中村憲剛

日本のサッカー選手

中村 憲剛(なかむら けんご[2]1980年10月31日 - )は、東京都小平市出身のプロサッカー選手Jリーグ川崎フロンターレ所属。ポジションミッドフィールダー(主にボランチ)。元日本代表。

中村 憲剛 Football pictogram.svg
名前
愛称 日本のピルロ、ケンゴ
カタカナ ナカムラ ケンゴ
ラテン文字 NAKAMURA Kengo
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1980-10-31) 1980年10月31日(37歳)
出身地 東京都小平市
身長 175cm
体重 66kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 川崎フロンターレ
ポジション MF(DH, OH)
背番号 14
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2003- 川崎フロンターレ 448 (67)
代表歴2
2006-2013[1] 日本の旗 日本 68 (6)
1. 国内リーグ戦に限る。2016年12月7日現在。
2. 2013年6月22日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

2016年にJリーグMVP獲得。

家族は妻と1男2女。

目次

来歴編集

小学1年生でサッカーを始め、府中市の府ロクサッカー少年団に所属。少年団の先輩に澤穂希、後輩に保坂一成がいる。5年生の時に全日本少年サッカー大会でベスト16を経験した。また6年生の時に出場した第8回東京都少年選抜サッカー大会では開会式で選手宣誓を務めたほか、飯尾和也高橋泰星大輔らと共に大会優秀選手10名に選ばれた。

その後東京都立久留米高等学校を経て、大学サッカー界の名門中央大学文学部文学科英米文学専攻にスポーツ推薦枠で受験し、進学を決める[3]。大学2年時にレギュラーを掴み、4年の宮沢正史らと共に上位躍進に成功。しかしチームの核となった3年時には勝ち急いでゲームの流れを自壊させるプレーが続き[4]関東大学リーグ1部で最下位に終わる。52年連続で守ってきた1部の座を明け渡し2部降格を喫する屈辱を味わったが、4年生となった翌年の2002年にはチームの主将として2部優勝を果たし一年で1部復帰を決めた。

2003年、テスト生として参加していた川崎フロンターレに正式入団。同シーズン開幕戦となる広島戦で初出場、4月9日山形戦では初得点を挙げた。

入団当初は攻撃的ミッドフィールダーだったが、2004年関塚隆監督の提案でボランチへコンバート。

2006年イビチャ・オシムが就任後、A代表に初選出。10月4日ガーナ戦で初出場、10月11日インド戦で代表初得点を挙げる[1]。以後、日本代表メンバーに定着している。また、川崎フロンターレ史上初のJリーグベストイレブン谷口博之と共に選出され、以降4年連続でベストイレブンを受賞している。

2009年5月5日、AFCチャンピオンズリーグ2009において、天津康師傅との試合中に天津のトレーナーが飛び出してきて、そのトレーナーから足蹴りをくらうという被害を受けた。

2010年2月23日、AFCチャンピオンズリーグ2010城南一和戦での負傷により戦線離脱。検査の結果、下顎骨骨折と診断されて、南アフリカワールドカップのメンバー入りが危ぶまれたが、4月14日には予定よりも早く復帰を果たし、5月10日、ワールドカップ最終メンバーに選出された。本大会では決勝トーナメント第一戦のパラグアイ戦に後半途中から交代出場した[1]

2011年10月11日の2014 FIFAワールドカップ・アジア3次予選タジキスタン戦では約1年ぶりに先発出場すると、2年ぶりの得点を含む1得点3アシストの活躍でチームの大勝に貢献した[5][6]

2012年シーズンではキャプテンとして全34試合に出場し5得点を挙げ、アシスト数はリーグ最多の13アシストだった。第19節の大宮アルディージャ戦ではボレーシュートを決め、それまで4試合連続無得点だったチームを救いその後4-1で逆転勝利を果たした。また、このゴールは週刊サッカーダイジェストの年間ベストゴールランクの10位となった。

2013年のシーズンではその年から加入した大久保嘉人レナトと共に川崎の攻撃の中心となった。若干のケガや体調不良などで欠場した試合もあったものの、最終的にリーグ戦で29試合7得点を記録。アジアチャンピオンズリーグへの出場権獲得へ貢献した。

2014年5月12日の2014 FIFAワールドカップ日本代表メンバー発表では落選したが、5月13日に林卓人細貝萌豊田陽平水本裕貴駒野友一南野拓実らと共に日本代表予備登録メンバーに選出された。

