星に願いを

1940年のディズニー映画『ピノキオ』の主題歌

星に願いを』(ほしにねがいを、原題:When You Wish upon a Star)は、ネッド・ワシントン作詞、リー・ハーライン作曲の1940年に発表された楽曲。

解説編集

1940年のディズニー映画『ピノキオ』の主題歌。コオロギ「ジミニー・クリケット」を演ずるクリフ・エドワーズが歌い、オープニングクレジットと最後のシーンで流れる。その年のアカデミー賞作曲賞歌曲賞を獲得した。この曲はオスカーを獲得した最初のディズニーソングであり、「小さな世界」「ミッキーマウス・マーチ」と並んでディズニーを象徴する代表的な曲として知られている。なお、2004年に発表されたアメリカン・フィルム・インスティチュートによるアメリカ映画主題歌ベスト100の第7位[1]に入っている。

日本やスウェーデンフィンランドノルウェーデンマーク北欧諸国では「ベツレヘムの星」と重ね合わせ、しばしばクリスマスソングとして取り上げられている。スウェーデン語では「サー・デュ・シュトジャーナン・イ・デット・ブロ(Ser du stjärnan i det blå)」(空に青い星が見えますか)、デンマーク語では「ヌール・デュ・セル・エ・スティルネスクド」(流れ星を見ると)と題名がつけられている。なお、サウンドトラックに収録されている日本語詞は島村葉二の訳詞だが、他にも東龍男の訳詞[2]などが存在する。小鳩くるみは自身の訳詞(わしづなつえ名義)で歌っている[3]

1985年に公開された『コルドロン』以降、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ作品のオープニングロゴにてこの曲がジングルとして使用されている(ロゴアニメーションを独自にアレンジした作品など一部を除く)。また、ディズニー・クルーズ・ラインの周遊船のうちディズニー・マジックディズニー・ワンダーは『星に願いを』の最初の7音を鳴らすエアホーンを装備している。

2005年8月26日フジテレビとディズニー初の共同制作で放送されたプラネタリウムエンジニア大平貴之の伝記ドラマ『星に願いを〜七畳間で生まれた410万の星〜』のモチーフソングとしてこの曲が用いられた。

カバー編集

この曲はディズニーソングとして『白雪姫』の「いつか王子様が」同様にジャズスタンダードとして、ジャンルを問わず、数多くのアーティストにカバーされている。

ルイ・アームストロングのアルバム『サッチモ・シングス・ディズニー』のバージョンをはじめ、リンダ・ロンシュタットジューン・クリスティデイヴ・ブルーベック・カルテットグレン・ミラーアル・ボウリーベラ・リンシャカタクハリー・ジェームズジョー・パスキース・ジャレット・トリオマンハッタン・トランスファーサン・ラジェイソン・ベッカーレオン・レッドボーンウィントン・マルサリスグレゴリー・ポータービル・エヴァンスビル・フリゼールロッド・スチュワートシャーリー・バッシーリンゴ・スタービリージョエル、日本では平井堅May J.三浦大知等が取り上げている。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ ディズニー関連作品では最高位であり、他に19位に『白雪姫』の「いつか王子様が」、62位に『美女と野獣』の「ビューティー・アンド・ザ・ビースト」、99位に『ライオンキング』の「ハクナ・マタタ」がランクインしている。
  2. ^ 1971年発売のミュージカルメイツ/中村晃子スプリットシングル「ディズニーランドレコード『ピノキオ』より 星に願いを/糸のないあやつり人形」(キングレコード/ディズニーランドレコード ES(D・H)-1010)に収録。編曲は親泊正昇
  3. ^ 1974年発売の小鳩くるみのLP『ディズニーランドの小鳩くるみ ディズニー映画主題歌集』(ビクター JBX-45)に収録。編曲:横内章次。その後もビクターから発売される童謡集CDに時折収録されることがある。