メインメニューを開く

新田金山城(にったかなやまじょう)は、群馬県太田市のほぼ中央にそびえる標高235.8メートルの独立峰、全山アカマツに覆われた金山に築かれた日本の城山城)である。別名「金山城」、「太田金山城」。

logo
新田金山城
群馬県
新田金山城(月ノ池と大手虎口)
新田金山城(月ノ池と大手虎口)
別名 金山城、太田金山城
城郭構造 連郭式山城
天守構造 なし
築城主 岩松家純
築城年 1469年(文明元年)
主な改修者 後北条氏
主な城主 岩松氏由良氏高山定重
宇津木氏久
廃城年 1590年(天正18年)
遺構 石垣、土塁、堀、馬出し、井戸
指定文化財 国の史跡
位置 北緯36度19分4.0秒
東経139度22分38.9秒
座標: 北緯36度19分4.0秒 東経139度22分38.9秒
地図
新田金山城の位置(群馬県内)
新田金山城
新田金山城

立地・遺構編集

新田金山の頂上にある山城であり、現在は、本丸跡とされている地点に新田神社がある。背後の斜面には石垣の一部が遺存しており、往時のようすを現在に伝える。関東平野を一望に収めることができ、西方は一段低くなっており「日ノ池」「月ノ池」がある。西南には二の丸跡、三の丸跡と呼ばれる曲輪が残り、これら曲輪につながる尾根群には堀切が設けられている。 また南曲輪には中島飛行機の創設者である中島知久平の胸像が建てられている。

戦国時代の関東の山城には本格的な石垣普請の城はないという定説が発掘調査で覆されたほど多くの石が多用されている。

石垣編集

新田金山城の史跡環境整備事業に伴い、平成4年より発掘調査を開始し、石垣を多用した山城の姿が解明しつつある[1]。 大手虎口[2]の土塁石垣において、石垣を改修した痕跡が認められ、計5回の改修が行われていることが判明した[1]。 また、「アゴ止め石」を採用した箇所が、大手虎口を含めて広範囲に広がっていることも分かった。「アゴ止め石」は、石垣基底部(最下部)の石を、石垣の面より10㎝~20㎝前に出して据え置く技法であり、石垣が沈み込んで、前へ傾くのを防ぐためのものと考えられている[1]

歴史・沿革編集

室町時代以前編集

  • 1336年(建武3年)に佐野義綱新田庄の新田城を攻め落としたという記録がある。この新田城が新田義貞によって金山に建築されていたのではという説があるが、最近行われている発掘調査ではその時代の遺構遺物は検出されていない。ただし城郭遺構の保護との兼ね合いのために万全な調査ができていないという一面もある。

室町時代・安土桃山時代編集

 
物見台下虎口

近現代編集

現地情報編集

 
太田市役所から望む新田金山

所在地編集

  • 群馬県太田市金山町40-98・長手町・東金井町

交通アクセス編集

  • 東武伊勢崎線太田駅から徒歩約50分

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 宮田毅、「太田金山城における石垣の改修」 『中世城郭研究』〈第17号〉、2003年、302-305頁。 (※第19回全国城郭研究者セミナー(2002年開催)報告の要旨)
  2. ^ 大手虎口は、本丸跡の約80m南西において、山頂から南西へ延びる谷に立地している(金澤誠、「太田金山城の虎口周辺の通路形態について」 『中世城郭研究』〈第17号〉、2003年、306-309頁。 (※第19回全国城郭研究者セミナー(2002年開催)報告の要旨))。

関連項目編集

外部リンク編集