メインメニューを開く
本来の表記は「曺準好」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

曹準好(チョ・ジュノ、: 조준호: Cho Jun-Ho1988年12月16日- )は、韓国釜山出身の柔道選手。階級は66kg級。身長165cm[1][2]。双子の弟である曹準銜(チョ・ジュニョン)も柔道選手として国内の大会で優勝するなど一定の活躍をしている[3][4]

獲得メダル
大韓民国の旗 大韓民国
柔道
オリンピック
2012 ロンドン 66kg級
世界柔道選手権
2011 パリ 66kg級
世界柔道団体選手権大会
2010 アンタルヤ 66kg級

人物編集

2010年の世界柔道団体選手権大会では3位となった[2]。2011年のアジア選手権の個人戦では準決勝で森下純平に敗れて3位だったものの、団体戦では優勝を飾った[2]。続く世界選手権では準々決勝で海老沼匡に有効2つと指導2を取られて敗れたが、その後の3位決定戦でスロベニアのロク・ドラクシッチ袖釣込腰で破って3位となった[5]。2012年ロンドンオリンピック代表選考会では北京オリンピック60kg級金メダリストの崔敏浩を下し、代表に選出された[2]

2012年7月のロンドンオリンピックでは準々決勝で海老沼と対戦すると、反則技である立ち姿勢から一挙に体を捨てる腕挫腋固を仕掛ける[要出典]も見過ごされ、GSに入ってから小内刈で有効ポイントを取られるも取り消しとなった。結果として判定にもつれ込み、一旦は曺に旗が上がるもののビデオ判定を担当するジュリーからの指摘で判定がやり直されて、今度は海老沼の方に旗が上がったことにより敗れた。その後、敗者復活戦を勝ち上がり銅メダルを獲得した[6][1][7]

2013年の世界選手権では3回戦で福岡政章に技ありで敗れた[2]

主な戦績編集

脚注編集

外部リンク編集