メインメニューを開く

日本赤十字愛知短期大学(にほんせきじゅうじあいちたんきだいがく、英語: The Japanese Red Cross Aichi Junior College of Nursing[1])は、愛知県名古屋市中村区道下町3-35に本部を置いていた日本私立大学である。1989年に設置。大学の略称は日赤愛知短大。学生募集は2003年度まで、2004年度よりキャンパス移転かつ日本赤十字豊田看護大学へ改組され2006年廃止。かつてのキャンパス跡は、現在名古屋第一赤十字病院の建物に転用されている。

日本赤十字愛知短期大学
大学設置 1989年
創立 1941年
廃止 [[{{{廃止年}}}]]
学校種別 私立
設置者 学校法人日本赤十字学園
本部所在地 愛知県名古屋市中村区道下町3-35
学部 看護学科
研究科 地域看護学専攻
テンプレートを表示

目次

概要編集

大学全体編集

教育および研究編集

沿革編集

基礎データ編集

所在地編集

  • 愛知県名古屋市中村区道下町3-35

象徴編集

  • 日本赤十字愛知短期大学のカレッジマークは、言うまでもなく赤十字のマークをイメージしたものとなっていた。

教育および研究編集

組織編集

学科編集

  • 看護学科

専攻科編集

別科編集

  • なし

取得資格について編集

受験資格

大学関係者と組織編集

大学関係者一覧編集

大学関係者編集

歴代学長

施設編集

キャンパス編集

  • キャンパスは、名古屋市営地下鉄東山線中村日赤からすぐの場所にあった。
  • 当時のキャンパス総面積は9,472m2となっており、本館地上4階、別館地上5階、講堂、運動場、テニスコート2面があった。

編集

  • なし。ただし、設置当初では1・2年次は全寮制が原則となっていた[4]

対外関係編集

卒業後の進路について編集

就職について編集

  • 看護学科では、赤十字病院をはじめ、大手の病院への専門職として勤務している人が多い。
  • 地域看護学専攻では、赤十字病院をはじめ大手の病院、保健所への専門職として勤務している人が多い。

編入学・進学実績編集

  • 看護学科:日本赤十字看護大学看護学部をはじめ看護系の大学。
  • 地域看護学専攻:看護系の大学院ほか。

関連項目編集

関連サイト編集

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ http://ci.nii.ac.jp/naid/110004622811より
  2. ^ 平成2年度版『全国学校総覧』67頁より
  3. ^ ただし、平成10年度版『全国学校総覧』80頁よりこの年度では男子学生は事実上、在籍していない。
  4. ^ 短大蛍雪 1992年9月臨時増刊号』(全国短大&専修・各種学校受験年鑑シリーズ)334頁より
  5. ^ 2012年7月21日閲覧。

座標: 北緯35度10分17秒 東経136度51分46秒