鷲津名都江

鷲津 名都江(わしづ なつえ、1948年1月20日 - )は、日本イギリス文学者児童文学研究者翻訳家で、目白大学外国語学部及び目白大学大学院言語文化学科教授。童謡歌手・女優声優として小鳩 くるみ(こばと くるみ)、タレント・翻訳家としてわしづなつえの名義でも活動していた。作家・永井荷風の大叔父である鷲津蓉裳の曾孫に当たる[1]

鷲津 名都江
わしづ なつえ
Kobato Kurumi.JPG
小鳩くるみ時代(1953年)
基本情報
生誕 (1948-01-20) 1948年1月20日(69歳)
出身地 日本の旗 日本愛知県一宮市
学歴 青山学院大学文学部卒業
ジャンル 童謡
担当楽器
活動期間 1952年10月 - 1988年11月
2004年12月 -

目次

来歴・人物編集

血液型はAB型。愛知県一宮市出身。渋谷区立代々木小学校[2]渋谷区立外苑中学校[2]東京都立青山高等学校を経て[2]青山学院大学文学部英米文学科[2](1970年3月)[3]教育学科(1980年3月)卒業[3]、青山学院大学大学院教育学研究科修了(1982年3月)[3]ロンドン大学大学院修士課程修了(M.A.)[3]

3歳の時、NHK名古屋放送局主催の歌唱コンテスト「声くらべ腕くらべ子供音楽会」に飛び入りで出場、47人の参加者の中から唯一の合格者となる。童謡歌手として本格的なレッスンを受けるように勧められ上京しくるみ芸術学園へ入学、くるみ芸術学園が芸名・小鳩くるみの由来になった[4]1952年10月に、日劇の「秋の踊り」で歌手・小鳩くるみとして4歳で日劇最年少デビューを果たす[4][3]。愛らしい容姿、明朗な歌声で人気となり[2]、同年12月から『ちえのわクラブ』(TBSラジオ)に童謡歌手として、またこの番組がテレビ開局に合わせてTBSテレビに移行すると同時に司会者となり、1968年3月に終了するまで16年間レギュラー出演した。1953年5月に、ビクターの専属となり[3]、音楽活動をストップしている現在も専属継続中で、2013年に専属50周年を迎えた。

小学生時代の1955年から1961年まで雑誌『なかよし』のカバーガールを担当したり、女優としてテレビドラマ『どんぐり日記』シリーズ(日本テレビ)、『ぽんぽこ物語』(TBS)に出演したりするなど、天才子役ともなる[5]。高校生時代の1964年から1966年まで『ドレミファ船長』(NHK教育)のお姉さんが初のレギュラー番組となり、『ドレミファ船長』後継番組の『なかよしリズム』では大学進学後の1966年から1972年まで初代お姉さんとして出演[4]1972年4月から1974年3月まで『おかあさんといっしょ』(NHK教育)にうたのおねえさんとして出演し[6]10年間NHKテレビの歌のお姉さんとしてレギュラー出演した[3]。本名を平仮名にした「わしづなつえ」名義で、前述の『なかよしリズム』の初代お姉さん[7]の他に、ワイドショー番組『アフタヌーンショー』(テレビ朝日)の司会を務めたこともある。またアニメ『アタックNo.1』(フジテレビ)のヒロイン・鮎原こずえ、ディズニー映画『白雪姫』の主役・白雪姫の声などを担当していた。

1976年から1986年まで『お達者ですか[8]お達者くらぶ』(NHK教育)(日本初の高齢者向け番組)の司会者として通算10年間出演。1985年4月、目白学園短期大学(現・目白大学短期大学部)非常勤講師(英文科)に就任。『お達者くらぶ』が11年目の番組改編により、4歳でデビュー以来初めてレギュラー番組が切れるのを機にイギリス留学を決意。1986年に、目白学園短期大学(現・目白大学短期大学部)助教授(英文科)に就任してイギリス古来の童謡・マザーグースの研究を進め、1986年9月から1990年にはイギリスに研究留学を行った。

帰国後は芸能活動を再開することはなく、教育・研究活動に専念する[2]。2004年12月から2005年1月放送『NHK人間講座』(NHK教育)で、毎週月曜日にマザーグースの研究成果を紹介する講義『ようこそ!マザーグースの世界へ』を担当、久しぶりのテレビへの復帰となった[2]

1978年、第17回久留島武彦文化賞受賞[3]1983年、第13回日本童謡賞特別賞受賞[3]

エピソード編集

ディズニー映画『白雪姫』の主役・白雪姫は1980年から担当しており、吹き替えにあたってディズニー社が「台詞と歌唱を1つの人物に依頼したい」というこだわりを持っていて、鷲津(小鳩くるみ)のクラシックではない歌い方、幼さが残る歌声が魅力的だった事から白雪姫の吹き替えに起用された(小鳩くるみ名義での活動を行う時は白雪姫を担当する場合のみ)[9]

出演編集

テレビドラマ編集

テレビアニメ編集

劇場アニメ編集

  • アタックNo.1(1970年)鮎原こずえ 役
  • アタックNo.1 涙の回転レシーブ(1970年)鮎原こずえ 役
  • アタックNo.1 涙の世界選手権(1970年)鮎原こずえ 役
  • アタックNo.1 涙の不死鳥(1971年)鮎原こずえ 役
  • 海底3万マイル(1970年)エンジェル[10]
  • ながぐつ三銃士(1972年)アニー 役
  • 白雪姫(1980年再公開版)白雪姫 役

