メインメニューを開く

日本城タクシー株式会社(にほんじょうタクシー)は、大阪市住之江区にあるタクシー会社。大阪市内を中心としてタクシー事業・貸切バス事業を行う。2016年6月30日までは乗合バスの運行も行っていた[1]。旅客運送業のほか、日本城トラベル(旅行代理店)、ペットメモリアル、日本城オートガスセンター(不動産賃貸)などを行っている。

日本城タクシー株式会社
Nihonjo Taxi Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
559-0024
大阪府大阪市住之江区新北島5-1-12
設立 1960年10月1日
業種 陸運業
法人番号 8120001031999 ウィキデータを編集
事業内容 一般乗用旅客自動車運送事業
一般貸切旅客自動車運送事業
代表者 代表取締役 坂本 篤紀
資本金 3,000万円
外部リンク https://boo-nihonjou-taxi.ssl-lolipop.jp/
テンプレートを表示
日本城タクシーのバス車両(三菱ふそう・ローザ

沿革編集

日本城路線バス編集

2016年6月30日をもって北港観光バスに事業譲渡して乗合バス事業から撤退した[1]。交通系ICカードの取り扱いはなかった。

あびこ・天美北線(あびこ路線バス)編集

  • 地下鉄あびこ - 大和川高校前 - パークサイドなごみ前 - 天美西3丁目 - 天美西住宅前 - あまみ神社前 - 天美北2丁目
    • 朝の一部便は天美北地区からパークサイドなごみ前へ直行
1973年に日本城タクシーが、松原市天美地区の住民からの要望により運行した乗合タクシーを前身とする[3]
1985年7月より、大阪市営地下鉄御堂筋線あびこ駅前から松原市の天美西・天美北方面(近鉄河内天美駅徒歩圏)に1路線を運行。当初は大阪市内にバス停は無かったが、1999年ごろより大阪市内にもバス停を増設した。運行間隔は10~20分毎。
同社では「コミュニティバスの先駆け」と自称していたが、運行開始以来補助金を受け取らず運営する純粋な民間路線であった[3]

西田辺・瓜破線編集

 
大阪市営バスの車両。市営交通110周年記念ゼブラバス復刻塗装
  • 地下鉄西田辺駅前 - (ライフ西田辺) - 東住吉区役所 - 針中野商店街 - 城南学園 - トミオカ体操スクール - 住道矢田九丁目 - 瓜破西二丁目 - 瓜破西
    • ライフ西田辺には瓜破西方向のみ停車
    • 運行開始時のルート:地下鉄西田辺駅前 - 東住吉区役所 - 矢田出張所 - 住道矢田九丁目 - 瓜破西
大阪市営バス赤バス廃止に伴い、東住吉区内の交通確保のため2013年4月8日に運行開始。翌2014年にルート変更されている。運賃は1.7kmまで100円、以遠210円(小人110半額)。運行間隔は昼間時は概ね20分毎。車両のうち1両(三菱ふそう・ローザ)は、大阪市営バスが1950年代に採用していたツーマン時代のゼブラバス塗装を再現したデザインであった[4][リンク切れ]
北港観光バスへの移管後、1時間1本に減便、ゼブラバス塗装車は予備車となった。
区側が財政負担のない形態の路線バスを求め、呼応する内容を提示した同社の案が2012年12月に採用されたが[5]、この方針が大阪市交通局和田智成区長(当時)との対立を生むこととなり、区長が橋下徹市長により解任されるに至った[6]

南港線編集

車両編集

貸切バス車両は、いすゞ・ガーラ日野・セレガ日野・メルファ(メルファ7・メルファ9)、三菱ふそう・ローザ

路線バス車両は、狭隘区間に対応させるため小型車のみの配置であった。三菱ふそう・ローザ、トヨタ・コースターいすゞ・ジャーニー日野・ポンチョ

タクシー車両には、法務省の啓発ポスターから借用した「ヘイトスピーチ、許さない。」と書かれた黄色のステッカーが貼られている[7][8]

参考資料編集

  • 「今号の気になりバス事業者 日本城タクシー」『バスマガジン』22号、40-42頁・71頁、2007年

出典編集

外部リンク編集