メインメニューを開く

暗闇三太』(くらやみさんた)は、2015年7月より9月まで九州朝日放送(KBC)にて放送された、日本の短編テレビアニメ作品。5分枠放送。

暗闇三太
ジャンル 妖怪
アニメ
原作 吉川兆二(企画原案)
監督 仲村学
脚本 熊本浩武
キャラクターデザイン 吉川兆二
音楽 福田裕彦
アニメーション制作 ILCA
製作 「暗闇三太」製作委員会2015
放送局 九州朝日放送
放送期間 2015年7月 - 9月
話数 全14話(うち13話放送)
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

目次

概要編集

本作は1971年放映の『珍豪ムチャ兵衛』以来44年ぶりの新作白黒アニメ作品[1][2]1960年代の高度成長期における九州各地を舞台としている。

1967年制作の幻のアニメが発掘された」というコンセプトで制作された。制作したILCAが、この作品の前に制作した『ドアマイガーD』(カラー作品)と同様にセルアニメ風の画像を再現させるため、わざと画質を落として荒く加工しており、また映像部分はアスペクト比4:3で制作し左右両端にサイドパネルを配している。この他、合成した実写映像にはKBC保有の1960年代のアーカイブ映像を背景として使用しており、併せて当時の豆知識をサイドパネルにテロップで表示して時代背景を解説している。

担当声優においても、メイン級には当時既に活躍していたベテランを配して「1967年に制作」したような雰囲気を醸し出している。

キャラクター編集

地獄界編集

暗闇三太(くらやみさんた)
声 - 杉山佳寿子
地獄から人間界にやってきた少年で閻魔の使い魔。表情をあまり顔に出さない。手にした「地獄の金槌」で悪い人間を地獄に送る。決め台詞は「死ねがな、目抉ろ!(めくじろ)」。
閻魔(えんま)
声 - 柴田秀勝
地獄を統括する大王で、悪事を働いた人間を裁く裁判官でもある。「人間界と地獄のバランスを保つ」為に三太たちを人間界に送る。「何とかしてこい」が口癖。
戸村井六子(とむらい むつこ)
声 - 姫崎愛未LinQ
三太より先に人間界に来ていた地獄の少女。彼同様に人間界をパトロールしている。武器は千枚通し。
鹿羽一之介(しかば いちのすけ)
声 - M・A・O
地獄の少年。人間を懲らしめすぎて閻魔に怒られている。武器はノミ。

人間界編集

作中では多くの人間が地獄へ送られるが、そこでは「転生の準備期間」として収容所に近い生活を過ごす。

行商のおばちゃん
声 - 三輪勝恵
三太が端島(軍艦島)で初めて会った人間。第1話に登場。
辰二(たつじ)
声 - 増本庄一郎
端島のチンピラの借金取り。後に病弱の息子の治療費を稼ぐ為福岡に出るが、刺殺されてしまう。第1話・第10話に登場。
ヤス
声 - 滑川洋平
辰二の子分。第1話に登場。
茂造(しげぞう)
声 - 永滝元太郎
辰二たちに追われる老人。第1話に登場。
銭呉為三郎(ぜにくれ ためさぶろう)
声 - 増本庄一郎
建設会社「銭呉組」の社長。第3話に登場。
久里好子(くり よしこ)
声 - 藤嵜亜莉沙
ダム工事の現場で三太と出会った、おかっぱ頭の少女。第8話に登場。
虎太郎(こたろう)
声 - 山本圭子
辰二の息子。端島の病院に入院していたが、三太によって父の死を告げられるも、父の悪口を言われナイフで刺したため三太に地獄に落とされた。第10話に登場。
ヒデ
声 - 永滝元太郎
自殺した青年。生来のネガティブで、三太の案内で地獄へ送られる。第12話に登場。

その他編集

ホネカミ地蔵
声 - 三輪勝恵
原城跡に建つ、島原の乱で亡くなった人々の骨を集めその霊を慰めるお地蔵様。第3話に登場。
ボタボタ
声 - 永滝元太郎
炭鉱のボタ山から生まれた妖怪。口から石炭を吐くが燃えるため三太に燃やされた。第4話に登場。
油すましどん
声 - 永滝元太郎
熊本県天草地方に伝わる妖怪で三太を孫のように可愛がっていた。菜種油が大好物だが人間に騙され重油を飲んでしまい、結果豹変する。第6話に登場。
スモッガス
声 - 永滝元太郎
光化学スモッグから生まれた妖怪。体形や大きさを自在に変えることができる。第7話に登場。
ドラキラー伯爵
声 - 増本庄一郎
吸血鬼。西洋人の血に飽きて、日本にやってきた。第9話に登場。
宇宙人
声 - 山本圭子
地球を観察していたが宇宙船がスペースデブリにぶつかって地球に降下せざるを得なくなり、宇宙飛行士を目指す少年・誠(声 - M・A・O)の身体に乗り移る。第11話に登場。
ウランダー
声 - 永滝元太郎
原子力の研究施設で生まれた巨大な妖怪獣。第13話と第14話に登場。

