
  • 新・平四郎危機一発(1969年)- ゲスト
  • 特別機動捜査隊NET / 東映)
    • 第429話「愛の日記」(1970年) - 西野恵子
    • 第749話「女ごころの謎」(1976年) - 小谷ルミ
    • 第758話「愛情の海」(1976年) - 中杉保子
  • 素浪人 花山大吉(1970年)- 第58話ゲスト
  • ライオン奥様劇場 夜のかげろう(1970年)- 都築葉子
  • 孤島の太陽(1970年)- ゲスト
  • ゴールドアイ(1970年 NTV / 東映)- 第12話ゲスト
  • キイハンター(1970年 TBS / 東映)- 第111、121話ゲスト
  • どこかでなにかが(1970年)- 早乙女梅子
  • プレイガールシリーズ12Ch / 東映)
    • プレイガール
      • 第66話「女は濡れ場で強くなる」(1970年) - ゲスト・マヤ
      • 第69話「殺しの前に入浴を」(1970年)〜第287話「男見るべからず プレイガール最後の決闘」(1974年) - レギュラー・山尾三枝子
    • プレイガールQ
      • 第9話「女の野性は夜燃える」(1974年) - 郁代
      • 第14話「女極道うらみ節」(1975年) - 池上玲子
      • 第24話「女は一度勝負する」(1975年) - 万里子
      • 第33話「女の武器は燃えた肌」(1975年) - 小泉杏子
      • 第41話「放送300回記念・東京エマニエル夫人」(1975年) - クラブ・エマニエルの客(ノンクレジット)
      • 第63話「女ごろし裸の手配師」(1976年) - 和恵
      • 第67話「殺しを呼んだ女の柔肌」(1976年) - 大友小夜子
  • 親ばか子ばか(1971年)- ゲスト
  • 恐怖劇場アンバランス(1973年☆)- 第9話ゲスト・小野寺涼子
  • 非情のライセンス(1973年 NET / 東映)- 第29話ゲスト・中原久美
  • 大江戸捜査網(12Ch / 三船プロ
    • 第160話「反逆の女猫」(1974年) - おしゅん
    • 第210話「燃える屍」(1975年) - おとせ
    • 第218話「富士に響く銃声」(1975年) - お信
    • 第317話「傷だらけ涙の人情駕籠」(1977年) - おうめ
    • 第345話「やくざ同心怒りの復讐」(1978年) - しの
  • 傷だらけの天使(1975年)- 第23話ゲスト・西広美
  • 太陽にほえろ! 第158話「顔」(1975年 NTV)- 菅原照子
  • 必殺シリーズABC / 松竹
  • 燃える捜査網(1975年)- 第11話ゲスト
  • 大都会シリーズ (NTV / 石原プロ
  • 大非常線(1976年 NET / 東映)- 第5話ゲスト
  • ベルサイユのトラック姐ちゃん(1976年)- 第13話ゲスト・ミヤコ
  • 土曜ワイド劇場EX
  • 池中玄太80キロ(1980年 NTV)- ゲスト・小林喜美子
  • さよならお竜さん(1980年)
  • 警視-K(1980年)- 第8話ゲスト・杉村千枝
  • 斬り捨て御免!
    • 第1シリーズ 第10話「小太刀に濡らす涙雨」(1980年)- おしの
    • 第3シリーズ 第7話「「謀略血で染めた御用金強奪」(1982年) - お紋
  • 桃太郎侍(1981年 NTV / 東映)- 第253話ゲスト
  • ザ・ハングマン 第36話「恐怖の処刑 空中引き回し」(1981年) - 三原恵子
  • ドラマ・人間 '81年型説教強盗(1981年)
  • 特捜最前線(EX / 東映)
    • 第231話「十字路・ビラを配る女!」(1981年) - 茅原美佐
    • 第314話「妻たちの犯罪日誌!」(1983年)
    • 第339話「愛を裏切った女!」(1983年)
  • 火曜サスペンス劇場校内暴力殺人事件-狙われた女教師」(1982年)
  • 松平右近事件帳(1982年)- 第1話ゲスト・お楽
  • ザ・サスペンス 遠きに目ありて(1982年)- 長谷部玉枝
  • ザ・ハングマンII(1982年)- 第16話ゲスト・松田貴子秘書
  • 木曜ゴールデンドラマ「私が殺した女」(1982年)
  • ポーラテレビ小説 おゆう(1983年)
  • プレイガール'92(1992年 TX / 東映)
  • 新・京都迷宮案内(2003年)- 第3話ゲスト・坂上洋子

その他のテレビ番組 編集

映画 編集

  • 美しい十代(1964年2月)- 竹内ミカ
  • 若い港(1964年5月)- 毛利圭子
  • 間諜(スパイ)中野学校 国籍のない男たち(1964年5月)- 宋玉琴
  • 砂の上の植物群(1964年8月)- 津上明子
  • 黒いダイスが俺を呼ぶ(1964年10月)- 堀茂子
  • 大日本コソ泥伝(1964年12月)- 豊臣末子
  • 男の紋章 喧嘩状(1964年12月)- 智恵
  • 花咲く乙女たち(1965年1月)- 林田サツキ
  • 悲しき別れの歌(1965年3月)- 風見友子
  • 大日本チャンバラ伝(1965年4月)- 中村リンゴ
  • 続・キューポラのある街 未成年(1965年4月)- ノン子
  • 青春とはなんだ(1965年7月)- 樋口育子 ※事実上のヒロイン
  • 男の紋章 流転の掟(1965年7月)- 滝村琴枝
  • 明日は咲こう花咲こう(1965年8月)- 小川チエ
  • ぼくどうして涙がでるの(1965年10月) - 森田看護婦 
  • 拳銃無宿 脱獄のブルース(1965年12月)- 武原晴子
  • 高原のお嬢さん(1965年12月)- 遠藤光子
  • 男の紋章 竜虎無情(1966年1月)- 利江
  • 俺にさわると危ないぜ(1966年2月)- フユ子
  • 日本任侠伝 花の渡世人(1966年6月)- 高之美津
  • 夜のバラを消せ(1966年7月)- 田門正子
  • 私、違っているかしら(1966年7月)- 片山幸子
  • また逢う日まで 恋人の泉(1967年10月)- 原田陽子
  • 波止場女のブルース(1970年10月)- 花村貴子
  • 凍河 とうが(1976年4月)- 薬剤師
  • プレイガール(2003年4月)- 沢木の昔の仲間

オリジナルビデオ 編集

舞台 編集

  • 竜小太郎公演 瞼の母(2003年)
  • 沢たまき追悼公演 プレイガール『ING』(2004年)
  • 女塾第6回公演 サマー・キャンドル(2005年)
  • 女塾新春特別公演 侠女狂艶騒動譚(2006年)
  • 女塾プロデュース公演 蒼空 空どこまでも蒼く(2006年)
  • 劇集団鴉組公演 侠客(2006年)
  • 博品館劇場公演 銀座ロマンpartIVとまり木の唄(2007年)

音楽 編集

シングル 編集

オムニバスアルバム 編集

その他の活動 編集

  • プレイガールオフィス・トークショー「プレイガール伝説」(2000年)

脚注 編集

外部リンク 編集