メインメニューを開く

日本年間最優秀選手賞(にほんねんかんさいゆうしゅうせんしゅしょう)は全国のサッカー担当記者の投票により選出されるプロ、学生、男女などを問わず、シーズンを通じて最も活躍したサッカー選手を対象とした賞である。「フットボーラー・オブ・ザ・イヤー」とも呼ばれる。

1961年の日本蹴球協会(現在の日本サッカー協会)創立40周年を契機に同賞は誕生した。当初は関東、関西のサッカー担当記者35名によって選出されていたが、1968年のメキシコ五輪の年には114名、2000年には220名の記者が参加する等、参加する記者の人数も近年のサッカーブームや日本代表の活躍もあって増加傾向にあった。しかし2007年は199名と減少している。

また1964年に杉山隆一、1966年に釜本邦茂の二名が学生として同賞を受賞している。2010年には本田圭佑が海外クラブ所属選手として、2011年には澤穂希が女性選手として初めて同賞を受賞している。

東京運動記者クラブのサッカー分科会が日本でのシーズン終了後に発表する。

歴代受賞者編集

年度 受賞者 所属クラブ 国籍
1961 長沼健 古河電工   日本
1962 小沢通宏 東洋工業   日本
1963 八重樫茂生 古河電工   日本
1964 杉山隆一 明治大学   日本
1965 小城得達 東洋工業   日本
1966 釜本邦茂 早稲田大学   日本
1967 宮本輝紀 八幡製鉄   日本
1968 釜本邦茂 ヤンマー   日本
1969 杉山隆一 三菱重工   日本
1970 小城得達 東洋工業   日本
1971 釜本邦茂 ヤンマー   日本
1972 野村六彦 日立製作所   日本
1973 杉山隆一 三菱重工   日本
1974 釜本邦茂 ヤンマー   日本
1975 釜本邦茂 ヤンマー   日本
1976 永井良和 古河電工   日本
1977 カルバリオ フジタ工業   ブラジル
1978 落合弘 三菱重工   日本
1979 今井敬三 フジタ工業   日本
1980 釜本邦茂 ヤンマー   日本
1981 釜本邦茂 ヤンマー   日本
1982 尾崎加寿夫 三菱重工   日本
1983 木村和司 日産自動車   日本
1984 木村和司 日産自動車   日本
1985 吉田弘 古河電工   日本
1986 武田修宏 読売クラブ   日本
1987 森下申一 ヤマハ   日本
1988 オスカー 日産自動車   ブラジル
1989 木村和司 日産自動車   日本
1990 ラモス瑠偉 読売クラブ   日本
年度 受賞者 所属クラブ 国籍
1991 ラモス瑠偉 読売クラブ   日本
1992 三浦知良 ヴェルディ川崎   日本
1993 三浦知良 ヴェルディ川崎   日本
1994 ペレイラ ヴェルディ川崎   ブラジル
1995 ストイコビッチ 名古屋グランパス   ユーゴスラビア
1996 川口能活 横浜マリノス   日本
1997 中田英寿 ベルマーレ平塚   日本
1998 中山雅史 ジュビロ磐田   日本
1999 澤登正朗 清水エスパルス   日本
2000 中村俊輔 横浜F・マリノス   日本
2001 柳沢敦 鹿島アントラーズ   日本
2002 藤田俊哉 ジュビロ磐田   日本
2003 久保竜彦 横浜F・マリノス   日本
2004 中澤佑二 横浜F・マリノス   日本
2005 アラウージョ ガンバ大阪   ブラジル
2006[1] 田中マルクス闘莉王 浦和レッズ   日本
2007[2] 鈴木啓太 浦和レッズ   日本
2008[3] 遠藤保仁 ガンバ大阪   日本
2009[4] 小笠原満男 鹿島アントラーズ   日本
2010[5] 本田圭佑 CSKAモスクワ   日本
2011[6] 澤穂希 INAC神戸レオネッサ   日本
2012[7] 佐藤寿人 サンフレッチェ広島   日本
2013[8] 中村俊輔 横浜F・マリノス   日本
2014[9] 遠藤保仁 ガンバ大阪   日本
2015[10] 大久保嘉人 川崎フロンターレ   日本
2016[11] 中村憲剛 川崎フロンターレ   日本
2017[12] 小林悠 川崎フロンターレ   日本
2018[13] 大迫勇也 ヴェルダー・ブレーメン   日本

複数回受賞者編集

選手 回数 受賞年
釜本邦茂 7回 1966,1968,1971,1974,1975,1980,1981
杉山隆一 3回 1964,1969,1973
木村和司 3回 1983,1984,1989
小城得達 2回 1965,1970
ラモス瑠偉 2回 1990,1991
三浦知良 2回 1992,1993
中村俊輔 2回 2000,2013
遠藤保仁 2回 2008,2014

参考文献編集

脚注編集