早駒運輸株式会社(はやこまうんゆ)は、兵庫県神戸市中央区海運会社神戸港瀬戸内海で各種港湾サービスを手掛けており、遊覧船事業は神戸シーバスと銘打ってサービスを手掛けている。

早駒運輸株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
650-0042
兵庫県神戸市中央区波止場町5番4号 中突堤中央ビル
設立 1885年
業種 海運業
法人番号 3140001010221 ウィキデータを編集
事業内容 曳船業、繋離船業、旅客船業、警戒船業、海上防災業
代表者 代表取締役社長 渡辺真二
資本金 1億3,000万円
売上高 37億9,200万円(2015年8月期)[1]
純利益 2103万7000円
(2021年08月31日時点)[2]
総資産 44億6273万6000円
(2021年08月31日時点)[2]
従業員数 138名
決算期 8月
主要子会社 早駒商事株式会社
早駒マリンサービス株式会社
大阪湾パイロットボート株式会社
株式会社松本マリン
大阪湾水先艇株式会社
HKMエンタープライズ株式会社
外部リンク https://www.hayakoma.com/
テンプレートを表示

概要編集

神戸港を中心に、曳船業、繋離船業、旅客船業、警戒船業、海上防災業など各種港湾サービスを提供[1]

1885年渡辺四郎吉により早駒組として長田区駒林で創業、土佐商船専属の船内・沿岸荷役および陸送業を担う組織として発足した。

1907年には繋離船業に進出、1946年には早駒運輸商会となり、通船業に進出した。1947年に沿岸荷役と繋離船業・通船業を分離した後、1950年早駒運輸株式会社を設立した。1956年には引船業へ進出、飾磨、水島、妻鹿、加古川へ順次、出張所を開設、東京事務所も開設された。1973年には警戒船業へ進出、中突堤中央ビルの竣工に合わせて本社を移転した。1993年六甲アイランドハーバーランドを結ぶ海上バスを運航した後[1]1996年には遊覧船業に進出、神戸シーバスの運航を開始した。

旅客船事業編集

神戸シーバス編集

中突堤中央ターミナル「かもめりあ」を発着する60分または90分間の神戸港遊覧航路を運航している。2021年現在は遊覧船「boh boh KOBE」が就航し、11時から18時30分まで5便が運航される(季節・曜日によって変動あり)。乗船料は大人1,800円(小人900円)で最終便の90分コースは300円増しとなり、モザイク大観覧車神戸ポートタワー神戸海洋博物館とのセット券も販売されている。

通常運航の他に、ゴールデンウィークやお盆などの連休にあわせて夜間の特別運航をおこなっている[3]。船の貸切サービス(パーティークルーズ)も行っており、また、船上にて各種イベントを定期的に開催している。

船舶編集

 
ファンタジー号(神戸港 中突堤にて)

就航中の船舶編集

2004年竣工、瀬戸内クラフト建造
427総トン、全長38m、幅7m、深さ10.6m、機関出力2,001PS、航海速力14ノット、旅客定員600名

過去の船舶編集

  • シーグレース
1990年竣工、日本飛行機建造、2003年7月19日就航、2007年引退、協立海上運輸釧路港遊覧船として使用していたものを購入、引退後は海外売船
190総トン、全長31.00m、型幅9.28m、型深さ3.22m、ディーゼル2基、3,000PS、航海速力22.0ノット、旅客定員200名(平水)96名(沿海)
  • ロマン3
1993年竣工、金川造船建造、引退後はキャプテンライン「キャプテン・アンクル」として大阪港で就航
60総トン、全長25.00m、型幅5.00m、型深さ2.20m、ディーゼル2基、機関出力494PS、航海速力10.5ノット、旅客定員136名
  • ファンタジー
1990年7月竣工、ニュージャパンマリン建造
152総トン、全長32m、幅7m、深さ2.9m、機関出力1,100PS、航海速力14.3ノット、旅客定員300名