スタッフ編集

英語版スタッフ編集

  • ADRディレクター - ラッセル・ウェイト
  • ADR制作 - Red Angel Media

主題歌編集

「暗闇三太のテーマ」
作詞 - 吉川兆二 / 作曲・歌唱 - 福田裕彦
第1話・第6話・第9話・第10話・第12話では使用せず。第14話ではエンディングで使用。

各話リスト編集

話数 サブタイトル コンテ・Vコンテ 舞台 放送日
第一話 地獄からの使者 仲塚悠士、田邉茂
岩崎圭
長崎県端島(軍艦島) 2015年
7月5日
第二話 水銀ギツネの逆襲 - 未製作[注 1]
第三話 ホネカミ地蔵の願い 仲塚悠士、岩崎圭 長崎県・原城 7月12日
第四話 ボタ山の妖怪 蓮恵介、仲塚悠士
岩崎圭
長崎県・端島 7月19日
第五話 パトロールの1日 蓮恵介、岩崎圭 宮崎県[注 2]福岡市動物園[注 3]天神ビル[注 4]
五島沖のクジラ漁、若戸大橋
7月26日
第六話 三太と油すましどん 西川伸司、仲塚悠士 佐世保 8月2日
第七話 工場地帯のスモッガス 紹介なし(工業地帯) 8月9日
第八話 おかっぱ少女とダム工事 蓮恵介 紹介なし(ダムの工事現場)[注 5] 8月16日
第九話 西洋から来た妖怪 西川伸司、岩崎圭 板付基地 8月23日
第十話 ごろつきブルース 仲村学、仲塚悠士 平和台球場、端島 8月30日
第十一話 降ちてきた宇宙人 内之浦宇宙空間観測所 9月6日
第十二話 地獄行きの男 紹介なし 9月13日
第十三話 巨大妖怪獣 ウランダー 前編 紹介なし(港) 9月20日
第十四話 巨大妖怪獣 ウランダー 後編 端島 9月27日

放送局編集

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [3] 備考
2015年7月5日 - 9月27日 日曜 1:42 - 1:47(土曜深夜) KBCテレビ 福岡県 製作委員会参加
2015年8月2日 - 10月25日 日曜 23:55 - 月曜 0:00 tvk 神奈川県
2015年10月4日 - 12月27日 日曜 2:15 - 2:20(土曜深夜) 長崎文化放送 長崎県
2016年1月9日 - 4月2日 土曜 1:35 - 1:40(金曜深夜) KBS京都 京都府

公式サイトでKBCでの放送から1週間、見逃し配信をしている。

日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間
放送期間 放送時間 配信元 備考
2015年8月5日(第1話)
8月10日 - 10月26日(第3話以降)
水曜 更新(第1話)
月曜 0:00 更新(日曜深夜)(第3話以降)
GYAO! 第1話無料、第2話欠番、第3話以降1週間無料

DVD編集

2015年10月21日にポニーキャニオンより全13話を収録したDVDが発売された[4]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 第二話「水銀ギツネの逆襲」は諸事情により製作・放映されていない(公式サイトの各話リストには掲載されている)。DVDには特典としてこの回の絵コンテが収録予定。
  2. ^ 作内では「新婚旅行ブームに沸く宮崎」として宮崎駅宮崎空港の風景が登場する。
  3. ^ 当時は動物園のみで、植物園は後年増設されている。
  4. ^ 作内では建設中。
  5. ^ 「法には法」「暴には暴」の看板は、下筌ダム松原ダム建設反対運動(蜂の巣城紛争 )の時の映像が使われている。同様の映像が確認できる動画

出典編集

  1. ^ 44年ぶりの新作白黒アニメ?「暗闇三太」のDVDが発売決定 - アニメ!アニメ!(イード)、2015年9月10日配信
  2. ^ 『珍豪ムチャ兵衛』以降では、1988年OVAトップをねらえ!」第6話が白黒で制作された(但し一部に着色があり、完全な白黒ではない)。
  3. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  4. ^ “昭和アニメを再現!新感覚ホラーアニメーション「暗闇三太」DVD10月リリース”. ポニーキャニオン. (2015年9月9日). http://news.ponycanyon.co.jp/2015/09/10613 2015年9月9日閲覧。 

外部リンク編集

九州朝日放送 日曜1:42 - 1:47枠(土曜深夜)
前番組 番組名 次番組
暗闇三太