メインメニューを開く

暗黒街の人気モノ/マシンガン・ジョニー

暗黒街の人気モノ/マシンガン・ジョニー』(あんこくがいのにんきモノ、Johnny Dangerously)は、1984年アメリカ合衆国犯罪コメディ映画エイミー・ヘッカーリング監督、マイケル・キートンジョー・ピスコポ英語版マリル・ヘナーモーリン・ステイプルトンピーター・ボイル出演。

暗黒街の人気モノ/マシンガン・ジョニー
Johnny Dangerously
監督 エイミー・ヘッカーリング
脚本 ハリー・コロンビー
ジェフ・ハリス
バーニー・クコフ英語版
ノーマン・スタインバーグ
製作 マイケル・ハーツバーグ英語版
製作総指揮 バド・オースティン
ハリー・コロンビー
出演者 マイケル・キートン
ジョー・ピスコポ英語版
マリル・ヘナー
モーリン・ステイプルトン
ピーター・ボイル
グリフィン・ダン
ドム・デルイーズ
ダニー・デヴィート
ディック・バトカス
音楽 ジョン・モリス
撮影 デヴィッド・M・ウォルシュ英語版
編集 ペンブローク・J・ヘリング英語版
配給 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1984年12月21日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 90分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $9,000,000[1]
テンプレートを表示

目次

ストーリー編集

1935年、ペットショップのオーナーは、子犬を万引きした少年を捕まえる。そして、少年が犯罪者になることを思いとどまらせるため、オーナーは昔話を始める。

1910年、ニューヨーク市で新聞配達をしているジョニー・ケリーは、貧乏だが誠実な青年だった。ジョニーは身を守るため、ライバルのダニー・ヴァーミンを殴って倒す。そしてジョニーと弟のトミーは、母親の治療のために更なる稼ぎが必要だということを知る。殺人者だった父親が処刑されてから、マー・ケリーはジョニーと法律家の道を進むことになるトミーに支えられていた。

ジョニーとヴァーミンの格闘は、地元ギャングのボスであるジョッコ・ダンディに知られ、ジョニーはダンディから組織に誘われる。母親の治療費を稼ぐためジョニーは、法に反する仕事だと知りながら、他に治療費を稼ぐ手段はないとダンディの元で働くことを決め、名前をジョニー・デンジャラスリーとして仕事を始める。

キャスト編集

役名 俳優 日本語吹替
日本テレビ
ジョン・ケリー
ジョニー・デンジャラスリー
マイケル・キートン 中尾隆聖
ダニー・ヴァーミン ジョー・ピスコポ英語版 江原正士
リル マリル・ヘナー 梨羽由記子
マー・ケリー モーリン・ステイプルトン 高橋和枝
ジョッコ・ダンディー ピーター・ボイル 富田耕生
トミー・ケリー グリフィン・ダン 難波圭一
サリー グリニス・オコナー英語版 安永沙都子
教皇 ドム・デルイーズ 島香裕
ローマン・トロイ・モロニー リチャード・ディミトリ 玄田哲章
バー ダニー・デヴィート 緒方賢一
ベンダー レイ・ウォルストン 二又一成
アーサー ディック・バトカス 山口健
その他 中原茂
滝雅也
龍田直樹
津田英三
西川幾雄
滝沢ロコ
亀井三郎
松本梨香
江森浩子
仲木隆司
松岡洋子
茶風林
演出 山田悦司
翻訳 新村一成
調整 近藤勝之
効果 新音響
担当 小嶋尚志
プロデューサー補 古川典子
プロデューサー 垂水保貴
解説 水野晴郎
制作 コスモプロモーション
初回放送 1991年1月29日
『水野晴郎の特選シネマ』

スタッフ編集

参考文献編集

  1. ^ Aubrey Solomon, Twentieth Century Fox: A Corporate and Financial History, Scarecrow Press, 1989 p260

外部リンク編集