2016年も主力として試合に出場し続け9ゴール11アシストを記録。チームは最終節まで優勝争いをし、年間勝ち点2位となった。個人では歴代最年長の36歳でJリーグ年間最優秀選手賞を獲得した。2017年10月に史上最年長となる36歳50日でのJリーグ年間最優秀選手賞受賞がギネス世界記録に認定された[7]

2017年、3年間務めてきた川崎の主将を小林悠に譲り、主将の座を勇退した。10月14日、第29節のベガルタ仙台戦ではJ1リーグ通算400試合の出場を達成した。

人物・エピソード編集

所属クラブ編集

ユース経歴
プロ経歴

個人成績編集

国内大会個人成績
年度 クラブ 背番号 リーグ リーグ戦 リーグ杯 オープン杯 期間通算
出場 得点 出場 得点 出場 得点 出場 得点
日本 リーグ戦 リーグ杯 天皇杯 期間通算
2003 川崎 26 J2 34 4 - 3 2 37 6
2004 14 41 5 - 3 0 44 5
2005 J1 29 2 6 2 3 1 38 5
2006 34 10 10 3 2 1 46 14
2007 30 4 3 0 4 0 37 4
2008 34 4 1 0 1 0 36 4
2009 32 4 3 0 1 0 36 4
2010 27 4 3 1 1 0 31 5
2011 30 4 2 0 1 0 33 4
2012 34 5 2 0 1 0 37 5
2013 29 7 5 2 2 0 36 9
2014 30 3 2 0 0 0 32 3
2015 33 2 6 0 3 0 42 2
2016 31 9 2 0 4 0 37 9
2017 4 0 2 0
通算 日本 J1 373 58 45 8 23 2 441 68
日本 J2 75 9 - 6 2 81 11
総通算 448 67 45 8 29 4 522 79
国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFC ACL
2007 川崎 14 7 3
2009 9 3
2010 3 0
2014 8 2
2017 9 1
通算 AFC 36 9

個人タイトル編集

代表歴編集

出場大会編集

試合数編集

  • 国際Aマッチ 68試合 6得点 (2006年 - 2013年)[1]


日本代表 国際Aマッチ
出場 得点
2006 3 1
2007 13 0
2008 13 2
2009 12 2
2010 11 0
2011 4 1
2012 7 0
2013 5 0
通算 68 6

ゴール編集

# 開催年月日 開催地 対戦国 勝敗 試合概要
1. 2006年10月11日 インド   インド ○3-0 AFCアジアカップ2007 (予選)
2. 2008年6月14日 タイ   タイ ○3-0 2010 FIFAワールドカップ・アジア予選
3. 2008年9月6日 バーレーン   バーレーン ○3-2
4. 2009年5月31日 日本   ベルギー ○4-0 キリンカップサッカー2009
5. 2009年9月9日 オランダ   ガーナ ○4-3 親善試合
6. 2011年10月11日 日本   タジキスタン ○8-0 2014 FIFAワールドカップ・アジア3次予選

出演編集

テレビドラマ編集

CM編集

映画編集

PV編集

出版編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d “中村 憲剛”. サッカー日本代表データベース. http://www.japannationalfootballteam.com/players_na/kengo_nakamura.html 
  2. ^ 漢字表記から「けんごう」と誤読されることがあるが、正しくは「けんご」である。
  3. ^ 永遠のサッカー小僧 中村憲剛物語 (森沢明夫著、講談社)
  4. ^ 飯嶋玲子 『キャンパス経由ブラジル行き 大学サッカープレーヤーが語るJ リーグ、そして世界への道』 インプレスR&D、2013年、14頁。
  5. ^ 中村:「チームに貢献できた」Goal.com 2011.10.12
  6. ^ 中村憲剛、本田圭佑とのトップ下並存へ 背番号14のもたらす効果と課題を考えるスポーツナビ 2011.11.13
  7. ^ 昨季JリーグMVPの川崎フロンターレMF中村憲剛、“史上最年長受賞”でギネス認定Goal.com 2017..10.26
  8. ^ 公式ブログ 2007年6月27日
  9. ^ 志村の来歴に詳しいが志村はGKだった。
  10. ^ 子育て雑誌がイクメン日本代表憲剛を取材、日刊スポーツ、2010年8月13日発行。
  11. ^ 名探偵コナン 11人目のストライカー”. 金曜ロードSHOW!. 2016年6月11日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集