ゲーム編集

吹き替え編集

映画編集

  • この世の花 完結篇(1956年)京子 役

バラエティ編集

ラジオ編集

その他のテレビ番組編集

音楽編集

シングル編集

  • ぴょんぴょん虫(1953年) - デビュー曲。5歳でのレコード吹き込みは当時日本最年少記録
  • アタックNo.1(1969年)
  • いい湯だな(B面は「ピンポンパン体操」)
  • たのしいクリスマス(1972年) - 当時『おかあさんといっしょ』でうたのおにいさんを務めていた田中星児の楽曲も収録。
  • 山口さんちのツトム君(1976年)
  • どうして(1977年)
  • タータ(1979年)
  • たのしいどうよう(1988年11月21日)

アルバム編集

  • うたのおねえさんとおにいさん
  • 宵待草/小鳩くるみ抒情をうたう 豪華盤(1974年)
  • うたのおねえさん小鳩くるみ・名作童謡集(1976年)
  • 白線流し(1979年)
  • 愛しき歌(1994年)

ビブリオグラフィ編集

著書編集

  • 『小鳩くるみのあそびたい歌すきな歌』(1985年、明治図書出版〈シリーズ・集まれ!子どもの広場 1〉)
  • 『わらべうたとナーサリー・ライム 日本語と英語の比較言語リズム考』(1992年、晩聲社
  • 『マザー・グースをくちずさんで 英国童謡散歩』(1995年、求竜堂〈求竜堂グラフィックス〉)
  • 『マザー・グースをたずねて 英国への招待』(1996年、筑摩書房
  • 『マザーグースと日本人』(2001年、吉川弘文館〈歴史文化ライブラリー 129〉)
  • 『よもう うたおう!マザーグース』(2004年、講談社
  • 『ようこそ「マザーグース」の世界へ』(2004年、日本放送出版協会〈NHK人間講座〉)

翻訳編集

鷲津名都江名義
  • 『ししゅうでつづるマザーグース』(1997年、評論社〈児童図書館・絵本の部屋〉)
わしづなつえ名義
  • 『ホラすてきなお庭でしょう』(1998年、瑞雲舎〈マザーグース・ライブラリー 1〉)
  • 『バンザイ!海原めざして出航だ!』(1998年、瑞雲舎〈マザーグース・ライブラリー 2〉)
  • 『市場へ!行きましょ!』(1998年、瑞雲舎〈マザーグース・ライブラリー 3〉)
  • 『クリスマスの12にち』(1999年、福音館書店〈世界傑作絵本シリーズ〉)

編著編集

  • 『よりぬきマザーグース』(2000年、岩波書店〈岩波少年文庫〉)

系譜編集

 
 
鷲津蓉裳
 
(氏名不明)
 
(氏名不明)
 
鷲津名都江
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鷲津毅堂
 
 
 
永井荷風
 
永井永光
 
永井壮一郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
鷲津貞二郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永井久一郎
 
 
永井威三郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永井匡威
 
 
永井松右衛門
 
永井松三
 
永井邦夫
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阪本瑞男
 
野村万作
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
野村萬斎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
阪本釤之助
 
 
阪本越郎
 
阪本若葉子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永井佐々吉
 
 
古井喜実
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ふく
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
馳浩
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小野寺房子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高見恭子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高見順
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
由紀子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
秋子
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大島成友
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大島久満次
 
大島一雄
(杵屋五叟)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永井永光
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永井銉次
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
永井頑頡
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ 『日本の有名一族』、85-88頁。
  2. ^ a b c d e f g 高等教育の明日 われら大学人〈28〉 童謡の小鳩くるみさんは目白大学外国語学部教授 鷲津名都江さん」、『教育学術新聞』第2502号、日本私立大学協会2012年11月7日2017年10月12日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k 鷲津 名都江 - 研究者”. researchmap. 科学技術振興機構. 2017年10月12日閲覧。
  4. ^ a b c d e 発掘ニュース”. NHKアーカイブス 番組発掘プロジェクト. NHK (2016年10月28日). 2017年10月12日閲覧。
  5. ^ NHKアーカイブス2016年9月4日のポスト - Facebook
  6. ^ 「おかあさんといっしょ」の歴代「うたのお姉さん」を振り返ろう。ママ・パパも知ってる歌がいっぱい!”. すくコム. NHKエデュケーショナル (2016年2月12日). 2016年2月21日閲覧。
  7. ^ なかよしリズム(幼稚園・保育所) 「あさのあいさつ」(1)”. NHKクロニクル. NHK. 2017年10月19日閲覧。
  8. ^ お達者ですか - NHK名作選(動画・静止画) NHKアーカイブス
  9. ^ 高梨鈴子 (2015年11月9日). “【D23 Expo Japan 2015】エルサ役・松たか子サプライズ登場!「ディズニー吹き替えの秘密」完全レポ”. ディズニー特集 -ウレぴあ総研. http://ure.pia.co.jp/articles/-/47630 2017年10月12日閲覧。 
  10. ^ 海底3万マイル”. メディア芸術データベース. 2016年10月27日閲覧。

外部リンク編集