社会関係編集

2014年そごう神戸店にて開催された、ファッションドール・バービーのデビュー55周年を記念した「モード オブ バービー展」にて神戸シーバスの制服を着用したバービーが展示される[4]。それをもとに、セーラーカラーをモチーフにしたTシャツ「boh boh Tシャツ」を作成。2016年より販売開始[5]

2017年神戸港開港150年には日本最古の近代河川トンネル湊川隧道で熟成された純米酒「SAKE from KOBE-KO」を神戸酒心館神戸凮月堂とのコラボレーションによって開発・販売[6]。さらに、そこからできた酒粕を使ったどら焼き「KOBE-KO 銅鑼やき」を開発・販売した[7]

2015年より指揮者佐渡裕が芸術監督を務めるスーパーキッズ・オーケストラとの交流を開始。2016年にグループ会社のHKMエンタープライズ株式会社を設立し、2017年よりスーパーキッズ・オーケストラOB・OGで構成されたオーケストラスーパーストリングスコーベをプロデュースしている[8][9]スーパーストリングスコーベ2017年12月27日神戸新聞松方ホールにて第1回定期公演を行った[10]

2018年には流通科学大学女子ラグビー部を母体とした女子ラグビーチーム「神戸ファストジャイロ」の経営に参画、2019年には一般社団法人化としている[11][12]

関連項目編集

神戸シーバススーパーストリングスコーベ(グループ会社のHKMエンタープライズ株式会社がプロデュースする弦楽オーケストラ)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c “地元で働く ひょうご企業探訪2016(3)早駒運輸(神戸市中央区) 遊覧船で港に親しみを”. 神戸新聞NEXT (神戸新聞社). (2016年8月3日). https://www.kobe-np.co.jp/rentoku/bizplus/kigyotanbou2016/201608/0009349259.shtml 2017年7月19日閲覧。 
  2. ^ a b 早駒運輸株式会社 第72期決算公告
  3. ^ 神戸シーバス、GWにナイトクルーズ” (日本語). www.cruise-mag.com. 2018年9月28日閲覧。
  4. ^ HEADLINE, FASHION. “55周年記念「モード オブ バービー展」開催。バービーが神戸で働いていたら? | LIFE | FASHION HEADLINE” (日本語). FASHION HEADLINE. 2018年9月26日閲覧。
  5. ^ 神戸開港150年記念オリジナルTシャツを販売” (日本語). www.cruise-mag.com. 2018年9月26日閲覧。
  6. ^ 湊川隧道で150日熟成 開港150年記念酒完成 | おでかけトピック | 兵庫おでかけプラス | 神戸新聞NEXT” (日本語). www.kobe-np.co.jp. 2018年9月26日閲覧。
  7. ^ “銅鑼やき:粒あんに酒粕練り込みふっくらと 神戸開港150年記念 クルーズ船などで販売 /兵庫 - 毎日新聞” (日本語). 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20170625/ddl/k28/040/257000c 2018年9月26日閲覧。 
  8. ^ 神戸新聞NEXT|総合|佐渡裕さんの指揮「キッズ・オケ」 OBが楽団結成” (日本語). www.kobe-np.co.jp. 2018年9月26日閲覧。
  9. ^ 音楽のあるまち♬ 2 「スーパーストリングスコーベ」 第1回 定期演奏会開催 | 神戸っ子” (日本語). kobecco.hpg.co.jp. 2018年9月26日閲覧。
  10. ^ 神戸新聞NEXT|総合|佐渡さん教え子が演奏会 スーパーストリングス” (日本語). www.kobe-np.co.jp. 2018年9月26日閲覧。
  11. ^ 女子ラグビーチーム「神戸ファストジャイロ」 発足2年、企業の支援受け躍進 - 毎日新聞
  12. ^ 女子ラグビーチーム「神戸ファストジャイロ」始動! - 月刊神戸っ子

外部リンク編集