メインメニューを開く

新大阪郵便局(しんおおさかゆうびんきょく)は、大阪府大阪市此花区にある郵便局である。2007年平成19年)10月1日から2012年(平成24年)9月30日までは郵便事業新大阪支店だった。民営化以前は、郵便事業専門の無集配普通郵便局地域区分局)であった。新大阪駅およびその周辺とは無関係である。

Postal Mark w (Japan).svg 新大阪郵便局
JP Post Shin-osaka branch.JPG
基本情報
正式名称 新大阪郵便局
前身 大阪鉄道郵便局
大阪小包集中局
郵便事業新大阪支店
局番号 40308
設置者 日本郵便株式会社
所在地 539-8799
大阪府大阪市此花区島屋4-1-18
位置 北緯34度40分25.64秒
東経135度26分31.76秒
貯金
店名 ゆうちょ銀行 非取扱
保険
店名 かんぽ生命保険 非取扱
特記事項
窓口はゆうゆう窓口のみ(24時間営業)。
テンプレートを表示
Postal Mark w (Japan).svg 大阪安治川口駅前郵便局
Osaka-ajikawaguchi-ekimae post office 41473.JPG
基本情報
正式名称 大阪安治川口駅前郵便局
前身 此花島屋郵便局
局番号 41473
設置者 日本郵便株式会社
所在地 554-0024
大阪府大阪市此花区島屋4-1-18
貯金
店名 ゆうちょ銀行 代理店
保険
店名 かんぽ生命保険 代理店
テンプレートを表示

なお、本項では、併設されている大阪安治川口駅前郵便局(おおさかあじがわぐちえきまえゆうびんきょく、民営化前の分類では無集配特定郵便局)についても併せて説明する。

目次

概要編集

住所:539-8799 大阪府大阪市此花区島屋4-1-18

  • 1994年平成6年)8月1日に開局。
  • 郵便番号上2桁が53から59の地域(大阪府のうち三島郡島本町全域・東大阪市のうち生駒山上遊園地敷地内を除く全域および兵庫県伊丹市小坂田のうち大阪国際空港敷地内)のすべての普通郵便物、郵便番号上2桁が53~55地域(大阪市内及び関西国際空港)・63地域(奈良県の大半及び生駒山上遊園地)・66地域(兵庫県のうち阪神地域(芦屋市西宮市山口町を除く)・神戸市北区道場町1172番地(生野高原住宅)・丹波篠山市丹波市但馬地方の大半)の小包郵便物の地域区分局業務を取り扱う。
  • 郵便事業専門の無集配普通郵便局「新大阪郵便局」「大阪小包郵便局」として開局、西日本の郵便輸送ネットワークの重要拠点として位置づけられている。
  • 開局当時は新大阪郵便局が通常郵便物を、大阪小包郵便局が小包郵便物を受け持っていたが、後に大阪小包郵便局が新大阪郵便局に統合されている。
  • 当局に先駆けて1990年(平成2年)に開局した「新東京郵便局」「東京小包郵便局」は1棟の局舎に両局が同居(低層階を新東京郵便局、高層階を東京小包郵便局が使用)する構造であったが、「新大阪郵便局」「大阪小包郵便局」はそれぞれの局舎を建設、統合された現在は郵便棟とゆうパック棟になっている。差し出し窓口は郵便棟にある。
  • 郵便番号539は前身の大阪鉄道郵便局が使用していた番号を利用している。大阪市中央区(〒540~542)の不明番号、大阪府内の懸賞郵便番号に用いられる他、神戸市北区の西日本郵便輸送センターにも使用されている。此花区の郵便番号は〒554から始まる。

併設施設編集

分室編集

〒559-8998 大阪府大阪市住之江区南港東4-10-10
2014年10月1日から大阪府のうち大阪市外(郵便番号の上2桁が56~59地域。関西国際空港・島本町・東大阪市生駒山上を除く)のゆうパックの地域区分を担当している。
  • 神戸みなとドライ分室
〒657-0853 兵庫県神戸市灘区灘浜町2-1

沿革編集

同日、此花島屋郵便局を新大阪郵便局舎内に移転、局名を大阪安治川口駅前郵便局に改称。
  • 2003年(平成15年)7月15日 - 大阪小包郵便局を廃止、新大阪郵便局に統合(新大阪郵便局小包郵便部となる)。
  • 2007年(平成19年)10月1日 - 民営化に伴い、郵便事業新大阪支店に改称。
  • 2012年(平成24年)10月1日 - 郵便事業株式会社郵便局株式会社の合併に伴い、名称を新大阪郵便局に戻す。

風景印編集

新大阪郵便局編集

大阪安治川口駅前郵便局編集

  • 表記は『大阪安治川口駅前』(2001年(平成13年)9月5日 - 2001年(平成13年)11月18日までは『大阪安治川口駅前』)
  • 形は区花のの変形印である。
  • 図案は『チューリップ』・『天保山渡し
  • 使用開始日は2001年(平成13年)11月19日
    此花西九条郵便局の風景印と類似しているが、印影が異なる。

周辺編集

アクセス編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 鉄道ジャーナル』1986年12月号(No.240)、鉄道ジャーナル社、p.63-p.68
  2. ^ 昭和61年9月10日郵政省告示第711号
  3. ^ 昭和61年9月10日郵政省告示第712号

関連項目編集

  • 大阪北郵便局 - 旧大阪小包集中局の局舎を利用して開設
  • 汽車製造 - 創業地であり川崎重工業との合併を経て1987年迄工場が存在した。工場跡地のおよそ半分を新大阪郵便局に使われた。

外部リンク編集